S-MAX

進撃の巨人

進撃の巨人のオリジナルドラマ配信が決定!石原さとみさんもサプライズゲストで登場した「dビデオ MIKATA CONFERENCE 2015」を写真と動画で紹介【レポート】

01
石原さとみさんも出演する進撃の巨人のオリジナルドラマの制作発表も行われた

NTTドコモとエイベックス通信放送が2日に「dビデオ MIKATA CONFERENCE 2015 映像のミカタを考える。」と題した発表会を開催し、dビデオサービスのリニューアル及びオリジナルドラマの発表を行った。

既報通り、今回の発表は定額動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」のサービスブランドを4月22日より「dTV」に変更し、ユーザーインターフェイス(UI)の刷新、コンテンツの強化をするというもの。また、テレビなどと接続して使う専用アダプター「dTVアダプター」も発表された。今回はこの発表会の模様を写真を交えて紹介する。

続きを読む

LINE マンガにてライトノベルが提供開始!アニメ化作品を中心に1巻無料キャンペーンや「進撃の巨人」とのコラボキャンペーンを実施中


LINE マンガにてライトノベルが提供開始!

LINE Corp.は10日、同社が運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」の電子コミックサービス「LINE マンガ」にて新たにライトノベル作品の提供を開始したと発表しています。

アニメ映画化もされた「涼宮ハルヒ」シリーズや4月よりアニメ第2期が放送される「デート・ア・ライブ」などの人気作品を取り揃えており、4月中に4000冊以上を配信予定だということです。

また、ライトノベル作品提供を記念してアニメ化作品を中心に第1巻を無料配信するほか、人気マンガ「進撃の巨人」とのコラボレーション(コラボ)キャンペーンとして期間限定第1巻無料配信および「進撃の巨人×LINEキャラクタースペシャルコラボスタンプ『撃のブラウン』」の配信が行われています。

続きを読む

DeNA、人気漫画・アニメ「進撃の巨人」のスマホ向け戦略バトルゲーム「進撃の巨人 -自由への咆哮-」を配信開始!AndroidおよびiPhone、iPadでプレイ可能


進撃の巨人をテーマにしたスマホ向けゲームがリリース!

ディー・エヌ・エー(DeNA)は7日、人気漫画・アニメ「進撃の巨人」のキャラクターや世界観を用いたスマートフォン(スマホ)およびタブレット向け戦略バトルゲーム「進撃の巨人 -自由への咆哮-」を配信開始したと発表しています。

対応OSはiOSおよびAndroidで、すでにアプリ配信マーケット「App Store」および「Google Playストア」にてダウンロード・インストールできるようになっています。利用料は無料ですが、ゲーム内にて有料のアイテム課金があります。

続きを読む

DeNA、人気漫画・アニメ「進撃の巨人」のスマホ向けゲームを今冬に配信へ!特設サイトにて事前登録受付とゲーム情報公開を開始


スマホ向けゲーム「進撃の巨人 -自由への咆哮-」が今冬配信!

ディー・エヌ・エー(DeNA)は14日、人気漫画・アニメ「進撃の巨人」のキャラクターや世界観を用いたスマートフォン(スマホ)向け戦略バトルゲーム「進撃の巨人 -自由への咆哮-」を今冬に提供開始すると発表しています。

対応OSはiOSおよびAndroidで、配信に向けて本日2014年1月14日(火)より特設サイト「進撃の巨人『自由への咆哮』 - Mobage by DeNA」にてゲームの概要などの情報が公開されているほか、事前登録受付も開始されています。

続きを読む

中国で「進撃の巨人」とコラボした特別版「Xperia Z1」が期間限定で販売中


ゼロから始めるスマートフォン

Sony Mobile Communicasions(以下、ソニーモバイル)が中国で人気漫画で昨年はアニメにもなった「進撃の巨人」とコラボレーションした特別版「Xperia Z1」を発売しています。そのうちに日本でも発売されるのでしょうか……。

この特別版Xperia Zは、2014年1月3日から1月17日まで限定で販売されているもので、オリジナルの化粧箱のほか、キャラクターのイラストが描かれたフィルムが同梱されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。