S-MAX

A500

【年末企画】2011年に購入したスマートフォンでいろいろ振り返って私が薦めるベストバイはこれだ!(元ケータイ販売員・2106bpm編)

c60e73a2.jpg
側面でなんの機種か分かります?

今年もやって参りました年の瀬ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?一年経ってますます掃除と文章を書くことが苦手になっている2106bpm(Tsutomu-bpm)ですorz...

昨年に引き続き年末企画として今年の振り返りをしたいと思いますが、昨年以上に発表会などに顔を出すことが少なくなったため、お姉さんで振り返るのは困難を極め、急遽私が今年購入したデバイスを紹介しながら振り返ってみたいと思います。私としてはこの2011年は色々なデバイスに手を出した一年でした。要因はいくつかあるのですが、その辺りも含め色々と書いていきたいと思います。

昨年同様、いつもの記事とは違い緩い感じで書いていきます。多分この記事を読んでいる人は暇だと思うので最後まできっちり読んでくださいw

続きを読む

Android 3.2を搭載した日本エイサーの7インチタブレット 「ICONIA TAB A100」を写真でチェック【レビュー】

765bc792.jpg

acerの7インチタブレット「ICONIA TAB A100」が発売!

既報の通り、25日から予約販売の開始を行っている日本エイサーの「ICONIA TAB(アイコニア・タブ) A100」(以下、A100)が11月下旬から販売が開始される。発売に先立ち大手量販店では店頭に実機を展示して予約を受け付けている。

今月12日(水)~14日(金)までの間、東京ビックサイトで開催された「ITpro EXPO 2011」の展示会場内に設けられた「スマートデバイス時代のモバイル活用 パビリオン」において、同タブレットが展示されていたので、写真を中心に外観や基本スペックなどを紹介する。

続きを読む

日本エイサーのAndroidタブレット「ICONIA TAB A500-10S16」の専用ソフトレザーケース「IS-PULC-ITA5」を試す【レビュー】

3dce50bf.jpg

acerの「ICONIA TAB A500」専用ケースを試してみた!

日本エイサーから発売されている「ICONIA TAB(アイコニア・タブ) A500-10S16」(以下、ICONIA TAB)の専用ソフトレザーケース「IS-PULC-ITA5シリーズ」(アイ・オー・データ機器製)を試してみたのでレビューをお届けする。

ICONIA TABはメーカー純正の専用ケースが用意されていないため、専用ケースが必要な場合はサードパーティ製のケースを別途購入することになる。しかし、ICONIA TABの専用ケースは非常にラインナップが少なく、大型の量販店であってもほとんど見かけることがない。しかも、スタンドにもなるソフトレザーケースはメーカー希望小売価格が6,000円弱するなど購入に躊躇してしまう価格帯であることもネックだ。

とは言え、せっかくのタブレットPCを持ち歩きたいし、スタンド式の専用ケースで文字の入力もしやすくしたい。さらにおしゃれなケースを使ってみたいといったユーザーにもオススメできるのが今回紹介する「IS-PULC-ITA5シリーズ」だ。

続きを読む

100均で買えるスマートフォンスタンドが凄まじく便利!山田化学のスマートフォンに対応した「携帯電話スタンド」【レビュー】

e61297b1.jpg

安くてシンプルで絶妙な使い心地の携帯電話スタンド!

既存モデルではフルタッチパネルでの操作が中心のスマートフォンだが、ケータイからスマートフォンに乗り換えた場合、デスク上でのスマートフォンの扱いに最初は少なからず違和感を覚えるだろう。

これまで折りたたみタイプのケータイを使っていたユーザーは端末を90度に開いてデスクに置きながら操作をすることができた。さらに、卓上ホルダ(充電台)が端末毎に用意されていたので、必要であれば購入して卓上ホルダにケータイをセットし、充電しながら操作するなどということも可能であった。

しかし、スマートフォンは一部の防水モデルを除いてほとんどが卓上ホルダやクレードルは同梱されておらず、そもそも機種毎に用意されていない。ストレートタイプのフルタッチ操作といった形状から、デスク上で操作するには端末を寝かせて画面を覗き見るような感覚で操作しないといけない。そのままだと操作がし辛いので結局手を空けて端末を持って操作するといった具合に不便さを感じるユーザーもいるのではないだろうか。

そこで今回は、スマートフォンサイズに対応した携帯電話スタンドを紹介する。

続きを読む

日本エイサーの激安タブレット「ICONIA TAB A500-10S16」をAndroid 3.1へアップデートしてみた!フォント変更で日本語漢字表示も改善【レビュー】

ca4bfad4.jpg

acerの「ICONIA TAB A500」をアップデートしよう!

