S-MAX

100万

NTTドコモ、ずっと月額1500円割引の「docomo with」契約数が100万を突破!Galaxy FeelやAQUOS sense、MONOなどのコスパ高スマホで人気に


docomo with契約数が100万を突破!順調に加入数伸ばす

NTTドコモは19日、今年6月1日に提供を開始したずっと月額料金が毎月1,500円(税別)割引される施策「docomo with」の契約数が2017年12月18日(月)に100万を突破したと発表しています。

同社では今年10月に開催した「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」にてdocomo with対象機種の販売台数が70万台を突破したことを明らかにしていましたが、その後に新機種も発売されたこともあり、順調に販売台数および契約数を伸ばしているということです。

続きを読む

ファーウェイ、NTTドコモ向け「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数が100万台突破!記念に「ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施


NTTドコモ向け「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数が100万台突破!

ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)は21日、NTTドコモから2012年9月より販売されている子ども向けケータイ「キッズケータイ HW-01D」(ファーウェイ製)が2014年4月中旬で累計出荷台数100万台を突破したことを発表しています。

また、累計出荷台数100万台突破を記念して、2014年5月12日(月)から6月1日(日)まで「キッズケータイ100万台突破 ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施するということです。

続きを読む

東北地区のdocomo LTE Xiが100万契約突破!NTTドコモの記念ノベルティープレゼントでオリジナル「うまい棒」をもらってきた【レポート】

umaibo_top
ドコモショップで「うまい棒」をもらおう

NTTドコモの東北支社は5日、FDD-LTE方式によるデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」の東北地区での契約数が2013年11月2日(土)に100万契約を突破したと発表しました。

そして、100万契約突破を記念して11月8日(金)より「docomo LTE Xi 東北100万契約突破記念ノベルティプレゼント」を実施すると発表しました。

今回のプレゼントキャンペーンでは、東北地区のドコモショップに来店すると、オリジナルパッケージデザインの「うまい棒」がもらえるプレゼントと、人気スマートフォン「iPhone 5s」および「iPhone 5c」を含むXi対応機種を東北地区のドコモショップまたはドコモ取扱店で購入すると、「コンパクトモバイルスタンド」または「クリーナー付携帯スタンド」がもらえるプレゼントの2種類が実施されます。

今回、筆者はキャンペーン初日に、うまい棒を仙台市内のドコモショップでもらってきたので、その模様をレポートしたいと思います。

続きを読む

mmbi、NTTドコモ向け新放送局「NOTTV」が100万契約突破と発表!総額400万円がプレゼントされる特別記念番組放送やプレミアクラブ会員向け「NOTTV de ドコモポイント夏祭り」キャンペーンも実施



mmbiは3日、同社が運営し、NTTドコモがサービスを提供しているスマートフォンおよびタブレット向け放送局「NOTTV」の契約者が2013年6月1日(土)で100万を突破したことを発表しています。

また、サービス開始(2012年4月1日)から427日で到達したとのことで、100万契約突破を記念して、2013年7月15日(月・祝)に視聴者がゲームやクイズに答えて賞金を獲得できる視聴者参加型の特別番組を放送予定だということです。なお、5月末時において99万8925契約であったことも発表されています。

さらに、NOTTVを新規契約でもれなく500ドコモポイントがもらえるプレミアクラブ会員向けキャンペーン「NOTTV de ドコモポイント夏祭り」も開始しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。