S-MAX

2017年夏モデル

強く、美しく、リーズナブルに!ずっと月額料金が1500円割引になる料金施策「docomo with」対応のNTTドコモ向けタフネススマホ「arrows Be F-05J」を写真と動画で紹介【レポート】


人気のタフネススマホにニューモデル登場!arrows Be F-05Jをチェック

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J(以下、F-05J)」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

発売日は2017年6月1日(木)ですでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また同時に発表された毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種となっており、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で28,512円(1,188円/月×24回)。

本機は昨年7月に発売されたタフネススマホ「arrows SV F-03H(以下、F-03H)」のリニューアルモデルとなっており、性能や機能では大きな変更はありません。それだけF-03Hが完成度の高い端末であったという証拠でもあり、高耐久や高い耐衝撃性能といった特徴が好評だったのではないでしょうか。

今回発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真や動画とともにご紹介します。詳細なスペックについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

UQコミュニケーションズが「2017夏UQ発表会」を6月1日11時から開催!格安SIM「UQ mobile」など向け新商品・新サービスが発表へ――ライブ中継も実施


UQが「2017夏UQ発表会」を6月1日に実施!写真は昨年秋冬の発表会のとき

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は26日、同社の公式Webサイトにて2017年6月1日(木)11時から「2017夏UQ発表会」( http://www.uqwimax.jp/live20170601/ )を開催すると告知しています。また、発表会の模様はインターネット経由によるライブ配信も実施されるとのこと。

発表会では同社代表取締役社長の野坂 章雄氏が登壇し、UQおよびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」や高速通信サービス「UQ WiMAX」向けの新製品や新サービスが発表されると見られます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けスマホ「HTC U11 601HT」を発表!ガラスボディーでデザインを一新した最新フラッグシップ――6月下旬発売で、VR HMD「HTC LINK」も販売


SoftBankから最新スマホ「HTC U11 601HT」が発表!

ソフトバンクは25日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」向けに今夏以降に発売する「2017年夏モデル」として新たに最新フラッシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:601HT)」(HTC製)を追加すると発表しています。

発売時期は2017年6月下旬以降を予定し、同日にHTC NIPPONから発表されたHTC U11と接続して利用するVR(拡張現実)用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HTC LINK」も2017年7月下旬以降に発売するとのこと。

SoftBank向け2017年夏モデルは5月11日に先行して「Xperia XZs(型番:602SO)」および「AQUOS R(型番:604SH)」、「AQUOS ea(型番:605SH)」、「DIGNO G(型番:601KC)」の4機種が先行して発表されていましたが、新たにHTC U11 601HTが追加されます。

HTC U11は5月16日にHTCが発表した同社の最新フラッグシップモデルで、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、本体側面を握るだけでカメラやアプリを操作できる「Edge Sense」や自由にカスタマイズできるハイレゾ対応オーディオ「HTC U Sonic」、AI学習によるレコメンド機能「Sense Companion」に対応しています。

またHTC NIPPONからも日本向けにHTC U11を投入することが発表されていましたが、今回まずはSoftBankから販売されることが明らかになりました。グローバル版では防水・防塵に対応しており、さらにSoftBank版を含む日本向けHTC U11はおサイフケータイ(FeliCa)にも対応。なお、HTC U11 601HTはXperia XZs 602SOやAQUOS R 604SHと同様に高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」に対応。

さらに他のSoftBank向けと同様に外観はグローバル版と同じとなっており、キャリアロゴはありません。また本体色はグローバル版ではアメイジング シルバーおよびブリリアント ブラック、アイス ホワイト、サファイア ブルー、ソーラーレッドの5色がありますが、SoftBankからはアメイジング シルバーおよびブリリアント ブラック、アイス ホワイトの3色が販売されます。

続きを読む

実質価格がマイナスに!?高精細なWQXGA液晶搭載や指紋認証対応と圧倒的なコストパフォーマンスを実現したドコモタブレット「dtab Compact d-01J」を写真と動画で紹介【レポート】


お馴染みのdtabシリーズがより大画面で高精細に!タブレット「dtab Compact d-01J」をチェック

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約8.4インチWQXGA(1600×2560ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のタブレット「dtab Compact d-01J」(Huawei Technologies製)を発表しました。

発売日は本日5月25日で、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて販売開始されており、価格は紹介しているように本体価格実質負担額で新規契約/機種変更で0円以下となります。

今回発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真や動画にてご紹介します。なお詳細なスペックなどについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

NTTドコモ、2017夏モデルを発表!スマホ7機種やタブレット1機種の合計8機種+新色1機種――新料金プラン「docomo with」や4K・HDR、みえる留守電、進化版スグ電、下り最大788Mbpsなど


NTTドコモが8機種・新色1機種の2017夏モデルを発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催し、発表会の模様は「YouTube」や「ニコニコ生放送」といった各動画配信サイトにてライブ配信およびオンデマンド配信が行われ、また公式Twitterアカウント「@docomo」や公式Facebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しています。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ Premium SO-04J」および「Xperia XZ SO-03J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「Galaxy S8 SC-02J」、「Galaxy Feel SC-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「arrows Be F-05J」の7機種、タブレットが「dtab Compact d-01J」の1機種と合計8機種を投入します。また今年2月に発売されたディズニースマホ「Disney mobile on docomo DM-01J」の新色ホワイトも発売されることが発表されました。

すでにこれらの機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。さらに、旗艦店「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋では順次展示も実施しています。

