S-MAX

AQUOS_ZETA

NTTドコモが機種変更でも支払額をハイエンドスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」で約3万円、「AQUOS ZETA SH-04H」で約2万円へ値下げ!オンラインショップなら手数料無料&頭金もなし


docomoのGalaxy S7 edge SC-02HとAQUOS ZETA SH-04Hが機変でも一括化!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016年夏モデル」として発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)および「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)の2機種における機種変更(契約変更含む)を「端末購入サポート」に追加したとお知らせしています。

これにより、端末購入サポートおよび春のおとりかえ割の割引後の支払額(すべて税込)がGalaxy S7 edge SC-02Hでは31,104円(分割1,296円/月×24回)、AQUOS ZETA SH-04Hでは20,736円(分割864円/月×24回)となっています。

2月28日までの月々サポートによる割引からの変更で、ケースによっては値下げとなります。なお、これらの機種はすでに新規契約および他社から乗り換え(MNP)でも端末購入サポートによる販売に切り替わっており、両機種ともに割引後の支払額は15,552円(分割648円/月×24回)。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製今夏スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!エモパーも最新の5.0に


ドコモスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」が早くもAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは15日、今年6月に発売した「2016年夏モデル」のうちの約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

すでにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供予定機種一覧をNTTドコモでは案内していますが、今回はシャープがAndroid 7.0 Nougatの一番乗りとなりました。更新内容はAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップのほか、エモパー5.0へのアップデート、各種不具合修正などとなっています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはXi、FOMA回線によるOTAで行え、更新にかかる時間は約75分。なお、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があります。

続きを読む

新CMキャラクターの加藤綾子さんも登場!シャープがAQUOSスマホの新製品説明会を写真と動画で紹介――AIを活用した人に寄り添うテクノロジーめざす【レポート】

新しいAQUOSは新イメージキャラクターにカトパンこと加藤綾子さんを起用!

シャープは2日、都内にて「『スマートフォンAQUOS』の新製品説明会」を開催し、国内の大手携帯会社から明日6月10日から販売されるスマートフォン(スマホ)「AQUOS」シリーズの製品紹介について解説を行った。

同社の「2016年夏モデル」のラインナップは、NTTドコモ向け「AQUOS ZETA SH-04H」、au向け「AQUOS SERIE SHV34」および「AQUOS U SHV35」、「AQUOS K SHF33」、SoftBank向け「AQUOS Xx3 506SH」の合計5機種。このうちのAQUOS Xx3 506SHは、ソフトバンクが発表会を行わないため、プレス向けの初披露の場となった。

フラッグシップモデルのAQUOS ZETA SH-04HとAQUOS SERIE SHV34、AQUOS Xx3 506SHのベースは同一のものだが、NTTドコモおよびSoftBankのモデルは指紋センサーを搭載しているのに対し、auのモデルは非搭載となる。なお、代わりにau版には眼認証機能を搭載する。

また本体色は共通の「ホワイト」を含む各3色展開で、各携帯電話会社ごとに2色のオリジナルカラーが用意されている。ロゴプリントに違いがあるものの、一見違いが分からないNTTドコモとSoftBankが取り扱うホワイトについては、メタフレームの色が異なり、NTTドコモのモデルはやや薄めのシャンパンゴールド、SoftBankのモデルはシルバーと、細かい部分で差異がある。

今回は、そんなAQUOSスマホがめざすものとして、発表会で解説されたそれを実現するための機能について写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

NTTドコモ、下り最大337.5Mbpsや指紋認証に対応したハイスペックスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日に発売!気になる価格をチェック――本体価格8万8776円で実質5〜6万円に


NTTドコモの下り最大337.5Mbps対応スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日に発売!

NTTドコモは7日、今夏以降に発売する「2016年夏モデル」のうちの約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)を2016年6月10日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

3辺狭額縁「EDGEST」から卒業!メタルボディーと薄型化で洗練されたドコモスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を写真と動画でチェック【レポート】

AQUOS ZETAが思いっきりイメチェン!ドコモスマホのSH-04Hを写真と動画で紹介

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)を発表した。

発売時期は2016年6月上旬を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を開始しており、価格は実質負担額で新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で5万円台後半の見込み。

今回はタッチ&トライコーナーに展示されていた試作機を写真と動画で紹介していく。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を発表!5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 820、3GB RAM、下り最大337.5Mbpsなど - S-MAX」も参照して欲しい。

続きを読む

NTTドコモがスマホなどの商品サイクルを1年に変更!ラインナップ数の減少や製品寿命の長期化へーー変態端末の投入にも期待


NTTドコモが商品サイクルを1年ごとに変更!AQUOS ZETAやarrows NXなどの国内メーカーも1年ごとに発売へ

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏モデル新商品発表会」を都内で11時から開催し、スマートフォン(スマホ)などの商品サイクルを1年ごとにすることを明らかにしました。

これは質疑応答の中で同社プロダクト部長の丸山誠治氏がラインナップされた機種数が少ない理由として「今年の夏モデルから各メーカーと相談して年間サイクル化、1年間で機種を出すというスタイルにしていきたいと思っている。」と述べたもの。

