S-MAX

302ZT

ソフトバンク、SoftBank向け折りたたみ型ケータイ「かんたん携帯8」を一時販売停止!ソフトウェア更新ができないため


ケータイ「かんたん携帯8」が一時販売停止!

ソフトバンクは7日、今年6月12日に発売したSoftBank向け折りたたみ型ケータイ「かんたん携帯8(型番:302ZT)」(ZTE製)の一部個体について最新ソフトウェアへの更新ができない事象が確認されたために2015年7月7日(火)の販売を一旦停止すると発表します。

かんたん携帯8は6月22日に「S!メール」の自動受信についての不具合が明らかにされ、6月30日に不具合を解消するためのソフトウェア更新が提供されていました。

今回、ソフトウェア更新ができない不具合が見つかったとして販売停止しています。なお、現在利用している人については後日別途案内するとしています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け折りたたみ型ケータイ「かんたん携帯8」を6月12日に発売!安心して1週間使えるシニアなど用


SoftBankのシニア向けケータイ「かんたん携帯8」が6月12日発売!

ソフトバンクモバイルは5日、SoftBank向け「2015年夏モデル」のうちの安心して1週間使えるシニア向け携帯電話「かんたん携帯8(型番:302ZT)」(ZTE製)を2015年6月12日(金)に発売すると発表しています。

かんたん携帯8は2015年夏モデルの発表会とは別に後日発表された従来型の携帯電話(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」)のうちの1機種。6月以降に発売予定とされていましたが、今回、正式に発売日が案内されました。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け折りたたみ型ケータイ「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」とシニア向け「かんたん携帯8」を発表


SoftBank向け折りたたみ型携帯電話2機種が発表!

ソフトバンクモバイルは22日、SoftBank向け「2015年夏モデル」のラインナップとして従来型の携帯電話(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」)を2機種開発したと発表しています。

1つは通常の3.4インチTFT液晶で文字が見やすい「COLOR LIFE 5 WATERPROOF(型番:401PM)」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)、もう1つは安心して1週間使えるシニア向け携帯電話「かんたん携帯8(型番:302ZT)」(ZTE製)。

COLOR LIFE 5 WATERPROOFは2015年5月29日(金)に、かんたん携帯8を6月以降に発売するということです。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け国内初のLTE対応Android搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を発表!6300mAh電池搭載で外部バッテリーとしても利用可能


ソフトバンクがLTE対応Android搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を発表!

ソフトバンクモバイルは19日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015夏モデル新商品発表会」を都内で10時から開催し、SoftBank向け国内初のLTE対応Android搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」(ZTE製)を発表しています。2015年9月以降に発売開始予定。

モバイルシアターはSoftBank 4G LTE(FDD-LTE方式)およびSoftBank 4G(AXGP方式)に対応し、Android 4.4.4(開発コード名:KitKat)を採用したモバイルデバイスで、最大120インチのサイズで投影可能な高性能モバイルプロジェクターとして利用できるほか、モバイルWi-Fiルーターとしても利用できる多機能製品です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。