S-MAX

902ZT

コスパに優れたSnapdragon 865搭載のSoftBankスマホ「ZTE Axon 10 Pro 5G」をチェック!外観や基本機能などを紹介【レビュー】


SoftBankから発売されたハイエンドスマホ「ZTE Axon 10 Pro 5G」を紹介!

ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて3月27日に「5G(第5世代移動通信システム)」の商用サービスを開始し、合わせて5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G(型番:908SH)」(シャープ製)および「Axon 10 Pro 5G(型番:902ZT)」(ZTE製)を発売した。

このうちのAxon 10 Pro 5Gはチップセット(SoC)にQualcomm製のハイエンド向け「Snapdragon 865 5G mobile platform」を搭載しながら販売価格が発売時に89,280円(金額はすべて税込)とコストパフォーマンスに優れており、さらにすでに72,720円に値下げされた。

主なスペックは約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)有機ELディスプレイ、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大2TB)などで、5GだけでなくWi-Fi 6(IEEE802.11ax)にも対応する。

またリアカメラも約4800万画素CMOS+約2000万画素CMOS+約800万画素CMOSのトリプルカメラ、フロントカメラは約2000万画素CMOSを搭載する。なお、日本向けのおサイフケータイ(FeliCa)やフルセグ・ワンセグ、防水・防塵には非対応だ。

その他の詳細な製品仕様は『ソフトバンク、SoftBank向け5Gスマホ「ZTE Axon 10 Pro 5G」を発表!3月27日発売、3月6日予約開始で、価格は8万9280円 - S-MAX』を参照して欲しい。今回はそんな5G対応スマホとしては比較的手頃な価格で手に入るAxon 10 Pro 5Gの外観や使い勝手を中心に写真を交えて紹介したいと思う。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け5Gスマホ「ZTE Axon 10 Pro 5G」を発表!3月27日発売、3月6日予約開始で、価格は8万9280円


SoftBank 5G対応スマホ「ZTE Axon 10 5G」が登場!3月27日発売

既報通り、ソフトバンクは5日、オンラインにて「SoftBank 5G 新商品・新サービスに関する発表会」を開催し、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応のハイエンドスマートフォン(スマホ)「ZTE Axon 10 Pro 5G(型番:902ZT)」(ZTE製)を発表しています。

発売日は2020年3月27日(金)で、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて3月6日(金)から事前予約受付が実施されます。価格(税込)はソフトバンクオンラインショップなどでは89,280円(分割1,860円/月×48回)となっています。

また新たに3月27日から提供される端末購入サポートプログラム「トクするサポート+(プラス)」の対象機種で、特典Aを適用して25ヵ月目に買い替えた場合の負担額は1,860円/月×24回(44,640円)。その他、購入した人に先着でVRゴーグル「pico U Lite」をプレゼントする「5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン」や専用Webページ( https://www.axon10pro-cp.com/ )から応募した人全員にPayPayボーナス最大10,000円相当をプレゼントするキャンペーンが実施されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。