これまでは例えば、シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS ZETA」シリーズは大きな発表会が行われる各商戦期ごとに夏と冬に半年ごとに出してきましたが、今後は1年ごとになるということです。

続きを読む

NTTドコモ、指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を発表!5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 820、3GB RAM、下り最大337.5Mbpsなど


NTTドコモが指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月上旬を予定しており、本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は実質負担額で新規契約/機種変更/MNPで5万円台後半の見込み。

シャープのNTTドコモ向けハイエンドモデル「AQUOS ZETA」シリーズの最新機種で、昨冬モデルで前機種「AQUOS ZETA SH-01H」と同じ約5.3インチサイズや近接センサーになった「グリップマジック」(持つだけで画面ONや画面回転抑制、着信時の音量ダウンなど)などによってより使いやすくなっているほか、新たにAQUOSシリーズ史上最高のカメラ機能となっているとのこと。

一方、AQUOS ZETA SH-01Hは唯一の「PREMIUM 4G」における下り最大300Mbps対応でしたが、今夏は他の「Xperia X Performance SO-04H」や「Galaxy S7 edge SC-02H」が下り最大375Mbpsなのに対し、AQUOS ZETA SH-04Hは下り最大337.5Mbpsに留まっています。

続きを読む

NTTドコモ向けシャープ製スマホ「SH-04H」がFCC通過!フラッグシップスマホ「AQUOS ZETA」か?夏モデルとしてGW後に発表へ


NTTドコモ向けシャープ製スマホ「SH-04H」がFCC通過!写真は「AQUOS ZETA SH-01H」

米連邦通信委員会(FCC)は22日(現地時間)、シャープ製スマートフォン(スマホ)「SH-04H」が通過したことを公開しています。NTTドコモの型番ルールに沿っており、公開された資料内にあるホーム画面にもNTTドコモ向けアプリが並んでいます。

すでに「SH-03H」は法人向けカメラレスケータイとして発売していることから未発表の次の機種となるため、恐らく「2016年夏モデル」として登場すると見られます。

これまでの流れからすれば、フラッグシップモデル「AQUOS ZETA」シリーズの最新機種として「AQUOS ZETA SH-01H」の後継機種「AQUOS ZETA SH-04H」になるのではないかと予想されます。

なお、すでに紹介しているようにソフトバンク向けにも「506SH」がFCCを通過しており、2016年夏モデルとして「AQUOS Xx3」として登場するのではないかと見られています。

続きを読む

NTTドコモ、Android 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia Z3・Z4・Z5シリーズやGalaxy S5・S6シリーズなど合計20機種――3月上旬より順次提供


NTTドコモが既存機種のAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを3月上旬より順次提供!

NTTドコモは10日、同社のAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて最新バージョン「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

最も古い機種は2014年夏モデル「GALAXY S5 SC-04F」で、AQUOSシリーズが3機種、arrows(ARROWS)シリーズが3機種、Galaxy(GALAXY)シリーズが6機種、Xperiaシリーズが8機種の合計20機種に提供される予定。同社ではOSバージョンアップをするための諸条件を総合的に判断した結果、Android 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップ予定製品は今回案内した機種のみとなるとしています。

また、合わせて同社の公式WebサイトにてXperiaシリーズと見られるAndroid 6.0 Marshmallowの画面を一部公開し、同バージョンの注目機能であるアプリ権限の利用者変更機能や電池の最適化(Dozeモード)について紹介しています。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS ZETA SH-01G」と「AQUOS ZETA SH-04F」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ドコモスマホ「AQUOS ZETA SH-01G」と「AQUOS ZETA SH-04F」がAndroid 5.0 Lollipopに!

NTTドコモは19日、シャープ製のスマートフォン(スマホ)のうちの昨年冬モデル「AQUOS ZETA SH-01G」と昨年夏モデル「AQUOS ZETA SH-04F」に対してより新しい「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

ソフトウェア更新による主な変更点は以下の通り。スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法が用意されており、更新時間はAQUOS ZETA SH-01GとAQUOS ZETA SH-04Fでともに約57分。更新期間は修理受付終了でAQUOS ZETA SH-01Gが2019年3月末で終了予定、AQUOS ZETA SH-04Fが2018年6月末で終了予定)まで。

◯主なアップデート内容
1)カメラ
・インカメラでも人物の顔を検出できるように進化します。
02
・カメラUIをリニューアルし、写真もビデオもワンタッチで撮影できるようになります。
03
2)通知
・着信通知がポップアップになり、操作性が向上します。
04
・ロック画面を解除しなくても、最新の通知をすぐに確認できるようになります。また、必要に応じて通知表示する優先順位も設定可能です。
05
3)設定
・設定メニュー内を検索できるようになります。
06
4)文字入力
・使いやすく快適な文字入力を実現した日本語入力ソフトウェア「S-Shoin」を搭載します。
07
5)改善される事象
・Android標準メールアプリでメール添付されたデータがまれに再度取得できない場合がある。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。