S-MAX

部品

Qualcomm、スマホなど向け新ハイエンドチップセット(SoC)「Snapdragon 845」の詳細を正式発表!順当に高性能化し、DSDVや虹彩認証、QC4+などをサポート


クアルコムが新SoC「Snapdragon 845」の詳細を発表!

Qualcommは6日(現地時間)、アメリカ・ハワイ州マウイ島にてイベント「Snapdragon Tech Summit」を開催し、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けハイエンドチップセット「Snapdragon 845」を正式発表して詳細について説明するなどしています。

同社の統合チップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズの最新最上位製品となるSnapdragon 845は、従来までの初の10nmプロセスルール(LPE)で製造された「Snapdragon 835」の後継機種で同じように10nmプロセス(LPP)を採用しています。

big.LITTLEを採用したオクタコアCPU「Kyro 385」(ARM Cortex-A75ベースの最大2.8GHz×4コア+ARM Cortex-A55ベースの最大1.8GHz×4コア)のほか、GPU「Adreno 630」やAI(人工知能)処理に対応したDSP「Hexagon 685」、ISP「Spectra 280」、通信チップ「X20 LTE modem」などを内蔵しています。

これにより、グラフィック性能が30%高速化し、電力効率が30%向上し、ディスプレイスループットは2.5倍高速になるほか、携帯電話ネットワークではDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)をサポートし、下りがLTE UE Category 18による最大1.2Gbps、上りがLTE UE Category 13による最大150Mbpsで利用できるようになっています。

続きを読む

Googleブランドの新しいリファレンススマホ「Nexus 5X」がiFixitによって分解!リアカメラモジュールはソニー製「IMX377」を採用――修理しやすいと高評価


Googleブランドの新しいスマホ「Nexus 5X」がiFixitによって分解!

iFixitは21日(現地時間)、Googleブランドのスマートフォン(スマホ)として日本でも10月20日より順次発表されている「Nexus 5X」(LG Electornics製)を分解したレビューを掲載しています。

分解に用いた製品は日本で販売されている国際版のLG-H791ではなく、北米版のLG-H790とのことですが、恐らくアンテナ構成など以外は基本的に同じ部品が用いられているものと見られます。

iPhoneとは異なり、用いているチップセットなどの多くの仕様が公開されていますが、同時に発表された「Nexus 6P」とともに注力したとするカメラ機能ではリアカメラモジュールにソニー製「IMX377」が用いられていることなどが判明しています。

続きを読む

Appleの新タブレット「iPad mini 4」がiFixitによって分解!A8チップなどとともにiPad Air 2と同じく内蔵メモリーは2GBにーーバッテリー容量はiPad mini 3よりも小さく


Appleの新しいタブレット「iPad mini 4」がiFixitによって分解!

iFixitは17日(現地時間)、日本時間では9月10日に発表され、9月17日より順次発売されているAppleの新しい7.9インチタブレット「iPad mini 4(型番:A1538)」を分解したレビューを掲載しています。

Appleが公開しているiPad mini 4の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

シャープ、スマホ向け液晶タッチディスプレイのインセル型を6月から量産開始!タブレットやノートPCなどの中〜大型製品向けも開発中――より軽量・薄型に


シャープもインセル型タッチパネル液晶を量産開始!

シャープは17日、スマートフォン(スマホ)など向けの小型製品向けのインセル型液晶タッチディスプレイの量産を2015年6月から本格的に開始したと発表しています。

量産を開始したインセル型液晶タッチディスプレイはLTPS(CGシリコン)技術を採用する三重第3工場で生産。タッチセンサー部の回路と液晶ディスプレイを駆動する回路の両方を液晶ディスプレイの中に搭載することで、インセル化を実現したということです。

また、亀山第2工場での生産も検討中であり、実現すると、画面サイズや解像度、狭額縁化などさまざまなユーザーニーズに最適な対応を可能とするとともに安定した供給体制の構築を図れるとしています。

加えて、シャープでは亀山第2工場で採用しているIGZO技術の優位性を活かし、タブレットやノートパソコンなどへの搭載を想定した中型サイズのインセル型液晶タッチディスプレイを開発中。これにより、タブレットなどのタッチディスプレイを搭載した中〜大型商品の軽量化や薄型化を通じ、商品性の向上に貢献していきます。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S6 edge」と「Galaxy S6」のリアカメラはSamsung製とSony製のセンサーが混在!確認方法や作例を紹介【ハウツー】


Galaxy S6 edgeとGalaxy S6のカメラはSony製とSamsung製がある!?

日本でも先月23日にNTTドコモおよびau by KDDIから発売されたサムスン電子(以下、Samsung)製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)の「Galaxy S6 edge」および「Galaxy S6」。

すでに紹介したようにホームキーを2回連続で押す(ダブルクリックする)と瞬時に起動する快適な動作と、オートでもかなり綺麗に撮れる画質で"カメラスマホ"としてもかなり上々な仕上がりとなっています。

そんなGalaxy S6 edgeとGalaxy S6ですが、実はリアカメラには個体によってSamsung製とSony製のセンサーが混ざって搭載されていることが明らかになっています。

最近では生産量の問題からiPhoneなどもディスプレイなどの部品を実際には複数のメーカーから仕入れており、個体によって見え方の色味が違うといったことも指摘されていますが、今回のGalaxy S6 edgeとGalaxy S6ではリアカメラのセンサーでそうした違いがあるとのことです。

そこで、今回は実際にGalaxy S6 edgeとGalaxy S6のリアカメラセンサーがどちらが製造したものなのかを確認する方法と双方のセンサーで撮影された作例について紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。