S-MAX

AQUOS_sense

NTTドコモ、最新スタンダードスマホ「AQUOS sense SH-01K」を発表!docomo with対象で、価格は一括3万456円にーー5インチフルHD IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB RAMなどを搭載


docomoが新スマホ「AQUOS sense SH-01K」を発表!2017年11月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、シャープの新しいミッドレンジクラスの“新スタンダード”をうたう手頃な5インチサイズのAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SH-01K」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

また月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が30,456円(1,269円/月×24回)。

続きを読む

シャープ、4.9インチFHD+ハイスピードIGZO液晶搭載のプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact」を発表!狭額縁デザインが進化した「EDGEST fit」に――AQUOS senseも


シャープがプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact」とスタンダードスマホ「AQUOS sense」を発表!

シャープは13日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、同社の「AQUOS」シリーズのスマートフォン(スマホ)におけるフラッグシップモデル「AQUOS R」に新たに“プレミアムコンパクト”スマホ「AQUOS R compact」を追加し、2017年冬モデルより製品化すると発表しています。

また同社はすでに10日にauから発表されている“新スタンダード”スマホ「AQUOS sense」についても製品化し、新たにスタンダードラインのシリーズ名称を2017年冬モデルより「AQUOS sense」として展開します。

AQUOS senseはau向け「AQUOS sense SHV40」のほか、NTTドコモ向け「AQUOS sense SH-01K」なども投入することが判明しており、AQUOS R compactとともに今冬より各携帯電話会社から販売される予定です。

続きを読む

au向け新スマホ「Xperia XZ1」や「Galaxy Note8」、「AQUOS sense」が予約&先行展示開始!発表直後の2017年秋モデルをau SHINJUKUでひと足早く試してきた【レポート】


発表されたばかりのau向け「2017年秋スマホ」をひと足先に体験!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2017年秋モデル」のスマートフォン(スマホ)として「Xperia XZ1(型番:SOV36)」および「Galaxy Note8(型番:SCV37)」、「AQUOS sence(型番:SHV40)」の3機種を発表しました。

それぞれ発売時期はXperia XZ1 SOV36が11月中旬、Galaxy Note8 SCV37が10月26日、AQUOS sence SHV40が11月上旬となっており、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて10月12日(木)より事前予約受付が実施されています。

また発表直後の新機種を直営店である「au SENDAI」(宮城・仙台)および「au SHINJUKU」(東京・新宿)、「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)の5店舗にて10月12日より先行展示を開始しています。

そこで筆者もさっそく東京・新宿にあるau SHINJUKUに足を運んで実機を試してきましたので、まずは3機種のファーストインプレッションをお届けします。なお、先行展示は10月12日以降順次、全国のauショップでも実施される予定となっています。

続きを読む

シャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense」はauだけでなく、NTTドコモやSoftBankからも登場へ!SH-01Kの取扱説明書がGoogle Playストアにて一時公開


シャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense」がNTTドコモなどもからも登場に!

シャープが11月以降にau向けに提供する新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」がNTTドコモやSoftBankからも発売されそうです。先ごろ、Androidのアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてNTTドコモ向け「AQUOS sense SH-01K」の取扱説明書が公開されていました。

またAQUOS sense SH-01Kと見られる製品は9月に米連邦通信委員会(FCC)の認証を取得しており(FCC ID「APY-HRO00251」、公開されている資料とau向け「AQUOS sense SHV40」のサイズがほぼ同じことからAQUOS senseのNTTドコモ向けではないかと見られます。

このAPY-HRO00251は同じ機種で「APY-HRO00252」と「APY-HRO00253」があるとされていることからNTTドコモやauだけでなく、SoftBankからも発売される可能性は高そうです。なお、AQUOS sense SH-01Kの取扱説明書は現在、Google Playストアから削除されていますが、GoogleキャッシュにWebページが残っています。

続きを読む

KDDI、au向けシャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」を発表!5インチフルHD IGZO液晶や3GB RAM、防水、おサイフケータイなどで11月上旬に発売


au向け新スマホ「AQUOS sense SHV40」が11月上旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今秋以降に発売する新商品「au 2017 秋モデル」としてシンプルなデザインに充実の性能を備えたミッドレンジクラスのAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月上旬を予定し、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される予定。価格(税込)は本体代金32,400円(分割1,350円/月×24回)で毎月割675円/月×24回(総額16,200円)の実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)から。

シャープの“新スタンダード”をうたう新しいシリーズ「AQUOS sense」の第1弾となり、主な仕様は約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やQualcomm製チップセット「Snapdragon 430(MSM8937)」、3GB内蔵メモリー(RAM)、防水・防塵、おサイフケータイ(FeliCa)などとなっています。

また今夏に発売したシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」と同様にOSバージョンアップやセキュリティーパッチの提供をきっちりと行うため、安心して長く使えるようになっているとのこと。バーチャルHDRやロックフォトシャッフルなどに対応し、AI(人工知能)によるアシスト機能「エモパー」もさらに進化しています。

なお、auではAQUOS senseなどの新製品を2017年10月12日(木)よりau SENDAIやau SHINJUKU、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKAおよび全国のauショップにて先行展示すると案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。