S-MAX

AQUOS

NTTドコモ、スタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」がAndroid 9.0 Pieに!

NTTドコモは2日、昨年12月に発売した「2018-2019冬春モデル」のうちのコストパフォーマンスの高いスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(FOMA・Xi)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新にかかる時間は約36分、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「02.00.01」となっています。

主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「docomo Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)自動調整バッテリー
 自動調整バッテリーを設定すると、使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池が長持ちします。アプリの使用状況は時間の経過とともに、スマートフォンが学習します。
2)ワンタッチ固定
 縦画面に固定中、横画面の表示に変更したいシーンはありませんか?
画面に表示されるボタンをタップすることで、ワンタッチで横画面に固定することができます。
 ※本機能に対応したアプリを利用する必要があります。
3)通話音声メモ・伝言メモのSDカード保存
 録音した通話音声メモ・伝言メモのデータを、SDカードに保存することができるようになりました。

○改善される事象
4)まれにロック画面が正常に表示されない場合があります。
5)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年6月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、au向けプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact SHV41」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を6月27日より提供


auスマホ「AQUOS R compact SHV41」がAndroid 9 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は26日、携帯電話サービス「au」向け「2017年冬モデル」として2017年12月に発売したプレミアムコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact(型番:SHV41)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年6月27日(木)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS R compact本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびの携帯電話ネットワーク(LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新時間は携帯電話ネットワークなら約27分、Wi-Fiなら約24分となっており、アップデートファイルサイズは約1.7GBと大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されています。なお、更新時間は利用環境によって異なるとのこと。

た更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「02.00.00」。なお、今回の更新を実施するには事前にビルド番号「01.00.09」にしておく必要があります。主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「au Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主な改善内容
1)マナーモード:設定手順の変更
2)ステータスバー:デザインや表示内容の変更
3)クイックパネル:デザインや表示内容の変更
4)アプリ使用履歴画面:表示方法の変更
5)電話アプリ:新しい連絡先の作成方法変更/ダイヤルボタンの追加
6)文字入力:キーボード表示機能の改善
7)画面回転機能の追加
8)電源ボタン:「スクリーンショット」機能の追加
9)ナビゲーションバー:新しい操作方法の追加
10)アルバム:複数選択の機能追加
11)コンテンツマネージャー:名称変更および機能追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
12)時計アプリ:「通常マナー中の鳴動」設定の削除

○その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(9.6MB)[PDF]


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact 701SH」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS R compact 701SH」がAndroid 9 Pieに!

ソフトバンクは20日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017-2018年冬春モデル」として2017年12月に発売したプレミアムコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact(型番:701SH)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年6月20日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS R compact本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびの携帯電話ネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施します。ただし、ソフトバンクではWi-Fiの利用を推奨しています。なお、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「S1002」とのこと。

主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「SoftBank Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

・Android 9 アップデート
・セキュリティの向上
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

シャープ、SIMフリースタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-M08」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」がAndroid 9 Pieに!

シャープは18日、昨年12月に発売したコストパフォーマンスの高いスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの第2弾となる「AQUOS sense2」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense2 SH-M08」に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年6月18日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense2 SH-M08本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新ファイルサイズは約1038.7MBとなっており、シャープではWi-Fiでのダウンロードを推奨しています。更新にかかる再起動の時間は約18分。

なお、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「02.00.00」で、主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「メーカーブランド製品(SIMフリー端末)Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主な更新内容
1)マナーモード:操作しやすい着信モード切り替え
2)コンテンツマネージャー:アプリ刷新
3)文字入力:UI改善、変換精度向上
4)カメラ:画質改善(ノイズ低減)
5)Googleアシスタント連携:アイキャッチセルフィー
6)電話:通話音声メモ・簡易留守録のエクスポート、非通知着信拒否
7)エモパー:安心して引継ぎできる自動バックアップ、外でもエモパーから通話スタイルでお話し
8)ナビゲーションバーを隠す、指紋ジェスチャーの設定
9)持つと画面点灯:高速化
10)AQUOS Home:アプリ検索機能の追加
11)AQUOS Frosted Cover:Frost Signに対応


続きを読む

KDDI、au向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「AQUOS sense SHV40」がAndroid 9 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、携帯電話サービス「au」向け2017年11月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年6月12日(水)より提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS sense SHV40本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、アップデートファイルサイズは約1.52GBで、更新時間は4Gで約65分、Wi-Fiで約45分となっていますが、利用環境によって異なるとしています。

また更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「03.00.00」で、主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「au Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主な改善内容
1)マナーモード:設定手順の変更
2)ステータスバー:デザインや表示内容の変更
3)アプリ使用履歴画面:表示方法の変更
4)マルチウィンドウ:操作方法の変更
5)電話アプリ:新しい連絡先の作成方法変更/ダイヤルボタンの追加
6)AQUOS Home:デザインや表示内容の変更
7)文字入力:キーボード表示機能の改善
8)画面回転機能の追加
9)電源ボタン:「スクリーンショット」機能の追加
10)ナビゲーションバー:新しい操作方法の追加
11)アルバム:複数選択の機能追加
12)コンテンツマネージャー:名称変更および機能追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
13)クイックパネル/クイック設定パネル:切り替えアイコンの削除
14)クイック設定パネル:各機能ボタン直下の「▼」、機能ボタンから「BrightKeep」の削除
15)時計アプリ:「通常マナー中の鳴動」設定の削除

○その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(10.2MB)[PDF]


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。