S-MAX

APN

NTTドコモのGoogleスマホ「Nexus 5X」のテザリングはMVNOでもOKでAPNの変更が可能!ただし発売時はSIMロックありで、購入後にSIMロック解除対応に


shimajiro@mobiler

NTTドコモが9月30日に行った「2015-2016冬春モデル新商品発表会」にて発表したGoogleブランドの最新OSのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載したスマートフォン(スマホ)「Nexus 5X」(LG Electronics製)。

他の製品のように"ドコモスマートフォン"ではなく、NTTドコモのアプリがインストールされていないものの、spモードには対応し、購入時にはSIMロックがかかっている。そこで気になるのが、NTTドコモの他のスマホにあるテザリング時のアクセスポイント(APN)縛りがあるかどうか。

発表会の展示機で試してみたところ、テザリング時のAPN縛りはなく、NTTドコモ回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードでもテザリングが利用可能であることがわかった。

また、SIMロックについても今年5月以降に発売した機種と同様に「180日経過後はSIMロック解除可能」もしくは「前回のSIMロック解除から180日経過後に解除可能」の仕様となっているため上手く購入して利用すればGoogle ストアで購入するSIMフリー版よりもお得にすることもできそうだ。

続きを読む

もうすぐiOS 9が提供!日本時間では9月17日未明から配信開始予定ーー事前にやっておくことは?格安SIMなどにおけるAPN構成プロファイルについてまとめてみた


iOS 9リリースは日本時間では9月17日未明から!

いよいよAppleからiPhoneやiPadなど向けの最新プラットフォーム「iOS 9」の正式版が9月16日に提供開始されます。過去の例から推測すると、日本時間では9月17日午前2時頃からと見られるため、日本では実質明日からということになります。

iOS 9はiOS 8のときのように日本語入力アプリが変更できるようになるなどの大きな変更点はありませんが、音声ナビゲーションサービス「Siri」の改善や次の操作を予測してナビゲーションしてくれる「Proactive Assistant」など、どのように便利になるのかなと思わせる新機能もあり、楽しみにしている人も多いでしょう。

そんなiOS 9の提供開始に向けて事前にバックアップをしておいたり、更新のための無線LAN(Wi-Fi)環境またはパソコンのiTunes環境を用意するといった準備のほか、すでに紹介したように一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)による格安SIMサービスが使えなくなる可能性もあります。そこで、今回は各MVNOが提供しているiOS用構成プロファイルについてまとめてみたので紹介したいと思います。

続きを読む

iPhoneなどをiOS 9にアップデートすると格安SIMが使えなくなる!?従来のAPN Payload廃止でNTTドコモ回線のMVNOでもデータ接続不可にーー各社が続々と新しいAPN構成プロファイルを公開


格安SIMを使ってる場合にiOS 9へのアップデートで注意!

Appleが発表した新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」が話題ですが、この2機種にもプリインストールされており、既存の「iPhone 4S」以降、「iPad 2」以降、第5世代iPod touch以降にて無料でアップデートできるのが最新プラットフォーム「iOS 9」です。

iPhone 6sなどが発表されたイベントではiOS 9が9月16日に既存機種向けに提供開始されることも明らかにされました。既存の「iOS 8」からは比較的マイナーチェンジという印象で、音声ナビゲーションサービス「Siri」の改善や次の操作を予測してナビゲーションしてくれる「Proactive Assistant」、新しい標準機能にノートアプリ「Notes」やニュースアプリ「News」が追加され、細かな改善としては効率化によるバッテリー駆動時間の延長などのさまざまな変更があります。

そんなiOS 9ですが、昨年のiOS 8の提供開始で「mineo(マイネオ)」が使えなくなったように、今年のiOS 9ではNTTドコモ回線を使った多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)によるサービスが使えなくなる可能性が出てきました。

といっても、今回は対応策がすでに判明しており、きちんと対応すれば継続して使えると思われるので、そのあたりの状況を紹介したいと思います。

続きを読む

最大9ヶ月の利用料が無料になる格安SIMサービス「mineo」のドコモプランが受付完了!SIMカードが届いたのでiPhoneやAndroidで使ってみた――気になる速度は!?【レポート】


mineoのドコモプランを使ってみた!

ケイ・オプティコムの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」にてNTTドコモ回線による「ドコモプラン」が9月1日より提供開始されました。

同社では「ドコモ回線プラン スタート記念キャンペーン」として10月31日までに申し込むとデータ通信のみの「シングルタイプ」における月当たりのデータ通信容量が1GBまで料金コースの月額800円(税抜)相当が最大6ヶ月間割り引かれ、実質利用料無料で利用できます。

また、すでに終了してしまっていますが、8月31日までに先行予約を申し込んでおくと、さらにドコモプランなら3ヶ月間が追加され、最大9ヶ月間に渡って実質無料で使えるようになります。なお、どちらもユニバーサル料が月額2円かかるほか、初期事務手数料3,000円(税抜)が必要。

以前に紹介したように筆者も受付が開始された9月1日早朝に申し込み、翌日9月2日に受付完了されて9月4日にSIMカードが届きました。少し遅くなりましたが、ひとまず、実際にmineoのドコモプランを「iPhone 6 Plus」や「Xperia Z3 Compact」といったスマートフォン(スマホ)で使ってみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

au版やSIMフリー版のiPhone 6や6 Plus、iPad AirなどではOK!au回線のMVNOによる携帯電話サービス「mineo」をiOS 8以降で使うAPN構成プロファイルのテストバージョンを配布


iOS 8以降でmineoを使うための公式テスト用APN構成プロファイルが配布!

既報通り、ケイ・オプティコムは13日、同社のau回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」においてiOS 8以降を搭載したiPhoneやiPadで利用できない問題に対して携帯電話ネットワークのアクセスポイント(APN)を設定する「構成プロファイル」を変更することで利用できることを公式Webサイト「マイネ王」( https://king.mineo.jp/magazines/special/116 )にて報告しています。

翌14日にも動作確認をさらに行い、最新のiOS 8.4およびKDDI 20.1を搭載した「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」、「iPad mini 2」のau版およびSIMフリー版にて検証時点では安定して利用できるという結果を公開し、テスト用APN構成プロファイルを配布しています。

その後もテスト用APN構成プロファイルを配布したことによってそれを利用したユーザーも含めて17日に第3報を公開し、第2報でも案内されていたように「iPhone 5s」や「iPhone 5c」についてはau版およびSIMフリー版ともにiOS 8.4だけでなく、iOS 7.1.2で接続が不安定になるとしています。

このことから現時点では同社では「いわゆる初期状態の端末に、我々が用意したAPN構成プロファイルを設定すれば、普通に(快適に)ご利用いただける、という環境をご用意できないのであれば、やはり公式には利用を推奨できるものではない」とし、iOS 8以降のiPhoneなどでのmineoの利用を公式に利用できると案内するに至らず、今後についてもさらに調査を進めていくとしながら今の段階では見通し立ってませんという状況だとしています。

なお、同社では配布しているテスト用APN構成プロファイルがあるからといってすでにiOS 7.xでmineoを利用している人がiOS 8以降にアップデートすることや、これから新たにiOS 8以降のiPhoneなどでmineoを契約するといったことは避けるように案内しています。あくまでテストバージョンだということで。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。