S-MAX

4x4MIMO

ソフトバンク、据置型高速無線サービス「SoftBank Air」を今年12月以降にCAと4×4 MIMOで下り最大261Mbpsに高速化!ファーウェイ製ルーター「Air ターミナル 2」を発売予定


SoftBank Airが下り最大261Mbpsに高速化!

ソフトバンクは8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、据え置き型無線LAN(Wi-Fi)ルーター「SoftBank Air」にて下り最大261Mbpsに対応する「Air ターミナル 2」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売時期は2015年12月以降を予定。

これにより、高速通信サービス「SoftBank 4G」(TD-LTE互換AXGP方式)によるSoftBank Airにてキャリアアグリゲーション(CA)と4×4 MIMOによって下り最大261Mbpsおよび上り最大10Mbpsの高速通信が利用できるようになります。

続きを読む

世界初の4×4 MIMOで国内最速下り最大220MbpsのWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX01」を試す!まずは5GHzに対応させ、既存機種と速度比較【レビュー】


下り最大220MbpsのWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX01」をチェック!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が発売した世界初の4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)によって現時点では国内最速の下り最大220Mbpsで利用できる高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX01」(NECプラットフォームズ製)。

発売日はパールホワイトが先週3月5日(木)、ディープブルーが昨日3月12日(木)で、販売価格は公式Webストア「UQ WiMAXオンランショップ」では2年契約に加入しておトク割提供時で単体で2,800円、クレードルセットで4,800円でしたが、発売記念セールでそれぞれ800円および2,800円となっており、既存のWiMAXサービス(WiMAX 2+サービスは含まず)を利用しているユーザー向けの「WiMAX 2+史上最大のタダ替え大作戦」の対象です。

今回、このSpeed Wi-Fi NEXT WX01を手に入れましたので、まずは簡単にパッケージと屋内だけでなく屋外における5GHz帯の無線LAN(Wi-Fi)で利用する方法、そして、簡単に既存機種と速度測定の比較をしてみましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。