S-MAX

2018年夏モデル

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(UI・風景編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!まずはUIと風景写真をチェック

携帯電話にカメラが搭載されて以降、スマートフォン(スマホ)のカメラ機能は今ではすっかり最も重要な要素として各社がしのぎを削り、日進月歩の勢いで進化し続けている。

特に最近はセンサーやレンズを複数使うことで、“スマホカメラ”ならではの進化を遂げており、今夏モデルでも飛躍的にデュアルレンズカメラの機種が増え、画質の進化もまだまだ向上しているのだ。

そこで今回は今夏モデルの注目機種であるシャープの「AQUOS R2」およびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の「HUAWEI P20 Pro」に加え、アップルの「iPhone X」、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「OPPO R11s」の7機種のカメラテストをしてみた。

まず1回目として、各機種の紹介とカメラアプリ機動画面を紹介しつつ、日中の風景画像を比較していく。なお、Xperia XZ2 Premiumについては発売時期がまだ少し先で開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるとのことだ。

続きを読む

余裕の性能と“今どき”デザインが光る!docomo with対応でコスパにも優れたNTTドコモ向けスタンダードスマホ「LG Style L-03K」を写真と動画で紹介【レポート】


今どきのdocomo with対象スタンダードスマホ「LG Style L-03K」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモは5月16日に「2018年夏モデル」としてアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「FullVision Display」を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用のエントリースマートフォン(スマホ)「LG style L-03K」(LG Electronics製)を発表しました。

発売時期は2018年6月下旬を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が40,176円(1,674円/月×24回)。なお、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(税抜)が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種となっています。

今夏のラインナップでは富士通製「arrows Be F-04K」と並んでdocomo with対象機種の本機はライト層を中心とした幅広いユーザー層に訴求することを目的とした普及価格帯モデルで、全般的にデザインや性能も大きな不満のない満足できるレベルに仕上がっており、「迷ったらコレ」という第一印象でした。

本記事では発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機にLG style L-03Kに触れる機会がありましたので、写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

KDDIが「au発表会 2018 Summer」を5月29日11時より開催!かぐちゃん・乙ちゃん・織ちゃんの三姫も登場し、新サービスやキャンペーンが発表に。ライブ中継も実施


au発表会 2018 Summerが5月29日11時から実際!

KDDIは25日、携帯電話サービス「au(エーユー)」において2018年5月29日(火)11:00より「au発表会 2018 Summer」を開催するとお知らせしています。具体的な発表内容は不明ですが、新サービスやキャンペーンを発表するとしています。

また発表会にはauのCMキャラクター「かぐちゃん」や「乙ちゃん」、「織ちゃん」の三姫も登場予定で、発表会の模様はYouTubeやLINE LIVEなどにてインターネット経由によってライブ中継されるとのことです。

続きを読む

auの2018年夏モデルのデュアルカメラの違いは?Xperia XZ2 PremiumやGalaxy S9+、AQUOS R2、HUAWEI P20 liteの異なるカメラ機能を紹介【レポート】


auの2018年夏モデルのデュアルカメラの違いを解説!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、今夏に発売および開始する予定の新製品や新サービスを発表した。同日、都内で開催された「au 2018 夏モデル説明会」では6機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と1機種のケータイ(フィーチャーフォン/従来型携帯電話)などの新製品・新サービスを展示。

京セラ製の「かんたんケータイ(型番:KYF38)」を除くスマホは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia XZ2 Premium(型番:SOV38)」および「Xperia XZ2(型番:SOV37)」、サムスン電子製の「Galaxy S9+(型番:SCV39)」および「Galaxy S9(型番:SCV38)」、シャープ製の「AQUOS R2(型番:SHV42)」、Huawei Technologies製の「HUAWEI P20 lite(型番:HWV32)」の6機種だ。

そのうち、背面カメラにデュアルカメラを採用した機種は「Xperia XZ2 Premium」、「Galaxy S9+」、「AQUOS R2」、「HUAWEI P20 lite」の4機種と、実に半分以上がデュアルカメラを搭載している。

一方で、ひと言でデュアルカメラと言ってもメーカーや機種によってカメラのセンサーやレンズの構成が異なる。そこで今回は、auの2018年夏モデルにおけるデュアルカメラの性能の違いに迫ってみる。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向け高コスパスマホ「HUAWEI P20 lite」を発表!UQと同じくSIMフリー版。6月中旬発売で、価格は実質1万円ちょっとから


Y!mobile向けに高コスパスマホ「HUAWEI P20 lite」が登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は21日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」( https://www.ymobile.jp )において新たにアスペクト比9:19の縦長な約5.8インチFHD+(1080×2280ドット)IPS液晶(約432ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 lite」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売時期は2018年6月中旬以降を予定し、ワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて販売されます。価格(税込)は月額割引を引いた実質負担額では12,960円(分割540円/月×24回)からとなる予定で、本体代が3万円前後となる見込み。

またソフトバンク コマース&サービスの公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」ブランドから動画視聴などに便利なスタンド機能を備えた「スタンドフリップケース」や傷に強い硬度9Hの高硬度強化ガラスを採用した「フレームカバー液晶保護ガラス」がHUAWEI P20 liteの発売に合わせて販売されます。

なお、日本ではHUAWEI P20 liteがauUQ mobileからも販売されますが、au版はSIMロックがかかっているものの、Y!mobile版とUQ mobile版はSIMロックがかかっていないSIMフリーとなっており、デュアルSIM対応および32GB内蔵ストレージとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。