S-MAX

電話

耳の聞こえづらい人などでも音声通話ができる!NTTドコモ、自動テキスト化などによるスマホなど向け通話補助アプリ「みえる電話」を3月1日に正式提供開始


docomoのスマホアプリ「みえる電話」が正式リリース!トライアルは終了へ

NTTドコモは21日、耳の聞こえづらい人など向けに通話相手の発話内容を画面上に文字で表示するスマートフォン(スマホ)など向けサービス「みえる電話」を2019年3月1日(金)10時から提供すると発表しています。利用料は無料(別途、通話料およびパケット通信料がかかります)で、申込などの必要はなくアプリをインストールすれば使えます。

アプリはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)以上およびiOS 11以上で、利用にはNTTドコモの回線契約が必要です。なお、トライアルサービスを利用中の場合にはAndroidならアプリのアップデートでOKですが、iPhoneなら新たにアプリをインストールする必要があります。また正式版の提供開始に合わせて2019年3月14日(木)15時にトライアルサービスを終了します。

続きを読む

通話設定はどこにある?最新スマホ「Galaxy S7 edge」の通話機能やドコモの新サービス「スグ電」などをチェックしてみた【レビュー】


新しいGalaxyスマホの通話設定はどこ?新サービス「すぐ電」も試した

左右にエッジスクリーンを配置した約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイや大容量4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」がついに日本でもNTTドコモおよびauから発売されました。

OSには最新のAndroid6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、NTTドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」では「2016年夏モデル」で導入された簡単な動作で発着信操作ができる新サービス「スグ電」機能が搭載されています。しかしながら、少し操作していると、Galaxy S7 edgeの通話設定が若干分かりにくいところにあり、設定に手間取ってしまいました。

そこで今回は、電話機能に関する設定の方法とスグ電について紹介していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、危険な番号からの着信を判別して着信画面で知らせてくれる「あんしんナンバーチェック」を提供開始


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモは23日、同社のらくらくスマートフォンを含むAndroidを搭載した対象のスマートフォン(スマホ)やタブレット向けに危険な電話と思われる番号からの着信を事前にお知らせするサービス「あんしんナンバーチェック」を2015年3月23日(月)より提供開始するとお知らせしています。

利用するには申込が必要で、利用料は月額200円。ただし、現在は一定期間は無料で利用できるお試し版を提供しています。無料期間終了時はスマホなどの通知画面およびアプリ内でお知らせされます。

続きを読む

フュージョン、楽天でんわで「夏のカケ放題キャンペーン」を開始!新規登録で3分までの国内通話が7月18日まで無料に


ゼロから始めるスマートフォン

フュージョン・コミュニケーションズは11日、通話料金が比較的安価な電話サービス「楽天でんわ」において新規登録すると1週間の間、国内通話が3分まで無料で利用できる「夏のカケ放題キャンペーン」を2014年7月11日(金)10:00より開始すると発表しています。

今回のキャンペーンでは2014年7月18日(金)9:59の期間中に楽天でんわに新規利用登録した人を対象に、登録から1週間は1回の通話当たり3分までの通話が何度でも無料になります。

続きを読む

NTTドコモ、今夏にLTEによる音声通話サービス「VoLTE(ボルテ)」を提供開始!国内かけ放題を予定、詳細は後日


NTTドコモが今夏にVoLTEを提供へ!

NTTドコモは10日、今年6月から提供する新しい料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の発表会において今夏から高速通信規格LTEを利用した音声通話サービス「VoLTE(ボルテ)」を開始することを明らかにしました。

発表会に登壇した同社社長の加藤薫氏は「国内かけ放題になる予定」とし、国内通話はカケホーダイ&パケあえると同様に定額プランで利用できるようにするとしていました。なお、詳細な料金プランなどについて後日あらためて発表される見込み。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。