S-MAX

AQUOS

シャープ、高コスパなスタンダードスマホ「AQUOS sense2」のSIMフリー版「SH-M08」を発表!12月27日発売で、価格は税別3万4880円。5.5インチFHD+液晶やS450、3GB RAM、FeliCa、防水・防塵など


SIMフリーの高コスパスマホ「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」が登場!

シャープは20日、コストパフォーマンスの高いスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの第2弾となる「AQUOS sense2」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense2 SH-M08」を発表しています。2018年12月27日(金)より順次発売され、価格は市場想定価格で税別34,880円(税込37,670円)となっています。

販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所で、すでに予約受付を実施しており、量販店では税込37,670円の10%(3,767ポイント)還元となっているほか、MVNOでも楽天モバイルやBIGLOBEモバイル、IIJmioなどが取り扱いを発表して価格を案内しています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero」と高コスパスマホ「Android One S5」を12月21日に発売!価格は税込で9万9840円と3万720円に


ソフトバンクがシャープ製スマホ「AQUOS zero」と「Android One S5」を12月21日発売!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018-2019冬春モデル」のうちのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」およびエントリースマホ「Android One S5」(ともにシャープ製)を2018年12月21日(金)に発売すると発表しています。

すでに両機種ともに発売に先立って12月14日より予約受付をソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて実施しており、価格は本体価格(税込)がAQUOS zeroが99,840円、Android One S5が30,720円となっています。

なお、SoftBankでは新規契約および他社から乗り換え(MNP)では分離プランの「ウルトラギガモンスター+」などしか選択できなくなっているので「月月割」は付かないほか、機種変更においても2019年1月31日(木)以降は「通話定額プラン」および「通話定額ライトプラン」、「ホワイトプラン」といった既存プランを継続しても月月割が付かないのでご注意ください。

またソフトバンク コマース&サービスでは公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」にてAQUOS zeroおよびAndroid One S5の周辺機器を発売に合わせて販売します。その他、AQUOS zeroは日本ではSoftBankのみが取り扱いをし、Android One S5はSoftBank以外にも「Y!mobile」からも同じく12月21日に販売されます。

続きを読む

KDDI、au向けシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R SHV39」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を12月18日から提供


auスマホ「AQUOS R SHV39」がAndroid 9.0 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、au向け「2017年夏モデル」として昨年7月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:SHV39)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を含むソフトウェア更新を2018年12月18日(火)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS R SHV39本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約35分、アップデートファイルサイズは約1.67GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 9.0.0」、ビルド番号は「03.00.00」で、主な変更点は以下の通り。

○主な改善内容
1)マナーモード:シンプルな構成に変更
2)電話アプリ:新しい連絡先の作成方法変更/ダイヤルボタンの追加
3)ステータスバー:デザインや表示内容の変更
4)クイックパネル:デザインや表示内容の変更
5)アプリ使用履歴画面:表示方法の変更
6)マルチウィンドウ:操作方法の変更
7)通知パネル:デザインや表示内容の変更
8)文字入力:キーボード表示機能の改善
9)ナビゲーションバー:新しい操作方法の追加
10)画面回転機能の追加
11)AQUOS Home:アプリ一覧画面での「検索」機能追加
12)コンテンツマネージャー:名称変更および機能追加

○主な削除項目
13)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
・クイックパネル/クイック設定パネル切り替えアイコンを削除
・クイック設定パネル:各機能ボタン直下の「▼」、機能ボタンから「BrightKeep」を削除
・時計アプリ:「通常マナー中の鳴動」を削除

その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(12MB)[PDF]


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2 706SH」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を12月5日から提供


SoftBank向けスマホ「AQUOS R2 706SH」がAndroid 9 Pieに!

ソフトバンクは5日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年夏モデル」として今年6月に発売されたフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2(型番:706SH)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を含むソフトウェア更新を2018年12月5日(水)より提供開始するとお知らせしています。

更新は本体のみで4G・3Gの携帯電話回線または無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新は最大80分程度かかる場合があるとのこと。4G・3Gでもパケット通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiが推奨されています。更新後のビルド番号は「S1003」で、主な変更点は以下の通り。

・Android 9 アップデート
・セキュリティの向上
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero」と高コスパスマホ「Android One S5」を12月14日に予約開始!発売日や価格は後日別途案内予定


ソフトバンクがシャープ製スマホ「AQUOS zero」と「Android One S5」を12月14日から予約受付!

ソフトバンクは11日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018-2019冬春モデル」のうちのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」およびエントリースマホ「Android One S5」(ともにシャープ製)を2018年12月14日(金)より事前予約受付を実施するとお知らせしています。

予約はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われ、発売日や価格は後日別途案内するとしています。発売時期はAQUOS zeroが2018年12月上旬以降、Android One S5が2018年12月下旬以降を予定しています。なお、AQUOS zeroは日本ではSoftBankのみが取り扱いをし、Android One S5はSoftBank以外にも「Y!mobile」からも販売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。