S-MAX

603SI

ソフトバンク、Y!mobile向けストレート型ケータイ「Simply 603SI」を8月10日に発売!VoLTE対応のシンプルな小型軽量モデルで、PHSからの乗り換えを促進


ワイモバイル向けシンプルケータイ「Simply」を8月10日に発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は3日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2017年夏モデル」のうちのストレート型シンプルケータイ「Simply(型番:603SI)」(セイコーソリューションズ製)を2017年8月10日(木)に発売すると発表しています。

また発売に先立ってワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」では8月4日(金)より事前予約受付を実施するとのこと。

価格はオンラインストアでは本体価格(税込)が23,868円(頭金540円+分割972円/月×24回)、月額割引を引いた実質負担額は新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら540円、機種変更なら10,908円(頭金540円+分割432円/月×24回)となっています。

続きを読む

「The 電話」がキャッチフレーズの通話に特化したY!mobile向けストレートケータイ「Simply 603SI」を写真で紹介!VoLTE&HD Voice(3G)対応でクリアな音質を実現【レポート】


話に特化したストレートタイプのケータイ「Simply 603SI」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに新しいセイコーソリューションズ製ストレート型ケータイ「Simply(シンプリー)」(型番:603SI)を2017年8月上旬以降に発売すると発表しました。

スマートフォン(スマホ)のような高機能性はないものの扱い易さから一定の人気を持つストレートタイプのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)で、AndroidをベースとしたOSが採用されています。発売までは若干の期間がありますが、発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けストレート型ケータイ「Simply 603SI」を発表!VoLTE対応のシンプルな小型軽量モデルで、8月上旬に発売予定――PHSからの乗り換えを促進


ワイモバイル向けケータイ「Simply 603SI」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに新しいセイコーソリューションズ製ストレート型ケータイ「Simply(シンプリー)」(型番:603SI)を発表しています。

Androidベースのフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)で、高音質通話サービス「VoLTE」や「HD Voice(3G)」に対応し、「The 電話」をコンセプトに開発したシンプルで持ちやすく、使いやすい久しぶりのストレートタイプとなっています。

発売時期は2017年8月上旬以降を予定し、ワイモバイルショップなどの店頭や公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施する見込み。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けにVoLTE対応ストレート型ケータイ「603SI」を発表!今夏以降に発売予定で、OSはAndroidをベースに


ワイモバイルからストレート型ケータイ「603SI」が今夏登場へ!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、携帯電話ブランド「Y!mobile」向けにシンプルを追求したストレート型ケータイ「603SI」(セイコーソリューションズ製)を発表しています。

詳細は明らかにされていませんが、2017年夏以降に発売予定。Y!mobileではPHSも販売していますが、603SIはPHSには対応せず、OSにAndroidをベースにし、高速通信サービス「4G LTE」や高音質通話サービス「VoLTE」に対応しているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。