S-MAX

A500KL

みんな気になる!?超優良コストパフォーマンスな最新SIMフリースマホ「ZenFone 2 ZE551ML」をベンチマークで性能チェック【レビュー】


性能怪獣スマホ「ZenFone 2」のその性能をベンチマークで確かめた!

日本でも先週5月16日(土)についに発売されたSIMフリーなASUSTeK Computer(以下、ASUS)製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)の「ZenFone 2(型番:ZE551ML)」。

なお、最上位モデルの4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ(eMMC)のモデルや全モデルのブラックは発売が延期されて6月中旬以降を予定。

価格はASUS JAPAN公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では4GB RAM+64GB eMMCモデルが50,800円、4GB RAM+32GB eMMCモデルが45,800円、2GB RAM+32GB eMMCモデルが35,800円。価格はすべて税抜。

ZenFone 2は低価格で人気となった前機種「ZenFone 5(型番:A500KL)」と比べると価格は少し高くなりましたが、その分性能は高くなっており、スペック比でのコストパフォーマンスの良さは引き継いでいます。

そこで、今回はZenFone 2の筆者が購入した4GB RAMおよび32GB eMMCモデルをベンチマークアプリで性能を計測し、前モデルのZenFone 5と比較してみたいと思います。

続きを読む

ASUS、人気スマホ「ZenFone 5 A500KL」の台湾版LTEモデルにAndroid 5.x LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!日本版はまだ


台湾ではZenFone 5 A500KLにAndroid 5.x Lollipopが提供開始!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は29日(現地時間)、昨年のフラッグシップスマートフォン(スマホ)で日本でも低価格ながらそれなりに使える性能で人気となった「ZenFone 5(型番:A500KL)」の台湾版LTEモデル向けに最新プラットフォーム「Android 5.x(開発コード名:Lollipop)」にOSバージョンアップするソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

ファームウェアのバージョンは「TW_12.4.5.21(V12.4.5.21 for TW SKU)」で、ファームウェアのファイルサイズは819.44MB。

まずはお膝元の台湾向けということですが、日本向けもAndroid 5.x Lollipopにアップデートしてくれることを期待しています。

続きを読む

ハイホー、NTTドコモのMVNOによる通信サービスとSIMフリースマホ「ZenFone 5」をセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with ZenFone 5【LTE】」を12月1日に提供開始


hi-hoもSIMカードとZenFone 5のセット販売を開始!

ハイホーは25日、同社が運営するインターネット接続サービス「hi-ho」にてASUS JAPANが提供する最新SIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 5(型番:A500KL)」と携帯電話サービス「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート」のSIMカードがセットになった「hi-ho LTE typeD ミニマムスタートwith ZenFone 5 【LTE】」を2014年12月1日(月)に提供開始すると発表しています。

hi-ho LTE typeD ミニマムスタートはNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービスで月当たり2GBまでのデータ通信量がバンドルチャージされており、データ通信のみなら月額933円、音声通話対応なら月額1,633円などで利用できます。

今回提供されるセットではZenFone 5(ブラック)の16GB版を月額1,047円×24回(総額25,128円)で提供され、2年間は合計月額1,980円~2,680円となります。なお、チャージがある場合は速度制限がなく、下り最大150Mbpsで通信可能ですが、チャージがないときには最大200Kbpsに速度制限が実施されます。

続きを読む

ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 5」を使いはじめてから2週間の印象を紹介!操作感はサクサクだけどカメラがイマイチ【レビュー】


shimajiro@mobiler

ASUS JAPANから日本国内にて今月8日に発売されたSIMフリーのASUSTeK Computer(以下、ASUS)製スマートフォン(スマホ)の「ZenFone 5(型番:A500KL)」。購入後に使いはじめてから約2週間が経過するので、これまでの間で感じたことをレビューとして紹介する。

一言で言えば3万円前後(16GB版)で買えるSIMフリースマホとしては非常にコストパフォーマンスが高く、国内だけでなく海外でも使えるSIMフリーモデルを格安で運用したいという場合にオススメできる一台だと感じた。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。