S-MAX

5GHz

UQのWiMAX 2+初の屋外5GHz帯対応!モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」の5GHz帯の仕様についてチェックーー屋内・屋外のポップアップ表示条件など【レポート】


shimajiro@mobiler

先月末に発売された新しいUQコミュニケーションズの高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」(ファーウェイ・ジャパン製)。

WiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大220Mbpsに対応することがクローズアップされていますが、他にもWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターとしては初の屋外における5GHz帯の無線LAN(Wi-Fi)に対応した製品となっています。

今回はそんなSpeed Wi-Fi NEXT W01の5GHz帯Wi-Fiを有効にした際の仕様について紹介する。

続きを読む

NTTドコモとファーウェイ、無線LAN向け5GHzアンライセンス周波数帯におけるLTE通信の実験に成功!無線LANとLTEを共存させ、より高速通信が可能に

m

NTTドコモが無線LANとLTEを共存させることでより高速通信が可能に!

NTTドコモは21日、ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:Huawei)とDOCOMO Beijing Communications Laboratories(以下、ドコモ北京研究所)との共同実験で、無線LAN(Wi-Fi)などで使われている5GHzのアンライセンス周波数帯で「LTE」の通信に成功したと発表しています。

NTTドコモでは割り当てられていないアンライセンス周波数帯でLTEを利用可能にする技術である「Licensed Assisted Access using LTE(以下、LAA)」の有効性を確認するために、2014年2月からファーウェイの北京研究所で実験を実施してきましたが、今回、5GHz帯を用いたLAAの屋内での実験において従来の無線LAN規格のひとつである「IEEE802.11n」と比較して、約1.6倍の通信容量の向上を確認し、LTEおよび今年度中に提供開始を予定している「LTE-Advanced」に有用な技術になることを確認したということです。

これにより、将来、LTEおよびLTE-Advancedと、無線LANを共存させつつ、5GHz帯を補完的にLTEによる通信に利用することができれば、より高速で快適なデータ通信が実現できるようになるとしています。

続きを読む

NTTドコモ初の屋外でも5GHz帯の無線LANが使えるモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01F」を2.4GHzと5GHzで切り替えてスピードテストをしてみた【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモのモバイルWi-Fiルーターとしては初めて“屋外”でも5GHz帯の無線LAN(Wi-Fi)が利用可能になったファーウェイ製「Wi-Fi STATION HW-01F」(以下、HW-01F)。

今回は、このHW-01Fを使って、周波数帯域的にも余裕がある5GHzに無線LAN設定をした場合と2.4GHzにした場合で速度測定サイト「Speedtest.net」にて通信速度測定(スピードテスト)を行い、どの程度違いがあるのか確かめてみたので紹介したいと思う。上記写真はHW-01FのWi-Fiで5GHzを有効にしたところ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。