S-MAX

+メッセージ

NTTドコモ、RCS準拠のスマホなど向けコミュニケーションサービス「+メッセージ」をPixel 3・3aシリーズやNexus 5Xにも提供開始!他のSIMフリー製品でも利用可能


+メッセージがPixel 3・3 XL・3a・3a XLやNexus 5X、SIMフリースマホで使えるように!

NTTドコモは30日、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた「RCS」に準拠するコミュニケーションサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を同社が販売するAndroidスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」、「Nexus 5X」でも利用できるようになったとお知らせしています。

同社では今年8月8日よりアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてAndroid向け+メッセージアプリを提供開始しており、spモードなどのNTTドコモの携帯電話ネットワークで初回利用時に接続しなければならないものの、SIMフリースマホで使えるようになっていましたが、PixelシリーズやNexusシリーズはインストールできないようになっていました。

今回、PixelやNexusでも対応したため、Android 4.4(開発コード:KitKat)以上ならSIMフリーやSIMロック解除した他社製品を含めて広く使えるようになっています。なお、iPhoneやiPadでもアプリ配信マーケット「App Store」からインストールすることで利用可能。また合わせて同社がGoogle Playストアで配布している+メッセージアプリがAndroid 10に対応しています。

続きを読む

NTTドコモとau、SoftBankが提供するコミュニケーションサービス「+メッセージ」にて企業の公式アカウントが提供開始!来店予約や住所変更などの一括手続きが可能に【レポート】


+メッセージの企業公式アカウントが5月以降にスタート!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは23日、都内にて「『+メッセージ』機能拡充に関する記者説明会」を開催し、3社が推進するSMS(ショートメッセージサービス)を拡張したコミュニケーションサービス「+メッセージ」にて企業が提供可能な「公式アカウント」を5月以降に開始すると発表した。

+メッセージは昨年5月にNTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話サービス(以下、キャリア)で共同してスタートしたSMSの全角最大70文字という文字数制限を緩和し、写真や動画の添付・挿入やグループでの利用も可能としているコミュニケーションサービスだ。

また仕様のベースとしてGoogleなども推進する国際標準規格の「RCS(Rich Communication Services)」に準拠したものを採用するが、現時点では3キャリアのみでの通信にて互換性を持たせたクローズなサービスとなっており、海外の通信事業者だけでなく、Y!mobileや仮想移動体通信事業者(MVNO)でも利用できない。

そんな+メッセージだが、説明会ではサービス開始から1年を迎えるところで利用者が800万人を突破したと明らかにした。一方でコミュニケーションサービスで日本国内では最大手の「LINE」の国内利用者数には到底及ばない状況であり、現状では利用者拡大に繋がる魅力が乏しく、認知不足なのがその理由となるだろう。

これに対して新たに企業による公式アカウントを提供することによって+メッセージによる来店予約や商品選択などが可能となるほか、トッパン・フォームズおよびジェーシービー、東京海上日動火災保険、日本生命保険、野村證券、三菱UFJ銀行が構築する「共通手続きプラットフォーム」と連携して住所変更などの各種手続きをまとめて行えるようになるという。

今回はサービス開始1周年を迎えてこうした企業の公式アカウントなどの機能を提供開始する+メッセージの新展開について説明会のプレゼンテーションを中心に写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けAndroid用「+メッセージ」の配信を再開!新たに「SoftBankメール」アプリとは別に専用アプリをリリース。移行にはご注意を


SoftBankのAndroid向け「+メッセージ」アプリが配信再開!

ソフトバンクは28日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにコミュニケーションサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」におけるAndroid用アプリをアプリ配信マーケット「Google Playストア」にて配信再開したとお知らせしています。

配信再開に当たってすでに案内されていたように当初の「SoftBankメール」をアップデートする形ではなく、+メッセージ用アプリを別途提供しており、+メッセージ用アプリはアイコンにSoftBankロゴが入った新しいものとなっています。

続きを読む

NTTドコモとau、SoftBankがRCS準拠のスマホなど向けコミュニケーションサービス「+メッセージ」のiPhone・iPad用を提供開始!Androidで一時停止されているSoftBankでは別アプリで提供へ


+メッセージのiOS向けアプリがリリース!SoftBankではAndroid向けも専用アプリに変更へ

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは21日、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた「RCS」に準拠する新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」をiPhoneおよびiPad向けに提供開始したとお知らせしています。

iPhoneおよびiPadではアプリ配信マーケット「App Store」にて専用アプリ「+メッセージ」をダウンロード・インストールして使います。対応OSはiOS 9.0以降。すでにAndroidでは5月10日より提供開始されていましたが、ようやくiOS向けアプリもリリースされました。

利用料は無料で、別途、パケット通信料がかかりますが、パケット定額オプションに加入していればその中でパケットが消費される形になります。申込は不要ですが、利用開始時に認証および規約への同意が必要となっています。Y!mobileや仮想移動体通信事業者(MVNO)では現時点では利用できません。

なお、ソフトバンクではAndroid向けについても「SoftBankメール」アプリのアップデートで提供開始したものの、誤ってメールを消してしまう人が続出したため、アップデートを一時停止していますが、同社ではSoftBankメールアプリと別に+メッセージアプリを提供することにしたと発表しています。配信再開時期についてはあらためて案内するとのこと。

続きを読む

NTTドコモとau、SoftBankでRCS準拠のスマホなど向けコミュニケーションサービス「+メッセージ」が提供開始!SoftBankでは誤って既存のメールを消してしまうなどの問題で一時配信停止も


+メッセージでSoftBankユーザーが悲鳴!間違ってアンインストールして過去メールが消去に

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは9日、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた「RCS」に準拠する新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を提供開始しました。まずはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以上で利用でき、後日、iOS 9.0以上のiPhoneでも利用可能になる予定です。

AndroidではそれぞれNTTドコモは「dマーケット」から、auは「au Market」から、SoftBankは「Google Playストア」からダウンロードし、NTTドコモでは専用アプリ「+メッセージ」となりますが、auやSoftBankでは既存のメールアプリ(auでは「SMS(Cメール)」アプリ、SoftBankでは「SoftBankメール」アプリ)のアップデートという形となります。

これが影響してソフトバンクでは同日、SoftBankメールのアップデートを行い、+メッセージへの対応とともに機能が変更されてしまったため、一部の利用者が誤ってアンインストールしてしまってSoftBankメールが初期化されてしまい、保存してあったメールが消えてしまうなどの問題が起きたことから配信を一時的に停止しています。

また同社では「サービスの安定稼働を図るため、アプリの提供を一部のお客さまに制限している」としてすでにアップデートした場合のみ利用できる状況だと説明。一旦、SoftBankメールをアンインストールしてしまうと保存してあったメールを元に戻すことができないため、「あんしんバックアップ」アプリの旧メール保存機能を利用してあらかじめメールデータをバックアップしてからアンインストールするように案内しています。

なお、利用料は無料で、別途、パケット通信料がかかりますが、パケット定額オプションに加入していればその中でパケットが消費される形になります。申込は不要ですが、利用開始時に認証および規約への同意が必要となっています。Y!mobileや仮想移動体通信事業者(MVNO)では現時点では利用できません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。