S-MAX

AQUOS_PHONE_ZETA

NTTドコモ、昨冬スマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」にAndroid 4.4 KitKatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


NTTドコモが「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」にAndroid 4.4 KitKat」を提供開始!

NTTドコモは7日、昨冬に発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」に最新プラットフォーム「Android 4.4(開発コード名:KitKat)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新方法はスマートフォン本体のみで無線LAN(Wi-Fi、Xi/FOMA)を用いる方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみによる方法で約43分となっています。更新期間は2017年10月31日まで。

なお、更新にかかる時間はユーザーのインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとしてます。今回の更新による変更点は以下の通り。
◯主なアップデート内容
・「グリップマジック」(機能追加)
02着信時簡易シークレット
本体を握るまで名前や写真が表示しないため周りの目を気にすることはありません。
メディア視聴中音量アップ
視聴中に持っていた本体を置くと音量が自動で変化します。
通話中置いて保留
通話中に本体を置くと自動で保留に切り替わります。
バイブでお知らせ
画面消灯中に本体を握ると、バイブで通知をお知らせします。

・「シンプル設定」メニュー(機能追加)
03
設定メニューが使いやすくなります。

・「キーボード」(機能追加)
04
片手操作でも入力しやすいように幅寄せが可能となります。

・「通知パネル」(機能追加)
05
機能ボタンの追廃が可能となり気軽にカスタマイズできるようになります。

・「非常用節電モード」(機能追加)
06
ホーム画面や設定の変更、使用できるアプリの制限、画面消灯時のパケット通信の制限などにより、消費電力量を低減させ、待受時間を延ばすモードに対応します。詳細はコチラ。

・「画面の縁の効果」(機能追加)
07
様々な動作時にディスプレイのエッジに沿って光が回転したり、柔らかな光を優しく出す縁の効果メニューが追加されます。

・絵文字のリニューアル
08
ドコモの絵文字がリニューアルして252個から698個に拡大しました。他社ケータイ宛に送っても自動変換されます。ますます表現力豊かになった絵文字を使って、コミュニケーションをお楽しみください。

・電話
09
履歴やダイヤルがすっきり見やすくなりました。また履歴の選択削除機能の追加や、画面の文字サイズも設定に合わせて変更されるようになりました。

◯改善される事象
・APN設定時に間違った入力をした場合、エラーが出続けてしまうことがある。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモ、今冬おすすめスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」にソフトウェア更新を提供開始!docomo ID本格導入や遠隔初期化、新しいドコモバックアップアプリなどの機能改善


NTTドコモが「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」に機能改善を行うソフトウェア更新を提供開始!

NTTドコモは16日、今冬および来春に発売する「2013-2014冬春モデル」の中のおすすめ機種の1つとしてラインナップされているスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」(シャープ製)に機能改善や不具合修正を行うソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでWi-Fiもしくは携帯電話ネットワーク(FOMAまたはXi)を用いて行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約11分。更新期間は2016年12月31日まで。更新によって変更される点は以下の通りとなっています。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
1)「docomo ID」認証の本格導入対応
端末にdocomo IDを設定することが可能になります。docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリ(2013年11月時点でdocomo ID設定に対応するサービスアプリ)でのdocomo ID入力が不要になります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」
Wi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合されます。バージョンアップ後は上記対応サービスアプリ(Wi-Fiオプションパスワードを利用するアプリ)をWi-Fi経由でご利用いただくためにdocomo IDを設定していただく必要があります。また、Wi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定していただく必要があります。
 ・機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
  「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ドコモバックアップ」「docomo Application Manager」
 ・お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
  「ドコモメール」「iチャネル」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」

2)遠隔初期化に対応
端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービスです。

3)新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となります。

4)独自機能の機能アップ
・ミニマップアプリが、二本指での視点変更および地図回転に対応します。
・データ引継機能が、電話帳データの引継ぎに対応します。

◯改善される事象
5)携帯電話(本体)が画面OFF状態で電源キー押下しても、まれに画面が点灯しない場合がある。


続きを読む

水濡れ時の操作性が向上!ドコモおすすめの防水スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を濡らして使ってみた【レビュー】

SH-01F_water_top
水濡れ時のタッチパネル操作性も向上

NTTドコモは先月7日にシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」(以下、SH-01F)を発売しました。

SH-01Fは「防水」に対応しており、IPX5およびIPX7相当の防水性能を備えています。ただ、防水スマートフォンでもお風呂場や水回りで実際に使おうとすると、タッチパネルが誤動作して思うように利用できないこともあります。特に筆者が利用している昨年発売された「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)やその後継モデル「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」(以下、SH-06E)はタッチパネルの感度がやや敏感過ぎて、お風呂場などでは湯気が付いただけでも操作に支障をきたしていました。

筆者の感想としてはシャープ製スマートフォンは防水ではあるものの、水回りで使いづらい感があるというものでした。もちろん、防水であることは水回りで使うだけがメリットではなく、水に濡れても壊れないということが最大の利点ではありますが、せっかくの防水なので水回りでも使えるといいのになと思っています。

そうしたことから、以前にも当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では、今冬モデルのスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」(以下SO-01F)と「ARROWS NX F-01F」(以下F-01F)を使用して、防水性能をテストした記事をお送りしました。そこで、今回は、同様にSH-01Fを水で濡らしたり、水中につけたりして、どの程度使えるかどうかを試してみました。

続きを読む

より鮮やかで自然な色合いに!ドコモのおすすめ冬スマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」のカメラ機能をチェック――いろんな写真を撮ってみた【レビュー】

SH-01Fcamera_top
向上したカメラ性能

NTTドコモは先月7日にシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」(以下、SH-01F)を発売しました。今回、NTTドコモのおすすめ機種に選定されたSH-01Fは“3日持つ”と言われるバッテリー性能の高さから、これまでのところ販売店などのランキングでは堅調な売り上げを見せているようです。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではこれまで今冬モデルスマートフォンのカメラ機能をチェックした前編および後編で、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z1 SO-01F」(以下、SO-01F)と富士通製「ARROWS NX F-01F」(以下、F-01F)、そして、比較対象として昨年発売された「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)の合計3機種でさまざまな対象を撮影し、カメラ性能比較をしました。

今回はこれらに加えて、SH-01Fでほぼ同じ被写体を撮影してみましたので、紹介したいと思います。撮影日時が異なるので完璧には比較できませんが、参考として先の記事の3機種と比較して見てもらえると多少の各機種のカメラ機能の傾向が見られるかなと思っています。

続きを読む

最新スマホのカメラ性能は?性能充実の「Xperia Z1 SO-01F」とシンプルになった「ARROWS NX F-01F」でいろんな写真を撮ってみた(前編)【レビュー】

camera_01
最新スマホのカメラの実力は?

NTTドコモが先月24日にソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z1 SO-01F」(以下、SO-01F)と富士通製「ARROWS NX F-01F」(以下、F-01F)の2機種のAndroidスマートフォンを発売しました。

グローバル版の発表時からその高いカメラ性能に注目が集まっていたSO-01Fは発売から非常に好調な売れ行きのようです。一方で、NTTドコモのおすすめ機種に選定されたF-01Fは売れ行きはSO-01Fの後塵を拝していますが、3日持つと言われているバッテリー性能の高さから、今後売り上げの伸びが期待されます。

今回は、その同日に発売開始されたSO-01FとF-01Fの2機種と、比較対象として昨年発売された「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)の合計3機種でさまざまな対象を撮影し、カメラ性能の比較をしてみました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。