モトローラが5G ReadyなMoto Mods対応の新スマホ「Moto Z3」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは2日(現地時間)、拡張機能「Moto Mods」に対応した新しいアスペクト比9:18の約6.01インチフルHD+(1080×2160ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Moto Z3(Moto Z 第3世代)」および第5世代移動通信システム(5G)に対応した「5G Moto Mod」を発表しています。

同社の最上位シリーズ「Moto Z」の最新機種で、同シリーズでは日本でも発売された初代Moto Zに続いてとなり、最大の特徴は“5G Ready”を謳った5G Moto Modを装着することで5Gに対応するところとなります。一方でチップセット(SoC)が昨年のハイエンド向け「Qualcomm Snapdragon 835」となっていたりします。

まずはアメリカにて2018年8月16日(木)にVerizonより発売され、価格は24回分割払いで月々20ドルの総額480ドル(約53,000円)で、さらにより5Gへ移行しやすくするようにすでに使っている機種からのアップグレードで交換すると300ドル(約33,000円)となっています。一方、5G Moto Modは2019年初頭にアメリカにて発売される予定。

現時点ではどちらも日本への投入については不明ですが、これまでにもMoto Zが販売されているだけにMoto Z3については日本での発売も期待されます。なお、Verizon向けのMoto Z3についても日本で使われている4G(LTE)のBand 18やBand 19などに対応しています。

続きを読む