S-MAX

2015年冬モデル

キャリアロゴなしは健在!超高速AFと高解像デジタルズームで快適な撮影が楽しめるハイパフォーマンススマホ「Xperia Z5 501SO」を写真と動画でチェック【レポート】

501SO-001
キャリアロゴの有無にこだわる方へ!

既報通り、ソフトバンクは8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、3GBメモリーなどを搭載したAndroid採用のハイスペックスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5(型番:501SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

発売時期は2015年10月下旬を予定し、本日10月9日からソフトバンクショップや量販店などのソフトバンク携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が開始されています。

Xperia Z5はこれまでのシリーズ同様マルチキャリア展開となっており、ほぼ同等スペックの端末がドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売となります。ソフトバンク版となるXperiaシリーズにはキャリアロゴ(「SoftBank」のロゴ)がプリントされないことで有名で、一部のコアなファンにとって大きな選択要因の1つとなっています。

今回のXperia Z5 501SOもキャリアロゴはプリントされておらず、本体にはSONYとXperiaの表記のみ。発表会でも宮内社長自身がキャリアロゴが入らないことを強調するなど、ソフトバンク版のXperiaにファンが何を求めているのかキャリア側も理解している様子でした。

発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

4.7インチの小型モデルながらフルHDハイスピードIGZO搭載!ドコモスマホ「AQUOS Compact SH-02H」を写真と動画でチェック【レポート】

SH02H01
コンパクトなボディに4.7インチフルHDIGZO液晶搭載!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、幅66mmとコンパクトなボディーに4.7インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶IGZOを備えたAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS Compact SH-02H」(以下、SH-02H)を発表しました。

発売時期は2015年12月上旬を予定し、すでに9月30日からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で3万円台後半を予定。

今回は発表会における展示会場でSH-02Hの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。

続きを読む

ソフトバンク、TVチューナー内蔵CA対応モバイルWi-Fiルーター「SoftBank Pocket WiFi 501HW」と「Y!mobile Pocket WiFi 502HW」を発表!Y!mobileは502HW以降がSIMロック解除対応


モバイルWi-Fiルーター「SoftBank Pocket WiFi 501HW」と「Y!mobile Pocket WiFi 502HW」を発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は28日、テレビ(TV)チューナーを搭載したキャリアアグリゲーション(CA)対応モバイルWi-FiルーターとしてSoftBank向け「Pocket WiFi 501HW」およびY!mobile向け「Pocket WiFi 502HW」(ともにHuawei Technologies製)を2015年10月9日に発売すると発表しています。

発売に先立ち、すでに10月2日より事前予約受付を全国のSoftBank携帯電話取扱店およびY!mobile取扱店で実施。合わせてY!mobileでは月間データ通信量7GBと通信量上限なしを自由に切り替えられる新料金プラン「Pocket WiFiプラン2」(月額料金3,696円)の提供を開始します。

なお、総務省が今年5月1日に改定したガイドラインに伴って導入されている「SIMロック解除」についてY!mobileではこれまで「AQUOS CRYSTAL Y」がSoftBank向けの焼き直しなため対応しないとしていましたが、Pocket WiFi 502HW以降の新機種は対応していくことを明らかにしています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank&Y!mobile向けMIL準拠のタフネス折りたたみ型Androidガラホ「DIGNOケータイ」を発表!3.4インチFWVGA液晶や800万画素カメラ、防水・防塵、ワンセグ、VoLTEなど


SoftBank&Y!mobile向け折りたたみ型ケータイ「DIGNOケータイ」を発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、OSにAndroidを採用しつつ従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)と同じような操作性を導入したSoftBankおよびY!mobile向け折りたたみ型ケータイ「DIGNOケータイ」(京セラ製)を発表しています。発売時期はともに2016年3月中旬を予定し、型番はSoftBank向けが「501KC」、Y!mobile向けが「502KC」。

防水(IPX5、IPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)に加えてアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能を有したタフネスモデルとなっています。

大きな約3.4インチFWVGA(480×854ドット)TFT液晶(最大1677万色)で画面も見やすく、高音質通話サービス「VoLTE」や「HD Voice(3G)」にも対応。さらに、人気のコミュニケーションサービス「LINE」にも対応しています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け4.7インチコンパクトハイエンドスマホ「AQUOS Xx2 mini」を発表!倍速120HzフルHDハイスピードIGZO液晶やヘキサコアCPUなど


SoftBank向けスマホ「AQUOS Xx2 mini」を発表!

ソフトバンクは8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS Xx2 mini(型番:503SH)」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2016年1月中旬を予定。

AQUOS Xx2 miniは同時に発表された「AQUOS Xx2」とチップセットなどの基本性能を共有してハイスペックながら小型にしたモデルで、SoftBank向けのシャープ製小型モデルとしては「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」以来のハイエンドコンパクトスマホです。

製品内容としてはほぼNTTドコモ向け「AQUOS Compact SH-02H」と同様で上位機種のAQUOS Xx2から指紋センサーおよびフルセグの非搭載や内蔵ストレージが32GBから16GBに、フロントカメラが約800万画素から約500万画素に変更されているといった違いがあります。

また、AQUOS Xx2と同じくカラーフィルターとバックライトの「S-Pure LED」に加え、さらに速い動きに強い新開発の「ハイスピードIGZO」になり、120Hz倍速液晶で残像感のない映像や画面操作を楽しめます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。