S-MAX

300Mbps

KDDI、山形県の一部でau 4G LTEを下り最大300Mbpsで10月下旬より提供開始!Xperia Z5 SOV32が対応ーー700MHz帯と800MHz帯、2GHz帯の3波CAで実現


auが下り最大300MbpsのCAを山形県の一部で10月下旬より提供開始!

KDDIがau向け高速通信サービス「au 4G LTE」において下り最大300Mbpsを2015年10月下旬より山形県の一部エリアで提供開始することを明らかにしています。10月下旬に発売予定のスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SOV32」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が対応します。

これは700MHz(Band 28)および800MHz(Band 18)、2GHz(Band 1)の3つの周波数帯(電波)をキャリアアグリゲーション(CA)によって束ねた「3CC CA」によって実現します。

続きを読む

スマホも倍速駆動液晶の時代!滑らかでブレの少ない映像を楽しめるハイパフォーマンススマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を写真と動画でチェック【レポート】

AQUOS ZETA SH-01H
IGZO液晶が200%加速する!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、指紋センサーを搭載したシャープ製Android 5.1(開発コード名:Lollipop)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」(以下、SH-01H)を発表しました。

発売時期は2015年11月上旬を予定し、すでに9月30日(水)よりドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で5万円台半ばを予定。

大画面をコンパクトに持ち運べる「EDGEST」デザインが好評なAQUOSシリーズの中でも、ハイエンドに位置づけられる機種につけられる名前がZETAであり、本機もまたシリーズのフラッグシップとしての登場です。

本機は国内初でさらに最速となる下り最大300Mbpsでのデータ通信に対応し、64bit対応ヘキサコアCPU(1.8GHzデュアルコアCPU+1.4GHzクアッドコアCPU)「MSM8992(Snapdragon 808)」、3GB RAM、32GB内蔵ストレージを搭載するなど、まさにフラッグシップの名に恥じないハイスペック。このハイスペックをフル活用した新機能が今回の端末には数多く実装されています。

発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、2015-2016冬春モデルを発表!スマホ10機種やタブレット1機種、ケータイ1機種、モバルー1機種の合計13機種――LTE-AvancedのCAによる下り最大300Mbpsなども提供へ


NTTドコモが総勢12機種の2015-2016冬春モデルを発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を本日12:00から都内で開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「2015-2016冬春モデル 新商品・新サービス発表会 | 製品 | NTTドコモ」から各動画配信サイトにてライブ配信を行う予定でいます。

ライブ配信サイトは「Ustream」や「ニコニコ生放送」、「YouTube」、「NOTTV」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

発表されたのは、Androidスマートフォン(スマホ)が「Xperia Z5 Premium SO-03H」および「Xperia Z5 SO-01H」、「Xperia Z5 Compact SO-02H」、「AQUOS ZETA SH-01H」、「AQUOS Compact SH-02H」、「arrows NX F-02H」、「arrows Fit F-01H」、「Galaxy Active neo SC-01H」、「Disney Mobile on docomo DM-01H」、「Nexus 5X」の10機種、Androidタブレットが「dtab d-01H」の1機種、ケータイが「P-01H」の1機種、モバイルWi-Fiルーターが「Wi-Fi STATION N-01H」の1機種と合計13機種総勢32色を投入します。なお、Android製品でAndroid 5.x(開発コード名:Lollipop)を搭載している機種は今後、最新の「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」にがんばってOSバージョンアップしていくということです。また、これまでは海外向けのOSバージョンアップから半年以上遅れることがあったがそういったことがないように期間を提供時期も早めたいとしています。

一方、サービス面では今夏に開始したXi(LTE)による音声通話「VoLTE」に続き、今年3月に開始したLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」を下り最大300Mbpsに高速化します。対応機種はAQUOS ZETA SH-01HとWi-Fi STATION N-01Hの2機種。VoLTEも海外でも使える海外対応機種が投入され、まずはじめに韓国で使えるようになります。

