S-MAX

AQUOS_sense2

KDDI、au向け高コスパスマホ「AQUOS sense2 SHV43」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を5月29日より提供


auスマホ「AQUOS sense2 SHV43」がAndroid 9.0 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は27日、携帯電話サービス「au」向け「2018年秋冬モデル」として昨年11月に発売した価格を抑えたコストパフォーマンスの高いスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SHV43」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年5月29日(水)に提供開始するとお知らせしています。

更新は本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、アップデートファイルサイズは約1.11GB、更新にかかる時間は4Gで約40分、Wi-Fiで約30分となっていますが、利用環境によって異なるとのことです。

更新後のビルド番号は「02.00.01」で、ビルド番号は「設定」アプリを起動し→「システム」→「端末情報」→「ビルド番号」で確認できます。なお、OSバージョンアップを実施するには事前にビルド番号「01.00.06」にソフトウェア更新しておく必要があります。主な更新内容は以下の通り。

○主な改善内容
1)マナーモード:設定手順の変更
2)ステータスバー:デザインや表示内容の変更
3)クイックパネル:デザインや表示内容の変更
4)アプリ使用履歴画面:表示方法の変更
5)マルチウィンドウ:操作方法の変更
6)電話アプリ:着信拒否設定機能の追加
7)電話アプリ:通話音声メモ・簡易留守録
8)AQUOS Home:デザインや表示内容の変更
9)画面回転機能の追加
10)電源ボタン:「スクリーンショット」機能の追加
11)ナビゲーションバー:新しい操作方法の追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
12)クイックパネル/クイック設定パネル:切り替えアイコンの削除
13)クイック設定パネル:各機能ボタン直下の「▼」
14)AQUOS Home:デスクトップシートの並べ替え機能の削除
15)時計アプリ:「通常マナー中の鳴動」設定の削除

○その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(7.6MB)[PDF]


続きを読む

au向け安心スマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」が発表!6月中旬以降発売。かんたんホームやはっきりビューなどで初心者でも分かりやすく使いやすい


au向け高コスパスマホ「AQUOS sense2 SHV43」がかんたんモデルに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてスマートフォン(スマホ)が初めてでも分かりやすく簡単・安心に使えるエントリー向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」(シャープ製)を発表しています。

昨年11月に発売された「AQUOS sense2 SHV43」とハードウェアは共通で、大きなアイコンの「AQUOSかんたんホーム」、画面の明るさやコントラストを調整して文字や写真を見やすくする「はっきりビュー」、大きく読みやすい文字サイズへの変更、文字入力キーボードを見やすくする「S-Shoin一括シンプル切替」の4つの機能がプリセットされています。

発売時期は6月中旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格32,400円の実質負担額25,560円からとなっています。

続きを読む

シャープ、高コスパなスタンダードスマホ「AQUOS sense2」のSIMフリー版「SH-M08」を発表!12月27日発売で、価格は税別3万4880円。5.5インチFHD+液晶やS450、3GB RAM、FeliCa、防水・防塵など


SIMフリーの高コスパスマホ「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」が登場!

シャープは20日、コストパフォーマンスの高いスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの第2弾となる「AQUOS sense2」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense2 SH-M08」を発表しています。2018年12月27日(金)より順次発売され、価格は市場想定価格で税別34,880円(税込37,670円)となっています。

販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所で、すでに予約受付を実施しており、量販店では税込37,670円の10%(3,767ポイント)還元となっているほか、MVNOでも楽天モバイルやBIGLOBEモバイル、IIJmioなどが取り扱いを発表して価格を案内しています。

続きを読む

NTTドコモ、docomo withスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を12月14日に発売!5.5型FHD+液晶やS450、3GB RAM、防水、FeliCaなどで一括3万1752円の高コスパモデル


docomo with対象の高コスパスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」が12月14日発売!

NTTドコモは10日、今冬から来春かけて発売する「2018-2019 冬春モデル」のうちの約5.5インチFHD+(1080×2260ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)を2018年12月14日(金)に発売すると発表しています。

すでに発売に先立ってドコモショップや量販店などのドコモ取扱店の店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では11月28日より予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは12月12日(水)10時より購入手続きが開始されるということです。

また価格(金額はすべて税込)は本体価格が一括31,752円(分割1,323円/月×24回)となっており、月々サポートや端末購入サポートといった端末購入補助はないものの、代わりにずっと月額利用料から1.620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種となっています。

なお、シャープでは『ドコモ スマートフォン「AQUOS sense2 SH-01L」購入キャンぺーン』を実施し、AQUOS sense2 SH-01Lをすべてのドコモ取扱店で購入した人全員に「使いこなしガイド」をプレゼントします。実施期間は販売開始日からなくなり次第終了。

続きを読む

NTTドコモが高コスパスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を11月28日に予約開始!価格はdocomo with対象で一括3万1752円。5.5型FHD+液晶やS450、3GB RAM、防水、FeliCaなど


docomo with対象の高コスパスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」が11月28日予約スタート!

NTTドコモは27日、今冬から来春かけて発売する「2018-2019 冬春モデル」のうちの約5.5インチFHD+(1080×2260ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)を2018年11月28日(水)より予約を受け付けるとお知らせしています。

発売時期は2018年12月以降を予定し、発売に先立って販路となる公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では11月28日10時から、ドコモショップや量販園などのドコモ取扱店の店頭では開店より予約受付が開始されます。

価格(金額はすべて税込)は本体価格が一括31,752円(分割1,323円/月×24回)で、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助はないものの、代わりにずっと月額利用料から1.620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種となっています。

なお、シャープでは『ドコモ スマートフォン「AQUOS sense2 SH-01L」購入キャンぺーン』を実施し、AQUOS sense2 SH-01Lをすべてのドコモ取扱店で購入した人全員に「使いこなしガイド」をプレゼントします。実施期間は販売開始日からなくなり次第終了。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。