S-MAX

AQUOS_sense_lite

シャープ、SIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」と「AQUOS R compact SH-M06」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SHARPのSIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」と「AQUOS R compact SH-M06」がAndroid 9 Pieに!

シャープは10日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「AQUOS sense lite SH-M05」と「AQUOS R compact SH-M06」に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年7月10日(水)より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新ファイルサイズおよび更新時の再起動に必要な時間は、AQUOS sense lite SH-M05が約1.3GBおよび約18分、AQUOS R compact SH-M06が約1.4GBおよび約12分。なお、シャープではファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの更新を推奨しています。

なお、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号はAQUOS sense lite SH-M05が「03.00.00」、AQUOS R compact SH-M06が「02.00.00」で、主な変更点は以下の通り。詳細はシャープの公式Webサイト「メーカーブランド製品(SIMフリー端末)Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご参照ください。

○おすすめ機能と主な更新内容
1)電池が長く持つ自動調節バッテリー機能
2)より便利な文字入力に変更
3)シンプルな操作になったマナーモード
4)ステータスバーやクイックパネルのデザイン変更
5)プライバシー保護とセキュリティ強化


続きを読む

シャープ、SIMフリースタンダードスマホ「AQUOS sense lite SH-M05」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」がAndroid 8.0 Oreoに!

シャープは14日、昨年12月に発売したスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズのSIMフリースマートフォン(スマホ)「AQUOS sense lite SH-M05」に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および3G・4Gの各回線によるネットワーク経由によるソフトバンク更新(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は約40分程度で、パケット通信料とデータ通信容量の発生を避けるために同社ではWi-Fi回線での実施を推奨しています。更新による変更点は以下の通り。

1)AQUOS Home
 ・アイコン表示でアイコンバッジに対応
 ・Google検索バーのレイアウトフリー化
2)電話アプリ
 ・着信画面で応答ボタンを上にスワイプして電話を取るように変更
 ・ダイヤラー/発着信画面がより使いやすく
3)ユーザビリティーの向上
 ・ピクチャー・イン・ピクチャーの対応
 ・通知チャンネルの対応
 ・オートフィル(パスワードなどの自動入力機能)の対応
4)その他
 ・音声検索アプリが非表示
など


続きを読む

シャープ、新スタンダードなSIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」を発表!12月上旬発売で、5インチフルHD IGZO液晶や3GB RAM、防水・防塵、おサイフケータイなど


SHARPがSIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」を12月上旬発売!

シャープは2日、同社のスマートフォン(スマホ)「AQUOS」の新スタンダードシリーズ「AQUOS sense」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense lite SH-M05」を発表しています。発売時期は2017年12月上旬を予定し、価格はオープンプライスながら市場予想価格はAQUOS senseと同等とされ、3万円前後になると見られます。

AQUOS senseと同様に約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU「Snapdragon 430」、3GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

また製品名に“lite”と付けられていますが、特に性能面では大きく劣っている部分はないようで、違いとしてはデザイン面では前面のディスプレイを覆うガラスがラウンドではなく平面となっているほか、背面の質感も変えられているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。