また、サービスでは新しくシニア層をターゲットにした旅行などのチケットが定期的に利用できる「すきじかん」を提供。スマホに変えたのに使い方がわからないという場合に向けて毎月フルカラーの雑誌も合わせて提供され、チケットのカタログだけでなく、使い方なども紹介されるということです。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、国内初の下り最大300Mbps対応スマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を発表!倍速120Hzの5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶や指紋センサーなど


NTTドコモが指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、指紋センサーを搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)を発表しています。2015年11月上旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

シャープのNTTドコモ向けハイエンドモデル「AQUOS ZETA」シリーズの最新機種で、夏モデルで前機種「AQUOS ZETA SH-03G」やさらにその前機種「AQUOS ZETA SH-01G」の約5.5インチサイズから約5.3インチサイズにやや小型化され、新たに「グリップマジック」(持つだけで画面ONや画面回転抑制、着信時の音量ダウンなど)が従来の静電センサーから近接センサーになってより使いやすくなっているとのこと。

一方、最大の特長は初の高速通信サービス「PREMIUM 4G」の下り最大300Mbpsに対応している点でしょう。今回発表された機種ではスマホでは唯一となっています。

続きを読む

NTTドコモ、3波CAの「PREMIUM 4G」で下り最大300Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01H」を発表!国内初の800MHz帯アンテナ内蔵クレードルが付属


NTTドコモが「Wi-Fi STATION N-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、次世代通信規格「LTE-Advanced」の技術要素である「キャリアアグリゲーション(CA)」の3波を束ねる3CCに対応し、下り最大300Mbpsによる国内最速通信が利用できるモバイルWi-FIルーター「Wi-Fi STATION N-01H」(NEC製)を発表しています。2016年3月上旬以降発売予定。

3CCは800MHz帯(Band 19)の10MHz幅による75Mbpsと1500MHz帯(Band 21)の15MHz幅による112.5Mbps、2100MHz帯(Band 1)の15MHz幅による112.5Mbpsを合わせ、今年11月から提供される予定で、先にスマートフォンの「AQUOS ZETA SH-01H」が発売され、Wi-Fi STATION N-01Hは対応製品としては2機種目となります。なお、上りは最大50Mbpsのまま。

有線LANポートを搭載し、装着すると本体の電波感度が向上するクレードルを同梱。クレードルは国内初800MHzアンテナ内蔵型で本体の電波を増強するということです。

続きを読む

イー・アクセス、イー・モバイルの1.7GHz帯にてCAなどを導入した下り最大300MbpsのLTE実証実験を香川県高松市で実施


下り最大300MbpsのLTE実証実験を8月22日から実施!

イー・アクセスは22日、総務省より1.7GHz帯の実験試験局の本免許を取得したため香川県高松市の一部でフィールド実証実験を2013年8月22日(水)から開始すると発表しています。

今回の実証実験では、総務省が周波数アクションプランにおいて新たに確保するとした1.7GHz帯と、隣接するイー・アクセスがすでに割当されている1.7GHz帯の周波数を「キャリア・アグリゲーション(CA)」技術によって束ね、4×4 MIMOによって下り最大300Mbpsの高速・大容量なLTEの高度化技術における通信品質や通信速度(スループット)の評価を行うとしています。

続きを読む

イー・アクセス、1.7GHz帯LTEによる下り最大300Mbpsの実証実験を実施!総務省に実験試験局免許を申請


イー・アクセスがLTEの20MHz幅4×4MIMOで下り最大300Mbps実証実験を実施!

イー・アクセスは3日、総務省に高速データ通信規格「FDD-LTE」を用いた1.7GHz帯における実験試験局の申請を行ったと発表しています。

実験では、総務省が周波数アクションプランにおいて新たに確保するとした1.7GHz帯と、隣接するイー・アクセスが現在保有し、データ通信サービス「EMOBILE LTE」で利用している割当周波数を使用し、20MHz幅で4×4MIMOによる下り最大300Mbpsの検証やキャリア・アグリゲーション(CA)などといったさらなる高速・大容量化に向けた電波伝搬特性などの確認を行う予定だとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。