S-MAX

AQUOSsense2かんたん

auオンラインショップや自宅受取で3240円割引の限定キャンペーンに「AQUOS sense2 SHV43」と「AQUOS sense2 かんたん」を追加!本体価格2万9160円に


au Online Shopなどで「AQUOS sense2 SHV43」と「AQUOS sense2 かんたん」が3240円OFFに!

KDDIは11日、携帯電話サービス「au」において限定特別価格として公式Webストア「au Online Shop」およびau.com(自宅受取)で対象機種を購入すると販売価格が3,240円割り引かれる「限定キャンペーン」にスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SHV43」および「AQUOS sense2 かんたん」を追加しています。(金額は記載がない限りすべて税込)。

通常は両機種ともに本体価格32,400円(分割675円/月×48回)ですが、限定キャンペーンによって29,160円(分割初回631円+607円/月×47回)となっており、アップグレードプログラムEX(以下、UGPEX)を利用すると最大607円/月×24回(総額14,568円)の割賦金が免除されます。期間は2019年9月29日(日)23:59(予定)まで。

条件は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更が対象で、購入時に「2年契約 ・2年契約(自動更新なし)・スマイルハート割引」のいずれかに加入すること。なお、同時に実施されているau Online Shopおよびau.com(自宅受取)で購入した場合に抽選で99人に1人にau WALLETプリペイドカードへ9,999円(不課税)キャッシュバックは対象外です。

続きを読む

KDDI、au向け安心スマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」を6月14日に発売!価格は本体代3万2400円の実質2万5560円から。初心者でも分かりやすく使いやすい


au向け安心スマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」が6月14日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、携帯電話サービス「au」向けに今夏以降に発売する「2019年夏モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)が初めてでも分かりやすく簡単・安心に使えるエントリー向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」(シャープ製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格32,400円(分割675円/月×48回)で、月額390円(不課税)のアップグレードプログラムEXに加入して返却して次の機種に乗り換えた場合に48回払いのうちの25回目以降の割賦金が免除されて実質負担額25,560円((675+390)円/月×24回)からとなっています。


続きを読む

au向け安心スマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」が発表!6月中旬以降発売。かんたんホームやはっきりビューなどで初心者でも分かりやすく使いやすい


au向け高コスパスマホ「AQUOS sense2 SHV43」がかんたんモデルに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてスマートフォン(スマホ)が初めてでも分かりやすく簡単・安心に使えるエントリー向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」(シャープ製)を発表しています。

昨年11月に発売された「AQUOS sense2 SHV43」とハードウェアは共通で、大きなアイコンの「AQUOSかんたんホーム」、画面の明るさやコントラストを調整して文字や写真を見やすくする「はっきりビュー」、大きく読みやすい文字サイズへの変更、文字入力キーボードを見やすくする「S-Shoin一括シンプル切替」の4つの機能がプリセットされています。

発売時期は6月中旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格32,400円の実質負担額25,560円からとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。