S-MAX

6.4インチ

話題の6.4インチファブレット「Xperia Z Ultra」のau版とWi-Fi版は何が違う?製品版比較レビュー第1回:付属品の違いをチェック【レビュー】

XZU_01_01
グローバル版に加え、国内発売開始になったばかりのau版とWi-Fi版を購入!

海外での発売から遅れること約半年、日本国内でも1月24日(金)にWi-Fi版となる「Xperia Z Ultra SGP412JP」(以下、SGP412JP)が、翌25日(土)にau版となる「Xperia Z Ultra SOL24」(以下、SOL24)が発売開始となったソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製ファブレット「Xperia Z Ultra」ですが、筆者も発売に合わせてWi-Fi版(Wi-Fi版は通話機能がないためファブレットではなくソニーでも「タブレット」に属するとしています)とau版ともに購入しました。

せっかく、Wi-Fi版とau版の両方を購入したので、数回に分けて両製品の違いをレビューしていきたいと思います。初回となる今回は、まずは付属品の違いについてチェックします。では、さっそく紹介していきたいと思います。

続きを読む

ソニー、6.4インチフルHD液晶搭載タブレット「Xperia Z Ultra SGP412JP」を発表!5万1800円で1月24日発売


ソニーが6.4インチタブレット「Xperia Z Ultra SGP412JP」を発売!

ソニーは22日、タブレットの新商品「Xperia Z Ultra」のWi-Fiモデル「Xperia Z Ultra SGP412JP」を発表しています。2014年1月24日(金)に発売し、価格はオープンながら市場予想価格は51,800円(初出で家電量販店などでは54,800円ということでしたが、ソニーストアでは51,800円となっているため変更しました)。

Xperia Z Ultraは、同日、KDDIからau向け「Xperia Z Ultra SOL24」も発表され、1月25日(土)に発売されますが、Wi-Fiモデルは3GやLTEといった携帯電話ネットワークに対応しないほか、au向けに搭載されているFelicaや赤外線通信、ワンセグ、フルセグといった国内向け機能が搭載されていません。

ただし、基本仕様は同じとなっており、約6.4インチフルHD(1080×1920ドット)液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)を搭載しながら、世界最薄約6.5mm、約212gの軽量な筐体で持ち運びに便利なデザインが特徴の機種となっています。

また、防水(IPX5およびIPX8相当)および防塵(IP5X相当)性能を実現し、屋外・屋内のさまざまなシーンで使用できるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。