S-MAX

AI

ソニーモバイルのAIコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」体験会を写真と動画で紹介!人と人とをつなぐ「道具」に特化した戦略と今後の展開を解説【レポート】


ソニーモバイルのAIコミュニケーションロボット「Xperia Hello」体験会レポート!

既報通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は17日、都内にて「スマートプロダクトの新製品に関する体験会」を開催し、音声認識型コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表しました。発売予定日は2017年11月18日(土)、価格はオープン価格ながらも希望小売価格および「ソニーストアicon」で149,880(税別)となっています。

スマートフォン(スマホ)などでの音声認識技術による検索機能や生活サポート機能に端を発する音声アシスタント技術は現在、Googleの「Google Home」やAmazonの「Amazon Echo」、LINEの「Clova WAVE」、そしてAppleの「HomePod」など、さまざまな製品やプロダクトを生み出しつつあります。

今回発表されたXperia Hello!もまた、これら音声アシスタント技術を活かしたプロダクトに分類されるであろう製品であり、一般的に「AIスピーカー」や「スマートスピーカー」と呼ばれる製品の一群と捉えられることが多くあります。

一方で今回の発表会では、Xperia Hello!をこういった単なるAIスピーカーやスマートスピーカーの分類に区分させたくないという同社の思惑も多分に読み取れました。同社はこの製品をどのように位置付けし、どう活用させていく戦略なのでしょうか。本発表会の模様やXperia Hello!の仕様を追いつつその戦略について解説・考察します。

なお、本製品の詳細な性能や機能についてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

ソニーがスマートコミュニケーションロボット「Xperia Hello! G1209」を発表!11月18日発売で、価格は約16万円ーー話しかけるだけでなく、自主的にアシストしてくれる


ソニーがスマートコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発売!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は17日、都内にて「スマートプロダクトの新商品体験会」を開催し、家族一人ひとりを認識して自ら話しかけることで日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット「Xperia Hello!(型番:G1209)」を2017年11月18日(土)に発売すると発表しています。

発売に先立って本日10月17日(火)より公式Webストア「ソニーストアicon」などにて事前予約受付を開始し、価格はオープンながら希望小売価格およびソニーストアで149,880(税別)。

自宅にいる家族に連絡したり伝言を残すことができるほか、外出先からスマートフォン(スマホ)で連絡をすると、リビングなどの様子を撮影して状況をお知らせできるほか、日々の生活に必要なニュースや情報などを家族一人ひとりに向けて能動的に話しかけてくれます。

また家族との会話の中で「嬉しい」や「すねる」などの感情を本体上部に設けた目の役割を果たすランプと本体の動きで可愛らしく表現し、あたかも“家族の一員”のように家庭内での会話を促したり、家族を見守る安心感や生活情報を提供するなど、日々の暮らしをアシストします。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2017:ロボット遠隔操作技術「テレイグジスタンス」やIoTと5Gを活用した「コネクティッドAR」などを展示したKDDIブースを写真と動画で紹介【レポート】


CEATEC JAPAN 2017に出展したKDDIブースを紹介!

千葉県・幕張メッセにて2017年10月3日から6日までの3日間に渡って開催されたエレクトロニクスとITテクノロジーの展示会「CEATEC JAPAN 2017」にKDDIが出展し、遠隔モーショントレース技術「テレイグジスタンス」の実演やIoT機器を映像情報と関連させ直感的な情報利用を可能とする「コネクティッドAR」など、KDDIが推し進める5G技術を活用した複数の新技術の展示が行われました。

KDDIをはじめ、NTTドコモやソフトバンクなどの大手移動体通信事業者(MNO)は、次世代の通信規格となる「5G」の技術的確立とその実用化を最大の焦点として研究開発を行っていますが、その中でもKDDIは5Gの活用技術に積極的に投資している印象があります。

今回の展示でもアンテナ技術や5Gそのものの応用例ではなくデバイスを中心とした展示となっており、5Gは飽くまでも「高速応答性」や「大容量通信」のための1つの手段といった内容でした。

KDDIがめざす5Gの世界とはどういったものなのでしょうか。展示ブースの模様をテレイグジスタンスやコネクティッドARの解説を中心に写真と動画にて紹介します。

続きを読む

本日発売!GoogleのAI搭載スマートスピーカー「Google Home」をさっそく購入&開封――手のひらサイズで置き場所を選ばない優等生【レビュー】


手のひらサイズのAIスピーカー「Google Home」を購入したので紹介!

既報通り、グーグルが本日10月6日に同社が開発するAI(人工知能)を利用した音声アシストサービス「Google アシスタント」を搭載したスマートスピーカー「Google Home」を日本市場向けにも発売しました。Google Homeは音楽配信サービス「Google Play Music」や「Spotify」などを用いた音楽再生、天気予報、予定の確認およびタイマー設定などの多彩な機能を有しています。

気になる本体価格は14,800円(税別、以下同)で、直営の「Google ストア」のほか、家電量販店などですでに販売が開始されています。なお、ビックカメラを始めとした一部の家電量販店では発売に合わせたキャンペーンを行っており、今であれば実質的に通常価格よりもさらに安価で購入も可能となっています。

今回、筆者もこのキャンペーンを活用して10,000円で購入しましたので、さっそく盛り上がってきているスマートスピーカーの代表格でもあるGoogle Homeの開封の儀を執り行い、外観を写真で紹介したいと思います。

続きを読む

LINEアプリとの連携や会話モードにも対応!AIアシスタント「Clova」搭載のスマートスピーカー「WAVE」が正式発売――radikoや駅すぱあとなどと連携で経路検索や運行情報なども提供へ


LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」が正式販売開始!

LINE Corp.は5日、AI(人工知能)を活用した音声アシストサービス「Clova」( https://clova.ai/ja )を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」を2017年10月5日(木)15時より正式に発売したと発表しています。WAVEは先行版が7月に発売され、8月に発送されていましたが、ようやく正式版となります。

価格はWAVE本体が14,000円ですが、正式発売記念キャンペーンでWAVE本体と音楽配信サービス「LINE MUSIC」の12ヶ月聴き放題「プレミアムプラン」(月額960円、学割なら月額480円)のセットで2018年1月31日までは12,800円(金額はすべて税込)。

先行版は10,000円(LINE MUSIC プレミアムプラン6ヶ月付)で、当初は正式版は15,000円と案内していましたが、値下げされました。販売拠点ははじめは「LINE STORE」( https://www.linefriends.jp/exhibition/30253 )や一部ECサイトなどですが、今後、家電量販店などにも順次拡大を予定。

GoogleやAppleなどのさまざまなメーカーが音声アシストサービスやスマートスピーカーを提供してきていますが、最大の特長は日本で定番コミュニケーションサービスとなった「LINE」とその関係サービスと連携できる点です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。