S-MAX

2013-2014冬春モデル

NTTドコモ、2013-2014冬春モデルを発表!下り最大150MbpsのクアッドバンドLTE対応スマホなど16機種を投入――docomo ID認証本格導入やドコモメール、dキッズなども提供開始


NTTドコモが「2013-2014冬春モデル」を発表!

NTTドコモは10日、今冬および来春に発売・開始するの新モデルや新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を本日12:00から都内で開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「2013-2014冬春モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ」から各動画配信サイトにてライブ配信を行う予定でいます。

ライブ配信サイトは「Ustream」や「ニコニコ生放送」、「YouTube」、「NOTTV」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。


発表されたのは、Androidスマートフォンが「Xperia Z1 SO-01F」および「Xperia Z1 f SO-02F」、「GALAXY Note 3 SC-01F」、「GALAXY J SC-02F」、「LG G2 L-01F」、「ARROWS NX F-01F」、「Disney Mobile on docomo F-03F」、「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」、「SH-01F DRAGON QUEST」、「AQUOS PHONE EX SH-02F」の9機種10モデル、子供向けスマートフォン「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」の1機種、さらにすでに開発していることが発表されていた法人向けビジネススマートフォン「F-04F」の1機種の合計11機種12モデル、Androidタブレットが「ARROWS Tab F-02F」の1機種、ケータイが「P-01F」および「N-01F」の2機種、その他が「フォトパネル 06」およびモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-02F」と「Wi-Fi STATION HW-01F」の2機種で、総勢17機種18モデルが投入されます。

他にも周辺機器として腕時計型スマートデバイス「ムーヴバンド」や「GALAXY Gear」、G2 L-01F専用ケース「QuickWindowケース L01」、「DCアダプタ04」などが発表されています。

また、サービス面では昨冬モデル発表時に投入することが明らかにされながら開発が遅れてサービス開始が遅れていた@docomo.ne.jpドメインのケータイメールが利用できるクラウド型メールサービス「ドコモメール」のAndroid向けが2013年10月24日(木)に開始し、docomo ID認証を本格導入、子育て支援サービス「dキッズ」、ファッションECサイト「d fashion」、旅の総合サポートサービス「dトラベル」を提供開始するほか、新しいユーザーインターフェース(UI)としてこれまでの「docomo Palette UI」が「docomo LIVE UX」に置き換えられてり、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」におけるUIMカードを利用した認証開始などの機能・サービスが開始されます。

なお、NTTドコモではこれまでモバイルWi-Fiルーターに特にペットネーム(愛称)を付けていませんでしたが、今冬モデルから「Wi-Fi STATION」という新ブランドを付けて展開していくことになりました。

なお、夏モデルの「ツートップ」戦略のような展開はしませんが、あまりどの機種を選んでいいのかわからないような人に向けて、AQUOS PHONE ZETA SH-01FやARROWS NX F-01F、Xperia Z1 fSO-02Fの3機種をオススメしていくとしています。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、2013-2014冬春モデル新商品・新サービス発表会を10月10日12時から開催!ライブ中継も実施予定


NTTドコモの2013-2014冬春モデルは10月10日に実施!

NTTドコモは2日、2013年10月以降に発売予定の新商品や新しく提供する新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル 新商品・新サービス発表会 | 製品 | NTTドコモ」を2013年10月10日(木)12:00から開催するとお知らせしています。

また、発表会の様子はインターネットでのライブ配信で中継される予定で、リアルタイム動画配信サービス「ニコニコ生放送」や「Ustream」、「YouTube」といった動画配信サイトでのストリーミング生放送に加えて「NOTTV」での完全生中継する予定であることが告知されています。

さらに、新機種は発表される10月10日から全国のショールーム「ドコモスマートフォンラウンジ」にて展示されるということです。


続きを読む

タッチパネルでの操作感はほとんどスマホ!下り最大110MbpsのAXGPやFD-LTEなどに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 301HW」を写真と動画でチェック【レポート】


タッチパネル操作のWi-Fiルーターを写真と動画でチェック!

既報通り、ソフトバンクモバイルは30日、2013年冬から2014年春に発売予定の新商品および提供予定の新サービスを披露する「新商品・新サービス発表会」を開催し、操作用タッチパネルを搭載したファーウェイ・テクノロジーズ製モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 301HW」(以下、301HW)を発表しました。

301Wは、TD-LTEに完全互換のAXGP方式やFDD-LTE方式といった4G、また3G(W-CDMA方式)のネットワークを利用できるモバイルWi-Fiルーターで、特徴として新たに静電式のタッチパネルを搭載し、スマートフォンのような操作で設定ができるほか、利用状態の確認ができるようになっています。

発売は2013年12月以降とまだ先ですが、発表会場のタッチ&トライのコーナーにて、実際に操作を試すことができました。本記事では外観の写真や操作している動画を交えて301HWについて紹介します。

続きを読む

NTTドコモ向けサムスン電子製スマホ「SC-02F」がFCCを通過!ペットネームは「GALAXY J」に――窮地を脱する国内特化モデルになるか!?


GALAXY J SC-02FがFCCを通過!写真はGALAXY S4シリーズ発表会のもの

米連邦通信委員会(FCC)は23日(現地時間)、NTTドコモ向けサムスン電子製「SC-02F」が通過したとして資料を公開しています。FCCICは「A3LSWDSC02F」。

資料にてFCC IDなどが記載されるラベルや背面図が公開されており、NTTドコモとはっきり記載されいるほか、サイズが約136×69mmとなっており、フラッグシップモデル「GALAXY S4」の約137.0×70.0mmとほぼ同サイズながら若干小さくなっています。

また、コンテンツサービス「ディズニー公式スマートフォン | マチ☆キャラ」の対応機種には「GALAXY J SC-02F」という記載があり、SC-02Fのペットネーム(愛称)が「GALAXY J」になることが予見されます。なお、同ページには未発表機種ながらすでに国内投入が見込まれる「GALAXY Note 3」や「LG G2」のドコモ版「GALAXY Note 3 SC-01F」や「LG G2 L-01F」の文字列も記載されています。

続きを読む

ソフトバンク、2013-2014冬春新商品発表会を9月30日15時から開催!特設サイトにてライブ中継も実施と告知


ソフトバンクモバイルが9月30日に冬春モデルを発表!

既報通り、ソフトバンクモバイルは18日、2013年9月30日(月)午後3時から「2013-14年冬春 新商品発表会」を開催すると案内していましたが、新たにこの発表会の特設サイト「2013 Winter - 2014 Spring ソフトバンク新商品発表会」を公開しています。

発表会の模様などは、特設サイトやインターネットライブ動画配信サービス「Ustream」や「ニコニコ生放送」などにてライブ中継されるほか、公式Facebookアカウント「SoftBank」や公式Twitterアカウント「SoftBank (softbank) on Twitter」でも情報が投稿される予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。