S-MAX

香港

香港・マカオ・台湾でデータ通信の使い放題が年額1,500円で使える!広告表示型SIMカード「i-Sim Card HK-TW-MO」の有料サービスを試す【レポート】


shimajiro@mobiler - 「i-Sim」の有料サービスの告知チラシ

既報通り、以前に紹介した香港の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるGreen-i Sim Motionが香港限定で提供している無料で使えるSIMカード「i-Sim」に香港・マカオ・台湾の3地域での3Gデータ通信および音声通話が使い放題になる有料会員向けサービス「i-Sim Card HK-TW-MO」が開始した。

年会費は98香港ドル(約1,500円)で、SIMカード1枚につき有効期間は10日間、SIMカードは年間6枚まで受取することができる。今回は実際にi-Sim Card HK-TW-MOのSIMカードを受け取って限定で試してきたのでその模様を紹介する。

続きを読む

Green-i Sim Motion、香港・台湾・マカオの3地域で年会費約1500円で1年間に6枚まで3Gデータ通信と音声通話が使い放題なSIMカード「i-Sim Card HK-TW-MO」を提供開始


shimajiro@mobiler

香港内での3Gデータ通信&音声通話が無料で使い放題になる携帯電話サービス「i-Sim」を提供している香港の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるGreen-i Sim Motionが香港に加えて台湾とマカオの3地域で利用可能になる「i-Sim Card HK-TW-MO」を提供開始している。

台湾&マカオで使えるSIMカードは従来の無料のi-Simとは異なり、年会費98香港ドル(約1,500円)の「i-Sim Membership」への登録が必要で、1年間で合計6枚のSIMカードを受け取りできる。SIMカードは香港空港での受取のほか、日本を含む海外へも有償で発送に対応している。

続きを読む

香港でデータ通信&音声通話が7日間無料で使い放題!Green-i Sim Motionが提供するSIMカード「i-Sim」を使ってみた【レポート】


shimajiro@mobiler

香港の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるGreen-i Sim Motionが提供している香港内での3Gデータ通信&音声通話が無料で使い放題になる携帯電話サービス「i-Sim」を利用してみたのでその模様を紹介する。

i-Simは広告を表示することでデータ通信&音声通話が無料となるSIMカードで、観光促進を目的として政府機関などが提供しているのではなく、民間企業の提供するサービスだ。

続きを読む

Sony Mobile、香港などで「Xperia Z3」の新色パープル(紫)を今月下旬発売!既存カラーに劣らぬ美しさ


ゼロから始めるスマートフォン

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は24日(現地時間)、香港で最新スマートフォン(スマホ)「Xperia Z3」の新色パープル(紫)を発売すると発表しています。発売時期は今月下旬を予定。

グローバルモデルおよび国内モデルにはラインアップのないパープルカラーのXperia Z3で、特典として「ミッキーマウスと愉快な仲間たち」と「アナと雪の女王」のXperiaテーマが用意されています。

続きを読む

4G LTEに対応したプリペイドSIMカード「Discover Hong Kong Tourist SIM Card」を香港国際のセブンイレブンで購入!データ通信量5GBで118香港ドル【レポート】


shimajiro@mobiler

香港の政府観光局のWebサイトで紹介されている旅行者向けプリペイドSIMカード「Discover Hong Kong Tourist SIM Card」の4G LTE対応版を香港国際空港のセブン-イレブンにて購入してみた。

販売箇所は第1ターミナルの到着階と第2ターミナルの出発階のセブン-イレブンで販売されているのを確認した。

なお、空港以外のセブン-イレブンでも販売されているのを確認できたので、香港のセブン-イレブンでは多くのお店で販売していると思われる。但し、在庫切れなどの場合はありそう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。