S-MAX

防水ケース

Inateckの「年末年始爆安 一掃セール」が開催中!5.7インチスマホ用防水ケース「ODB001W」を抽選で4名にエスマックス読者プレゼント


Inateckからクリスマスプレゼント!

既報通り、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどの周辺機器を開発・販売するInateckが大手Webストア「Amazon.co.jp」にて同社の製品を年末まで割り引くキャンペーン「年末年始爆安 一掃セール」を2015年12月7日(月)から12月31日(木)まで実施しています。

第2週の2015年12月14日(月)〜20日(日)はBluetoothヘッドホン「BH1001」および「BH1102」、各種ノートパソコン用ケースが25%OFFとなっています。

そんなInnateckから当ブロブメディア「S-MAX(エスマックス)」の読者向けプレゼントとして5.7インチスマートフォン用IPx8準拠の防水ケース「ODB001W」(タッチスクリーン ストラップ付)を4個提供してもらいましたので欲しい方は是非応募してみてください。

続きを読む

ヨドバシAkibaにて今日発売の「週刊アスキー」増刊号の付録「くるくるパッチン スマータブル防水ポーチ」の体験会を開催!実際に買って試してみた【レポート】

6c3fcff1.jpg
毎年恒例の週刊アスキー付録の防水ポーチがついにタブレットサイズに!

アスキー・メディアワークスは7日、本日発売の雑誌「週刊アスキー 2014 8/12増刊号」の付録「くるくるパッチン スマータブルポーチ」の体験会イベントを東京秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 1F第一エントランス前特設ステージにて開催しています(開催は本日午後8:00まで)。

昨年、一昨年と、この時期の増刊号にコストパフォーマンスの高いスマートフォン用の防水ポーチを付録としていましたが、今回はついに8インチタブレットも利用できるサイズに大型化しました。

今回もさっそく購入し、実際に試用したレビューとヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにて開催されているイベントの様子をお伝えします。

続きを読む

コンパクト軽量なタフネスケース!防水防塵だけどゴツくない「【iPhone5s/5 ケース】Survivor Waterproof + Catalyst」【UNiCASEの厳選アイテム】

水も滴る良いケース
いつでもどんな状況でもiPhone5s/5を一緒に持ち歩こう!

アップル製のスマートフォン「iPhone 5s」や「iPhone 5」を肌身離さず持ち歩いていつでもどこでもどんな状況でも使えればさらに便利ですよね。

例えば、泥だらけの現場で使えたり、雨が降っても気にせず使えたりすると便利ですし、そんな状況でも鞄の中に仕舞っておいて着信に気付かない、使えないというのはできるだけ避けたいです。とは言え、防水・防塵ケースは、ゴツくて重いものばかりなので使いたくないなーと思っていませんか?

そんなあなたに試して欲しいケースが、今回紹介する「【iPhone5s/5 ケース】Survivor Waterproof + Catalyst iPhone5s/5-BLK BLK CLR GB35562」です。

IP68準拠の保護性能を持つコンパクトで軽量なタフネスケース。クリスタル素材を使用しており、スタイリッシュに仕上げられた防塵防水ケースで、iPhone 5s、iPhone 5をしっかり保護しましょう!

続きを読む

夏の行楽の必須アイテム!スマートフォンがそのまま使える防水ケース「Waterproof Case for Smart phone」【キワモノガジェット通信】

8834c567.jpg
水滴やホコリからスマートフォンをがっちりガード!

ちょっと笑ってしまうようなジョークアイテムから実用的なものまで、ケータイやスマートフォンの奇妙で面白い周辺機器を紹介するコーナー「キワモノガジェット通信」。

第9回となる今回紹介するのは、スマートフォンの周辺機器としては意外とよく知られている割には、あまり使われている様子のない防水ケースです。

では、早速、紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。