S-MAX

2018年冬モデル

ワイモバイル向け6.1インチQHD+液晶やS835、4GB RAM、AIカメラを搭載したAndroid Oneスマホ「X5」が発表!12月13日発売で、12月7日予約開始。価格は本体代約8万円の実質約3万円から


Y!mobile向けハイエンドスマホ「Android One X5」が登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は4日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けにアスペクト比9:19.5の縦長な約6.1インチQHD+(1440×3120ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「Android One X5」(LG Electronics製)を発表しています。

発売日は2018年12月13日(木)で、発売に先立ってワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店舗および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて12月7日(金)より事前予約受付が開始されます。

価格(税抜)はワイモバイルオンラインストアでは本体代が77,300円(頭金500円+分割3,200円/月×24回)、月額割引および実質負担額が新規契約および他社から乗り換え(MNP)のスマホプランSで-1,400円/月×24回および43,700円、スマホプランM・Lで-1,900円/月×24回および31,700円、機種変更のスマホプランSで-900円/月×24回および55,700円、スマホプランM・Lで-1,400円/月×24回および43,700円とのこと。

なお、LGエレクトロニクス・ジャパンではAndroid One X5を2019年3月31日(日)までに購入し、専用Webページで申し込みをした人全員にもれなく「Google Play ポイント」を3,000円分プレゼントするキャンペーンを実施します。詳細は後日、LGエレクトロニクス・ジャパンの製品Webページで案内されるということです。

続きを読む

Android Oneスマホ「S5」が発表!SoftBankとY!mobileから12月下旬以降に発売。縦長5.5インチFHD+ IGZO液晶やSDM450、3GB RAM、防水・防塵・耐衝撃など


シャープ製高コスパタフネススマホ「Android One S5」が登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は4日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile(ワイモバイル)」向けにアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶やQualcomm製1.8GHzオクタコアCPU「Snapdragon 450(SDM450)」、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「Android One S5」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2018年12月下旬以降を予定し、SoftBank向けはソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」、Y!mobile向けはワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店舗および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて販売され、発売に先立って12月中旬以降に事前予約受付を実施する見込み。価格は現時点では未定とのこと。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」を発表!シングルSIMで、本体色にブラックも用意し、12月中旬発売。NMカードは12月10日発売で128GBが約2万円


SoftBankからもプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」が登場!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は28日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」を日本で2018年11月30日(金)より順次発売すると発表しました。

販路は家電量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)に加え、ソフトバンクが移動体通信事業者(MNO)では唯一取り扱うとのこと。ソフトバンクは同日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年冬モデル」としてHUAWEI Mate 20 Proを発売すると発表しています。発売時期は2018年12月中旬以降を予定。

またSoftBankでは発売に先立って12月7日(金)からソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を開始するとのこと。価格は別途案内予定。

なお、家電量販店やECサイト、MVNOで販売される製品はSIMフリー版となっていますが、SoftBankが販売する製品は購入時にSIMロックがかかっており、さらにSIMカードスロットが1つのシングルSIMモデルとなっているほか、プリインストールされているアプリがSoftBank向けとなっています。

さらに本体カラーがSIMフリー版はミッドナイトブルーおよびトワイライトであるのに対し、SoftBank版はミッドナイトブルーおよびブラックとなっていて、ブラックは日本ではSoftBankからのみ販売されることになります。

またSIMフリー版と同様にSoftBank版もファーウェイ・ジャパンが実施する2018年12月31日(月)までに購入して専用Webサイトで2019年1月15日(火)までに申し込みをした人全員にもれなくQUOカード1万円分をプレゼントするキャンペーンが実施されます。

続きを読む

オッポジャパン、最新フラッグシップスマホ「OPPO R17 Pro」と大容量電池搭載スマホ「OPPO AX7」を発表!SIMフリーで12月中旬発売。楽天などが取り扱い


SIMフリースマホ「OPPO R17 Pro」と「OPPO AX7」が日本で発売に!

オッポジャパンは26日、都内にて「新製品記者説明会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO R17 Pro(型番;CPH1877)」およびコストパフォーマンスの高い大容量バッテリー搭載スマホ「OPPO AX7(型番:CPH1901)」(ともにOPPO Mobile Telecommunications製)を発売すると発表しています。

発売時期は両機種ともに2018年12月中旬を予定しており、価格は市場想定価格(税別)がOPPO R17 Proが69,880円、OPPO AX7は29,880円で、販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)とのことで、同社ではヨドバシカメラやヤマダ電機、ビックカメラグループ、ノジマ、Amazon.co.jp、楽天モバイル、IIJmioなどが挙げられています。

各販路ともにSIMフリー製品として販売され、すでに楽天モバイルでは取り扱いを発表して予約受付を開始しており、発売記念キャンペーンを実施しています。なお、楽天モバイルでも実際に発売となる発送時期は12月中旬となっており、OPPO R17 Proについてはオンラインと一部店舗でのみの取り扱いになるとしています。

楽天モバイルにおける価格はOPPO R17 ProがSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)で税別69,880円(税込75,470円)、機種変更(オンライン)で税別62,892円(税込67,923円)、OPPO AX7が新規契約・MNPで税別29,880円(税込32,270円)ながらキャンペーン価格税別19,880円(税込21,470円)、機種変更(オンライン)で税別26,892円(税込29,043円)。

続きを読む

3Dゲームもサクサク動くNTTドコモ向けハイコストパフォーマンススマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」を写真と動画で紹介!docomo with対応で一括4万2120円【レポート】


dodomo withスマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」を写真と動画でチェック!

既報の通り、NTTドコモが「2018-2019冬春モデル」として縦長な約5.6インチHD+(720×1480ドット)Super AMOLED(有機EL)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)、3000mAhバッテリーなどを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel2 SC-02L」(サムスン電子製)を発表しました。

発売日もすでに案内されたように11月9日(金)で、現在、ドコモショップや量販店などのドコモ取扱店や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で予約受付が実施されています。

本機は人気の月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種で、同じくdocomo with対象機種として2017年6月に発売された「Galaxy Feel SC-04J」の後継機種です。

価格は本体代42,120円(以下、すべて税込)と、Galaxy Feel SC-04Jよりも若干高くなりましたが、単なるマイナーアップデートではなく、新たにディスプレイが流行りの縦長になったり、チップセット(SoC)やRAMなどのスペックが大幅に強化されているなどしています。

そこで本記事ではそんなGalaxy Feel2 SC-02Lについて発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、製品の外観や特長について写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。