S-MAX

AQUOS_sense

2年間最大2回のOSバージョンアップを約束したシャープ。人気のスタンダードスマホ「AQUOS sense」をAndroid 8.0にバージョンアップしてみた!電話・電話帳アプリも改善【レビュー】


人気のスタンダードスマホ「AQUOS sense」がAndroid 8.0 Oreo Oreoに!変更点をじっくり紹介

昨年11月以降シャープが投入した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」シリーズは、約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載してコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として人気を博しています。

販路も多く、auから2017年11月2日に「AQUOS sense SHV40」が発売されたのを皮切りに、NTTドコモから2017年11月10日に「AQUOS sense SH-01K」、UQ mobileから2017年11月22日に「AQUOS sense SHV40」、さらにスペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も2017年12月1日に発売されました。

さらには今年に入ってからもワイモバイルからAQUOS senseをベースモデルとし、おサイフケータイ機能と指紋認証機能を除いた「Android One S3」が1月18日に、ソフトバンクブランドでも同じ名称で1月26日に発売され、ソフトバンクからはほぼ同等の機能で法人向けの「AQUOS sense basic」が2月16日に発売されました。

シャープはAQUOS senseを含む昨年以降に発売したモデルからOSアップデートを2年間最高2回提供することを約束しています。今年発売されたソフトバンクおよびワイモバイルのAndroid One S3とソフトバンクのAQUOS sense basicについては最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」がプリインストールされた形で発売されましたが、昨年発売されたNTTドコモ、au、UQ mobile版は「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」がプリインストールされており、Android 8.0 OreoへのOSアップデートが予定されていました。

そして、auのAQUOS sense SHV40は3月12日に、NTTドコモのAQUOS sense SH-01Kは3月13日にAndroid 8.0 Oreoへのアップデートが提供されました。今回は筆者が所有しているauのAQUOS sense SHV40をAndroid 8.0 OreoへOSバージョンアップしてみたので、更新方法とアップデート後の変更点について紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense SH-01K」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「AQUOS sense SH-01K」がAndroid 8.0 Oreoへ!

NTTドコモは13日、同社が昨年11月に発売した「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SH-01K」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense SH-01Kの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間は約40分、更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「02.00.00」で、主な変更点は以下の通りとなっています。

なお、変更点はシャープの公式Webサイト「OSバージョンアップ|AQUOS sense SH-01Kサポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。シャープの「AQUOS sense」としては3月12日に配信開始されたau向けに続いてのAndroid 8.0 Oreoの提供開始となりました。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)の対応
2)スマートなテキスト選択
3)AutoFillに対応してログイン情報の入力が容易に
4)アルバムアプリの機能追加

◯改善される事象
5)まれに、起動時にエラーが表示される場合があります。
6)非通知設定で発信した際、正常に発信履歴が残らない場合があります。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、シャープのau向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月12日から提供開始


auスマホ「AQUOS sense SHV40」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2017年秋モデル」として販売されているシャープの新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年3月12日(月)より提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS sense SHV40本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約40分、アップデートファイルサイズは約1.07GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「02.00.02」で、主な変更点は以下の通り。

主な変更点はシャープの公式Webサイト「OSアップデート|AQUOS sense SHV40サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

◯主な改善内容
1)AQUOS HOMEの機能改善
 ・スライドして一覧表示
 ・アイコンバッジ表示
2)ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)の対応
3)電話帳アプリの機能改善
 ・電話帳一覧画面の改善
 ・グループ機能の表示方法を変更
 ・「PHONE」アカウントの廃止
 ・ダイヤル画⾯の構成変更
 ・通話履歴画⾯(⼀覧/詳細)の変更
4)電話アプリの機能改善
 ・クイック返信の履歴表⽰
 ・連絡先をタブ内に表⽰
 ・着信中画⾯に戻るボタンを追加
5)通知機能の改善
 ・バックグラウンドでアプリが実行中の通知の表示
 ・アプリアイコンバッジが通知と連動
6)auベーシックホーム初回利用時のバッチの表示設定の追加

◯主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
7)電話アプリの発信中画面
8)音声検索アプリのアイコン削除

◯その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(6.4MB)


続きを読む

シャープがユーザー向けイベント「au × AQUOS Special Night」を開催!2017年は国内携帯電話出荷台数シェア2位、Androidスマホ販売台数は1位と躍進【レポート】


シャープがauのAQUOSオーナー限定イベントを開催!

シャープは21日、auの「AQUOS」オーナー限定イベント「au × AQUOS Special Night」を開催した。イベントに招待された約30名のAQUOSオーナー、auの最新スマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact SHV41」や「AQUOS sense SHV40」、そして「AQUOS R SHV39」の製品説明や開発担当者との座談会を楽しんだ。

シャープは昨年からこうしたユーザーとの交流イベントを盛んに行っており、今回のauのAQUOSオーナー向けのイベントに続いて、NTTドコモやソフトバンクのAQUOSオーナー向けのイベントも開催される。なお、NTTドコモおよびソフトバンク向けのオーナーイベントについてもすでに申し込みは終了している。

今回はAQUOSの製品担当者および開発者との交流がメインとなるau × AQUOS Special Nightをレポートしたいと思う。

続きを読む

【年末企画】新スタンダードスマホ「AQUOS sense」がヒット!シャープ復活の1年~日本メーカーがスマホ時代のニーズにようやく応えた(スポーツライター・小林健志編)


ハイエンドからスタンダードまで魅力ある商品揃えたシャープが大躍進!

この1年は購入したスマートフォン(スマホ)はなく、今夏発売された1万3千円で買えるHuawei Technologies(ファーウェイ)製の激安Wi-Fiタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を購入しただけとなりました。MediaPad T3 7は主にメディアビューアとして利用しています。今年から高速Wi-Fiが整備されたユアテックスタジアム仙台にてDAZNで放送されているJリーグ中継映像を記者席でMediaPad T3 7を使って確認しながら、パソコンで原稿執筆ができるようになりました。安価ですが、DAZNをはじめ動画配信アプリは問題なく動きますので、重宝しています。

以前と比べると、総務省の指導もあって、ハイスペックなスマホやタブレットを安価に購入することは難しくなりました。そんな事情もあり、昨年から続く流れを加速させ、今年は必要十分の機能を備えたローエンド、ミドルエンドのスマホがさらに元気な1年になったと思います。

特にただ安いだけではなく、安定して使える商品が増え、月額1,500円(税別)の割引が永続的に受けられるNTTドコモの「docomo with」や、価格と通信料を完全分離し、利用するデータ料が少なければコストを安く抑えられるauのピタットプラン・フラットプランなど、キャリア側のMVNO対抗策が進んだことも相まって、高コスパを求める消費者のニーズに応えた商品がたくさん出ました。

中でも今年前半はNTTドコモのdocomo withに対応したサムスン電子製の「Galaxy Feel SC-04J」がバランスの取れた高コスパスマホとして人気を博し、ワイモバイルの「Android One」シリーズも一定の支持を得ましたが、今年後半大きな流れがありました。スマホ時代に入ってからこれまで試行錯誤を続けてきた国内メーカーシャープの逆襲・復活が始まったと強く感じました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。