S-MAX

AQUOS_sense2

シャープ、日本発売スマホのAndroid 10へのOSバージョンアップ対象機種を案内!AQUOS R・sense・sense liteやAndroid One S1・X1は対象外に


SHARPがAndroid 10へのOSバージョンアップ対象機種をお知らせ!

シャープが同社製のスマートフォン(スマホ)における最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップ対象機種を案内しています。すでにNTTドコモ向けについてはNTTドコモからお知らせがありましたが、他のauを除くSoftBankやY!mobile、楽天モバイル、仮想移動体通信事業者(MVNO)、SIMフリーともに明らかとなっています。

同社では2017年夏モデル以降の「AQUOS」シリーズの製品については発売から2年間で最大2回のOSバージョンアップを保証しているほか、Googleが展開する「Android One」シリーズについては発売から2年間で最低1回以上のOSOSバージョンアップを実施することになっています。

そのため、すでに2回以上のOSバージョンアップが実施されている「AQUOS R」や「AQUOS sense」、「AQUOS sense lite」、「Android One S1」、「Android One X1」などの機種についてはAndroid 10へのOSバージョンアップは見送られています。なお、対象機種については現在、提供準備中ということです。

続きを読む

NTTドコモが早くもフラッグシップスマホ「Xperia 1 SO-03L」の生産終了を案内!在庫限りで販売終了に。公式オンラインショップでは在庫なし


docomoのXperia 1やAQUOS sense2などが生産終了に!

NTTドコモがフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 SO-03L」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)やスタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)を生産終了したことを案内しています。また直近では「Galaxy Feel2 SC-02L」や「LG style L-03K」、「AQUOS R2 SH-03K」も生産終了が案内されていました。

なお、それぞれ生産が終了したため、在庫限りの販売となりますが、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ではAQUOS R2 SH-03Kについては完全に販売を終了しており、その他の機種についてもLG style L-03KのBlackとBlue以外は販売終了はしていないものの、在庫なしとなっています。

続きを読む

auオンラインショップや自宅受取で3240円割引の限定キャンペーンに「AQUOS sense2 SHV43」と「AQUOS sense2 かんたん」を追加!本体価格2万9160円に


au Online Shopなどで「AQUOS sense2 SHV43」と「AQUOS sense2 かんたん」が3240円OFFに!

KDDIは11日、携帯電話サービス「au」において限定特別価格として公式Webストア「au Online Shop」およびau.com(自宅受取)で対象機種を購入すると販売価格が3,240円割り引かれる「限定キャンペーン」にスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SHV43」および「AQUOS sense2 かんたん」を追加しています。(金額は記載がない限りすべて税込)。

通常は両機種ともに本体価格32,400円(分割675円/月×48回)ですが、限定キャンペーンによって29,160円(分割初回631円+607円/月×47回)となっており、アップグレードプログラムEX(以下、UGPEX)を利用すると最大607円/月×24回(総額14,568円)の割賦金が免除されます。期間は2019年9月29日(日)23:59(予定)まで。

条件は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更が対象で、購入時に「2年契約 ・2年契約(自動更新なし)・スマイルハート割引」のいずれかに加入すること。なお、同時に実施されているau Online Shopおよびau.com(自宅受取)で購入した場合に抽選で99人に1人にau WALLETプリペイドカードへ9,999円(不課税)キャッシュバックは対象外です。

続きを読む

NTTドコモ、スタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」がAndroid 9.0 Pieに!

NTTドコモは2日、昨年12月に発売した「2018-2019冬春モデル」のうちのコストパフォーマンスの高いスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(FOMA・Xi)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新にかかる時間は約36分、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「02.00.01」となっています。

主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「docomo Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)自動調整バッテリー
 自動調整バッテリーを設定すると、使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池が長持ちします。アプリの使用状況は時間の経過とともに、スマートフォンが学習します。
2)ワンタッチ固定
 縦画面に固定中、横画面の表示に変更したいシーンはありませんか?
画面に表示されるボタンをタップすることで、ワンタッチで横画面に固定することができます。
 ※本機能に対応したアプリを利用する必要があります。
3)通話音声メモ・伝言メモのSDカード保存
 録音した通話音声メモ・伝言メモのデータを、SDカードに保存することができるようになりました。

○改善される事象
4)まれにロック画面が正常に表示されない場合があります。
5)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年6月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

シャープ、SIMフリースタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-M08」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」がAndroid 9 Pieに!

シャープは18日、昨年12月に発売したコストパフォーマンスの高いスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの第2弾となる「AQUOS sense2」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense2 SH-M08」に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年6月18日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense2 SH-M08本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新ファイルサイズは約1038.7MBとなっており、シャープではWi-Fiでのダウンロードを推奨しています。更新にかかる再起動の時間は約18分。

なお、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「02.00.00」で、主な変更点は以下の通り。変更点はシャープの公式Webサイト「メーカーブランド製品(SIMフリー端末)Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主な更新内容
1)マナーモード:操作しやすい着信モード切り替え
2)コンテンツマネージャー:アプリ刷新
3)文字入力:UI改善、変換精度向上
4)カメラ:画質改善(ノイズ低減)
5)Googleアシスタント連携:アイキャッチセルフィー
6)電話:通話音声メモ・簡易留守録のエクスポート、非通知着信拒否
7)エモパー:安心して引継ぎできる自動バックアップ、外でもエモパーから通話スタイルでお話し
8)ナビゲーションバーを隠す、指紋ジェスチャーの設定
9)持つと画面点灯:高速化
10)AQUOS Home:アプリ検索機能の追加
11)AQUOS Frosted Cover:Frost Signに対応


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。