S-MAX

野球

そのうち魔球の練習がスマホでできるようになる!?ミズノ、野球ボールの回転を解析する新システム「MAQ(マキュー)」を開発、2018年春に販売へ


ゼロから始めるスマートフォン

ミズノは4日、野球ボールの回転を解析する新システム「MAQ(マキュー)」を開発し、プロトタイプを完成させたと発表しています。ボールに内蔵した専用センサーで取得したデータを専用アプリと連動させることで、投手の投げたボールの回転数や回転軸、速度などが分析できるとのこと。

プロトタイプをベースに一般販売を2018年春より計画しており、販売価格は本体19,800円、充電器15,000円が想定されています。まずはプロ野球や大学野球などでの実証テストを行い、研究開発を進めていくとしています。

続きを読む

Gear VRを使って目の前でプロ野球選手のレッスンが受けられるプロ野球界の試み「VR始球式」を開催!ベイスターズのロゴ入りのコラボモデルも販売【レポート】

Galaxy S7 edgeとGear VRを使ったプロ野球公式戦にて「VR始球式」を実現!

横浜スタジアムで6月25日に開催されたプロ野球公式戦「横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツ(巨人)戦」において、サムスン電子ジャパンが協賛した「Galaxy Day」として「Galaxy S7 edge」と「Gear VR」を利用したプロ野球界初となる「VR始球式」が行われた。

始球式を行ったのは抽選で選ばれたファンの男性。マウンドではGear VRを使い、ベイスターズの石田健大投手や井納翔一投手によるレクチャーを受けてからの投球となった。Gear VRの映像は大型ビジョンに写し出されたほか、同じく抽選で選ばれたスタンドのファン60人も同じ映像をGear VRで体験した。今回はこのVR始球式とGalaxy Dayに行われたイベントを紹介していく。

続きを読む

福岡ソフトバンクホークス公式戦チケットなどの特典がもらえる「俺トクキャンペーン」が3月1日より開始!福岡県限定の誰でももらえるお父さん応援隊長のステッカーなども


今年も「俺トクキャンペーン」が実施!

福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは20日、プロ野球球団「福岡ソフトバンクホークス」の主催公式戦チケットなどの特典がもらえるソフトバンク3G携帯電話やスマートフォン向けのキャンペーン「俺トクキャンペーン」を2014年3月1日(月)から開始すると発表しています。キャンペーン期間は2014年8月31日(日)まで。

福岡県内のソフトバンク携帯電話取扱店で携帯電話を乗り換えまたは新規で契約した人に「S指定席ペアチケット」をもれなくプレゼントするほか、「Wチャンス」として抽選で毎試合(一部試合除く)2組16名にスーパーボックスの観戦チケットをプレゼントするということです。

なお、ソフトバンクの携帯電話を利用している人向けに現在実施中のホークス主催公式戦A指定席が抽選で980円になるキャンペーンも含めて「俺トクキャンペーン」として展開し、今年のペナントレースを一層盛り上げていくとしています。

また、今回開始する「俺トクキャンペーン」を記念して抽選で1組2名に「シーズンペアチケット(100万円相当)」をプレゼント。その他、誰でももらえるお父さん応援隊長のステッカー(福岡県限定)やスマートフォン向けお父さん応援隊長壁紙も用意されています。

続きを読む

ファーカルポイント、ゴルフ、野球、テニスのスイングを計測してスマホ連携で参照できる3Dモーションセンサーを3月上旬に発売


ゴルフや野球、テニスのスイングをスマホ連携でチェック!

ファーカルポイント6日、ゴルフおよび野球、テニスのスイングを解析してBluetooth経由でiPhoneなどのスマートフォン(スマホ)と連携してデータを参照できる「Zepp」の3Dモーションセンサー3製品「Zepp Golf スイングセンサー」および「Zepp Baseball スイングセンサー」、「Zepp Tennis スイングセンサー」を3月上旬より発売すると発表しています。

全国の家電量販店および雑貨店舗などを通じて藩外し、価格はオープンながら直営オンラインストアで各19,800円(税込)で予約受付中。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。