さらに以前に発表していた家族間のみの通話定額が利用できる月額980円(税別)の新料金プラン「シンプルプラン」の申込が本日5月24日に開始されたほか、新たに月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」も発表され、対象機種はGalaxy Feel SC-04Jとarrows Be F-05Jの2機種でそれぞれ価格(税込)は36,288円(1,512円/月×24回)および28,512円(1,188円/月×24回)と購入しやすくなっています。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」が変調方式「256QAM」やマルチアンテナ「4x4 MIMO」に加えて、新たに伝送モードを変更して制御チャンネルの情報量を減らすことによって国内最速の下り最大788Mbpsを2017年8月以降に対応するXperia XZ Premium SO-04JやGalaxy S8+ SC-03J、AQUOS R SH-03J、すでに販売しているモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」にて利用可能となるとのこと。

また昨年夏に導入された「スグ電」がさらに進化し、話した「バイバイ」や「じゃーね」、「ほな、さいなら」などといった内容で終話することでできるようになります。その他、新サービスとしても「dジョブ」や「dエンジョイパス」も導入され、ホームコミュニケーションデバイス「petoco(ペトコ)」も共同開発で提供されます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、5インチタフネススマホ「arrows Be F-05J」を発表!本体価格2万円台で、新料金プラン「docomo with」の対象にーーおサイフケータイやワンセグなどに対応し、6月1日発売


docomoが5インチスマホ「arrows Be F-05J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売日は2017年6月1日(木)となっており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。なお、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が28,512円(1,188円/月×24回)です。

ベースは昨年夏モデルの「arrows SV F-03H」で、OSが新しくAndroid 7.0 Nougatになっているほか、ワンセグも内蔵アンテナで受信感度も良く、おサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵・耐衝撃対応と安心・安全に長く使えるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「AQUOS R SH-03J」を発表!5.3インチハイスピードIGZOやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載、下り最大788Mbps対応で7月発売


docomoが5.3インチスマホ「AQUOS R SH-03J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、ハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」(製)を発表しています。

発売時期は2017年7月を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

AQUOS Rはすでにシャープから今年4月に発表されている最新フラッグシップモデルで、新たにシャープではこれまでNTTドコモやauとはシリーズ名を変えていましたが、またキャリア中心から脱却するかのごとく心機一転で今回から統一して「AQUOS R」とするとしています。

SoftBank向け「AQUOS R 604SH」が発表されていましたが、新たにNTTドコモからも発売されます。なお、本体色はマーキュリーブラックとジルコニアホワイトの2色は同じですが、SoftBank向けに

仕様的にも約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)などを搭載したまさにハイエンドモデルとなっています。

もちろん防水・防塵やフルセグ・ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応。さらにNTTドコモ版では2017年8月以降に提供されるソフトウェア更新によって国内最速下り最大788Mbpsに対応します。

続きを読む

NTTドコモ、8.4インチタブレット「dtab Compact d-01J」を発表!シリーズ初の選べる本体色や指紋認証対応に加え、eSIMを採用にーー5月25日発売でいきなり実質0円以下に


docomoが8.4インチタブレット「dtab Compact d-01J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約8.4インチWQXGA(1600×2560ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のタブレット「dtab Compact d-01J」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売日は2017年5月25日(木)となっており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は本体価格実質負担額で新規契約/機種変更で0円以下に。

続きを読む

NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」を発表!縦長6.2インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載、下り最大788Mbps対応で6月上旬発売


docomoが6.2インチスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約6.2インチWQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+ SC-03J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月上旬を予定し、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また5月24日から発売日までの期間に予約して購入し、キャンペーンサイトにて応募することで「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされるキャンペーンも実施。

今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された「MWC 2017」に合わせて発表された「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」ですが、ようやく日本でも昨日のau向け「Galaxy S8+ SCV35」に続いてNTTドコモから発売することが発表されました。グローバル版でも防水・防塵に対応していますが、au版と同様にNTTドコモ版でもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応。

またNTTドコモ版ではGalaxy S8 SC-03Jはミッドナイト ブラックおよびアークティック シルバーの2色が販売され、従来の日本向けと同様にSAMSUNGロゴはなく、背面上部にdocomoロゴとなっており、背面下部にGalaxyロゴが配置されています。

さらにNTTドコモ向けにはより大きなサイズの約6.2インチWQHD+ディスプレイを搭載した「Galaxy S8 SC-02J」も同時に発売されますが、違いとしてはグローバル版などと違ってサイズや電池容量以外にも3.5GHz帯(Band 42)への対応・非対応もあり、Galaxy S8+ SC-03Jは対応で下り最大788Mbpsとなっています。

続きを読む

NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を発表!縦長5.8インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月上旬発売


docomoが5.8インチスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.8インチWQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SC-02J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月上旬を予定しとえり、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また5月24日から発売日までの期間に予約して購入し、キャンペーンサイトにて応募することで「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされるキャンペーンも実施。

今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された「MWC 2017」に合わせて発表された「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」ですが、ようやく日本でも昨日のau向け「Galaxy S8 SCV36」に続いてNTTドコモから発売することが発表されました。グローバル版でも防水・防塵に対応していますが、au版と同様にNTTドコモ版でもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応。

またNTTドコモ版ではGalaxy S8 SC-02Jはオーキッド グレーおよびコーラル ブルー、ミッドナイト ブラックの3色が販売され、従来の日本向けと同様にSAMSUNGロゴはなく、背面上部にdocomoロゴとなっており、背面下部にGalaxyロゴが配置されています。

さらにNTTドコモ向けにはより大きなサイズの約6.2インチWQHD+ディスプレイを搭載した「Galaxy S8+ SC-03J」も同時に発売されますが、違いとしてはグローバル版などと違ってサイズや電池容量以外にも3.5GHz帯(Band 42)への対応・非対応もあり、Galaxy S8 SC-02Jは非対応で下り最大500Mbpsとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。