S-MAX

AQUOS

撮りたい時にパシャパシャ撮れる手軽さがウリ!大人気のシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense」で写真や動画を撮ってみた【レビュー】


この冬注目のスタンダードスマホ「AQUOS sense」のカメラ機能はいかに!?

今冬にシャープが投入した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」シリーズは、約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載してコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として注目を浴び、売れ行きも好調だとのこと。

auから11月2日に「AQUOS sense SHV40」が発売されたのを皮切りに、NTTドコモから11月10日に「AQUOS sense SH-01K」、UQ mobileから11月22日に「AQUOS sense SHV40」、さらにスペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月1日に発売されました。

そんなAQUOS senseですが、スマホで気になるのはやはりカメラ機能。この安さで本当にきちんと撮れるのか?と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。背面カメラは約1310万画素CMOS、前面カメラは約500万画素となっていますが、果たしてどんな写真が撮れるのでしょうか?

今回はau版のAQUOS sense SHV40のレビューの続きとして、カメラ機能を特に設定などをいじらず、さまざまなシチュエーションで写真や動画を撮ってみましたので作例などを紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、シャープのSoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R 605SH」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS R 605SH」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは21日、同社が「2017年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:605SH)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは3G・4G回線によるOTAによる方法が用意されており、更新の完了までに最大80分程度かかる場合があるとしています。なお、同社ではWi-Fi回線を利用するよう推奨しています。更新後のビルド番号は「S1002」。主な変更点は以下の通り。

・Android 8.0 アップデート

※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ 更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<<よくある質問>>をご覧ください
※ AQUOS R最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け小型プレミアムスマホ「AQUOS R compact 701SH」を12月22日に発売!予約受付中で、価格は本体代7万6320円の実質1万6320円から


小型プレミアムスマホ「SoftBank AQUOS R compact 701SH」が12月22日発売!

ソフトバンクは19日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに今冬および来春以降に発売する「2017-2018年冬春モデル」のうちの約4.9インチFHD+(1080×2032ドット)ハイスピードIGZO液晶を搭載したプレミアムコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact(型番:701SH)」(シャープ製)を2017年12月22日(金)に発売すると発表しています。

事前予約受付をソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および直営Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて実施しており、すでに紹介しているように価格も案内されています。

またソフトバンク コマース&サービスは12月22日よりSoftBank公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」にてAQUOS R compact向け「クリアソフトケース」や「RILEGA Stand Flip」、「液晶保護フィルム」などの周辺機器を発売するとしています。

続きを読む

KDDI、au向け折りたたみ型Androidケータイ「AQUOS K SHF34」を12月15日に発売!ワンプッシュオープンに対応したタフネスモデル――気になる価格をチェック


au向けAndroidケータイ「AQUOS K SHF34」が12月15日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、携帯電話サービス「au」において今秋および今冬に発売する「2017年秋冬モデル」のうちの約3.4インチQHD(540×960ドット)TFT液晶を搭載したAndroidベースの折りたたみ型ケータイ(フィーチャーフォン)「AQUOS K(型番:SHF34)」(シャープ製)を2017年12月15日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格も案内されているのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS R SH-03J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!4CAによる下り最大644Mbpsにも対応


docomoのAQUOS R SH-03JにAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは7日、同社が「2017年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年12月7日(木)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約30分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PIP)機能
 アプリを全画面で使いながら動画の閲覧が可能なので、そんな「ながら」の利用方法を実現できます。
2)スマートなテキスト選択
 電話番号を含むテキストをダブルタップするだけで選択することができるようになりました。誰でも簡単にコピーできます。さらに、電話番号の場合は電話アプリ、住所の場合は地図アプリのショートカット表示されるので、次の動作もスムーズです。
3)ログイン情報の入力が容易に(オートフィル)
 「自動入力」機能でアプリのログインで使う情報を記憶させ、素早くアクセスすることができます。
4)ロックフォトシャッフル機能
 ロック画面を表示するたびに壁紙を次々に切り替えることができます。「設定」→「ディスプレイ」 →「壁紙」 →「ロックフォトシャッフル」での設定が必要です。
5)カメラの機能追加
 タイマー機能を使ったインカメラ撮影時に、カメラに目線が合いやすくなるアニメーションを表示します。
6)高速通信(4CA)
 4つの周波数を束ねるキャリアアグリゲーションに対応し、より広域で快適な通信を実現します。

◯改善される事象
7)Bluetooth接続中に着信があると、まれに着信音が正常に鳴動しない場合があります。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。