7/1(金)に日本エイサーから発売された「ICONIA TAB(アイコニア・タブ) A500-10S16」(以下、ICONIA TAB)は、OS(基本ソフト)にAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載したタブレットPCだ。Android 3.1へのアップデートが一旦延期されたが、8/9(火)から正式にOTA配信が開始されているので、アップデートの操作方法および主な変更点を紹介する。

続きを読む

Acer、ICONIA Tab A500のAndroid 3.1へのバージョンアップ提供を延期へ

39aac37f.jpg

バージョンアップが延期に……。

日本エイサーは、2日、Android 3.0(開発コード名:Honeycom)を搭載した10.1インチタブレット「ICONIA Tab A500」に最新バージョンのAndroid 3.1へのOSバージョンアップを実施するソフトウェア更新を8月2日(火)から提供する予定でしたが、ソフトウェア関連の不具合が発見されたため急遽延期することにしたとお知らせしています。

続きを読む

Acer、ICONIA Tab A500にAndroid 3.1へのバージョンアップを実施!ドックなども発売

8cfa40b6.jpg

ICONIA Tab A500がAndroid 3.1へ!

日本エイサーは、1日、Android 3.0(開発コード名:Honeycom)を搭載した10.1インチタブレット「ICONIA Tab A500」に最新バージョンのAndroid 3.1へのOSバージョンアップを実施するソフトウェア更新を8月2日(火)から提供することをお知らせしています。

また、ICONIA Tab A500に対応したドッキングステーションやACアダプターを8月5日(金)に発売することもお知らせしています。

続きを読む

Android 3.0を搭載した日本エイサーの激安タブレットPC 「ICONIA TAB A500-10S16」の外観や同梱アクセサリを徹底チェック!【レビュー】

17634f4d.jpg

遂に発売されたacerの「ICONIA TAB A500」をチェック!

7/1(金)に日本エイサーから発売された「ICONIA TAB(アイコニア・タブ) A500-10S16」は、OS(基本ソフト)にAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載したタブレットPCだ。

NTTドコモから発売されている「Optimus Pad L-06C」(LG Electronics Japan製)や、auから発売されている「XOOM Wi-Fi TBi11M」(モトローラ製)のようにキャリア(通信事業者)からの販売ではなく、メーカーから販売されている。そのため、インターネットへの通信は無線LANで行い、また本体の価格も非常に安価に設定されている。

XOOMも3G通信機能は搭載されていないが、auのモバイルルータとのセット販売が一般的なため、結局はauとの契約が必要で、もし単品で購入したとしても本体価格が60,000円以上する。しかし、ICONIA TAB A500は発売当初の価格は39,800円と驚くべき安さを実現している。今回は、そんなICONIA TAB A500の外観や基本スペックなどを紹介する。

続きを読む

日本エイサー、Android 3.0搭載10.1インチタブレット「ICONIA TAB A500」を国内で7月上旬以降に発売

0a67581d.jpg

AcerのTegra 2搭載タブレットが39800円で登場!

日本エイサーは、15日、Android 3.0(開発コード名:Honeycomb)を搭載した10.1インチタブレット「ICONIA TAB A500」を国内で販売すると発表しています。2011年6月15日(水)から予約を開始しており、7月上旬~中旬頃に発売開始するとのこと。価格が39800円となっています。

ICONIA TAB A500は、Androidのタブレット用バージョン「Android 3.0 Honeycom」を搭載したタブレットデバイスで、3Gを搭載せず、無線LAN(802.11b/g/n準拠)による通信を行うモデルとなります。ディスプレイが10.1インチの1280×800ドットマルチタッチ対応静電容量式タッチパネル液晶、CPUがNVIDIA Tegra 2 1GHz、本体メモリがSSD16GB/RAM1GBといったスペックとなります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。