S-MAX

AQUOS_R

KDDI、au向けシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R SHV39」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開


auスマホ「AQUOS R SHV39」のAndroid 8.0 Oreoへの更新が再開!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、au向け「2017年夏モデル」として昨年7月に発売したシャープ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:SHV39)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」を含むソフトウェア更新を2018年2月1日(木)より再開したとお知らせしています。

AQUOS R SHVのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは昨年12月5日より提供開始され、その後、1月18日に「まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合」が確認されたために一時中断されていました。

また再開したソフトウェア更新後のビルド番号は「02.00.04」となっており、すでに12月5日から配信されていた更新を行なってAndroid 8.0 Oreo(ビルド番号「02.00.03」)になっている場合に対しても不具合修正のためのソフトウェア更新が提供されています。

以下の事象が改善されます。

・まれに一部の端末で通信不安定や圏外表示になる場合があります。
・セキュリティ機能の改善
 Androidセキュリティパッチを適用します。セキュリティパッチレベルが2018年1月となります。
 Androidセキュリティ機能についての詳細はこちらをご確認ください。

※更新されるソフトウエアには、上記以外に、より快適にAQUOS R SHV39をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

NTTドコモ、シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R SH-03J」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開


docomoスマホ「AQUOS R SH-03J」のAndroid 8.0 Oreoへの更新が再開!

NTTドコモは31日、昨年7月に「2017年夏モデル」として発売したシャープ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年1月31日(水)10時より再開したとお知らせしています。

AQUOS R SH-03JのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは昨年12月7日より提供開始され、その後、1月17日に「まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合」が確認されたために一時中断されていました。

また再開したソフトウェア更新後のビルド番号は「02.00.01」となっており、すでに12月7日から配信されていた更新を行なってAndroid 8.0 Oreo(ビルド番号「02.00.00」)になっている場合には不具合修正のためのソフトウェア更新が提供されています。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象
・まれに、通知音が正常に鳴動しない場合があります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年1月になります。)


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R 605SH」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開


SoftBank向けスマホ「AQUOS R 605SH」のAndroid 8.0 Oreoが配信再開!

ソフトバンクは30日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに昨年7月に発売したスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:605SH)」に対する最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を再開したとお知らせしています。

シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R」のAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは昨年12月5日に提供開始されたau向け「AQUOS R(型番:SHV39)」を皮切りに、NTTドコモ向け「AQUOS R(型番:SH-03J)」に昨年12月7日より、そしてSoftBank向けでは昨年12月21日より配信されていました。

その後、各社ではSoftBank向けが1月12日より、NTTドコモ向けが1月17日より、au向けが1月18日よりそれぞれ同更新を一時中断していました。原因は共通で「まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合が確認された」ためとしていました。

続きを読む

NTTドコモとau、SoftBankでシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R」のAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ含むソフトウェア更新を一時中断!通信不安定や圏外表示になる不具合


docomoスマホ「AQUOS R SH-03J」のAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップが一時中断!

NTTドコモは17日、昨年7月に「2017年夏モデル」として発売したシャープ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して2017年12月7日より提供していた最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を一時中断するとお知らせしています。

理由は、OSバージョンアップを実施した後、まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合が確認されたためとしています。同社ではこの不具合が発生した場合は近くの故障取扱窓口(ドコモショップ)へ来店するよう案内しています。

また同じくソフトバンクはSoftBank向け「AQUOS R(型番:605SH)」について1月12日より、KDDIはau向け「AQUOS R(型番:SHV39)」について1月18日よりそれぞれAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を一時中断しています。SoftBank向けは昨年12月21日よりau向けは昨年12月5日より提供していたもの。不具合の原因は3社とも同じ。

続きを読む

ソフトバンク、シャープのSoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R 605SH」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS R 605SH」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは21日、同社が「2017年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:605SH)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは3G・4G回線によるOTAによる方法が用意されており、更新の完了までに最大80分程度かかる場合があるとしています。なお、同社ではWi-Fi回線を利用するよう推奨しています。更新後のビルド番号は「S1002」。主な変更点は以下の通り。

・Android 8.0 アップデート

※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ 更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<<よくある質問>>をご覧ください
※ AQUOS R最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。