S-MAX

3d

ワニワニパニック風で懐かしいさも味わえる!ドキドキ、ハラハラ!3Dグラフィックのワニに食べられないようにしよう!「ワニの歯科医!! 3D」【Androidアプリ】

5538bcac.jpg

攻略法はない!直感を信じよう!

子供の頃、ワニのおもちゃで1度は遊んだことがある記憶があるのではないでしょうか。
大きく開いた口に指を入れ、鋭い歯をポチポチと押していくと・・・。

ガブッ!と指が食べられてしまうおもちゃ。

大人になってからもおもちゃ屋さんで見かけるとついつい、その口に指をいれてしまう方も多いのでは?

今回紹介するAndroid向けアプリは子供の頃夢中で遊んだおもちゃをスマホで遊ぶことができる「ワニの歯科医!! 3D」です。

1人で遊んでもよし!友達と罰ゲームなどでワイワイ遊んでもよし!

それでは、3Dに進化したワニのゲームを紹介していきたいと思います!

続きを読む

格好いいグラフィックと音楽でブロック崩し「3Dブロック崩し アルテミス(無料)」【Androidアプリ】

70ab3f66.jpg

テニス?スカッシュ?いいえ、ブロック崩しです。

爽快感のあるブロック崩しゲームはいかがですか?

今回紹介するAndroid向けアプリ「アルテミス」は3Dブロック崩しですが、キャラクターの視点がテニスやスカッシュのようになっていて、新感覚なパズルアクションゲームです。

では、さっそくどういったゲームなのか紹介したいと思います。

続きを読む

富士通研究所、普通のスマホやケータイで3D撮影を可能にする技術を開発

926dbe4d.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

富士通研究所は26日、既存の携帯電話やスマートフォンなどのカメラ付き端末で3D映像を撮影できる技術を開発したと発表しています。

小型で安価なアタッチメントを既存の携帯電話やスマートフォンのカメラの前に取り付け、撮影した映像をクラウドで3D映像へ変換処理することで3D映像の撮影を可能にする技術です。

アタッチメントさえ入手すれば、3D非対応の機器にて3D映像の撮影が可能となります。

続きを読む

裸眼3D表示やツインカメラ3D撮影に対応!WiMAXやデュアルコアに対応したau向けAndroidスマートフォン「HTC EVO 3D ISW12HT」を写真でチェック【レポート】

c0cb97ec.jpg

HTC EVO 3Dがauから登場!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは、9月26日、2011年秋から冬にかけて発売する予定の新モデル「2011年秋冬モデル」の発表会を行い、Android 2.3.4(開発コード名:Gingerbread)を搭載したHTC製スマートフォン「HTC EVO 3D ISW12HT」を発表しました。すでに明日7日に発売予定となっています。

今回は、このモバイルWiMAXやデュアルコアCPU、裸眼3D表示やツインカメラ3D撮影に対応したスマートフォンHTC EVO 3D ISW12HTについて、発表会の展示会場において撮影した写真によるレポートを行いたいと思います。

続きを読む

ヤフーとソフトバンク、Androidスマートフォン「Yahoo! Phone」を9月9日から予約受付開始

8c858e39.jpg


ヤフーおよびソフトバンクモバイルは、1日、Android 2.3(開発コード名:Honeycomb)を搭載したYahooブランドのスマートフォン「Yahoo! Phone(SoftBank 009SH Y)」について2011年9月9日(金)から事前予約を開始することを発表しています。発表以来、大きな反響があったとのことです。

また、すでに発表されている2つの特典「Yahoo!ショッピングなどで付与されるYahoo!ポイントが2年間、最大で10倍になる」および「Yahoo!プレミアム会員費(月額346円)が2年間無料」に加えて、新しい購入特典も発表されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。