S-MAX

801SH

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero」と高コスパスマホ「Android One S5」を12月21日に発売!価格は税込で9万9840円と3万720円に


ソフトバンクがシャープ製スマホ「AQUOS zero」と「Android One S5」を12月21日発売!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018-2019冬春モデル」のうちのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」およびエントリースマホ「Android One S5」(ともにシャープ製)を2018年12月21日(金)に発売すると発表しています。

すでに両機種ともに発売に先立って12月14日より予約受付をソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて実施しており、価格は本体価格(税込)がAQUOS zeroが99,840円、Android One S5が30,720円となっています。

なお、SoftBankでは新規契約および他社から乗り換え(MNP)では分離プランの「ウルトラギガモンスター+」などしか選択できなくなっているので「月月割」は付かないほか、機種変更においても2019年1月31日(木)以降は「通話定額プラン」および「通話定額ライトプラン」、「ホワイトプラン」といった既存プランを継続しても月月割が付かないのでご注意ください。

またソフトバンク コマース&サービスでは公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」にてAQUOS zeroおよびAndroid One S5の周辺機器を発売に合わせて販売します。その他、AQUOS zeroは日本ではSoftBankのみが取り扱いをし、Android One S5はSoftBank以外にも「Y!mobile」からも同じく12月21日に販売されます。

続きを読む

シャープ初の有機ELスマホ「AQUOS zero」を写真と動画で紹介!日本ではSoftBankからのみ販売。軽さを武器にゲーミングやエンターテイメント分野に訴求【レポート】


液晶のシャープ初の有機ELパネルを搭載したスマホ「AQUOS zero」を写真と動画でチェック!

既報通り、シャープは3日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、同社初となる有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」を発表した。

またソフトバンクは11日、SoftBank向け「2018年冬モデル」としてAQUOS zeroを12月上旬に発売すると発表し、同社では「国内での『AQUOS zero』の取り扱いは“ソフトバンク”のみ」と告知している。

従来のシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」シリーズとは異なる新しいコンセプトのハイエンドAQUOSスマホだけに、NTTドコモやauの利用者も気になるところだろう。なお、シャープでは両社にも提案はしたとのことだが、採用には至らなかったようだ。

今回はそんな自社製有機ELパネルで薄さと軽さを武器とするAQUOS zeroについてシャープの発表会で実際に実機をタッチ&トライしてきたのでプレゼンテーションの内容も含めて写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。