S-MAX

ASUS

ASUS JAPAN、大容量5000mAhバッテリー搭載のSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro (M1) ZB602KL」を発表!12月21日発売で、価格は税抜2万9800円。エントリーモデル「ZenFone Live (L1) ZA550KL」も同日発売


エイスースから電池長持ちスマホ「ZenFone Max Pro (M1) ZB602KL」が登場!

ASUS JAPANは19日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製の「ZenFone」シリーズにおける大容量5000mAhバッテリーを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max Pro (M1)」(型番:ZB602KL)を日本市場にて2018年12月21日(金)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格は税別29,800円(税込32,184円)。販売拠点は公式Webストア「ASUS Store」や直営店「ASUS Store AKASAKA」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、すでに各所で予約受付を実施しています。

アスペクト比9:18の縦長6インチFHD+(1080×2160ドット)IPS液晶による“ほぼ全画面デザイン”を採用した電池長持ちスマホで、Qualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 636」や3GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミッドレンジクラスのバランスの良い機種となっています。

またすでに発表していた「ZenFone Live (L1)」(型番:ZA550KL)も同日12月21日に発売するとのことで、同じくASUS StoreやASUS Store AKASAKA、量販店、ECサイト、MVNOなどにてすでに予約受付実施しており、希望小売価格は税別16,800円(税込18,144円)。

続きを読む

ASUS JAPAN、1万6800円の低価格なSIMフリースマホ「ZenFone Live (L1) ZA550KL」を発表!12月中旬以降発売で、縦長5.5インチHD+液晶やS430、2GB RAMなど


エイスースから低価格なエントリースマホ「ZenFone Live (L1) ZA550KL」が登場!

ASUS JAPANは5日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製の「ZenFone」シリーズにおける低価格なSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Live (L1)」(型番:ZA550KL)を日本市場にて2018年12月中旬以降に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格は税別16,800円(税込18,144円)。販売拠点は公式Webストア「ASUS Store」や直営店「ASUS Store AKASAKA」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、すでに各所で予約受付を実施しています。

アスペクト比9:18の縦長5.5インチHD+液晶による“ほぼ全画面デザイン”を採用したエントリースマホで、初心者向けの機能を搭載しているほか、低価格ながらデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やジャイロセンサーを搭載しているとのこと。

また本体カラーはスペースブルー(型番:ZA550KL-BL32)およびミッドナイトブラック(型番:ZA550KL-BK32)、シマーゴールド(型番:ZA550KL-GD32)、ローズピンク(型番:ZA550KL-PK32)の4色から選べるとしています。

その他、別売りの純正アクセサリーとして本体背面を保護する専用ケース「Clear Soft Bumper(クリアソフトバンパー)」(希望小売価格:税抜980円、型番:90AC02Y0-BCS001)も同じく12月中旬以降に発売予定です。

続きを読む

ドン勝したいなら選ぶしかない?!ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone ZS600KL」とゲームをより快適にプレイできるようにする周辺機器を写真と動画で紹介【レポート】



”ホンキのゲーミング“スマートフォンが登場!エイスースのSIMフリースマホ「ROG Phone」を写真と動画でチェック

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)は16日、都内にて「『GAME CHANGER~スマホゲームの体験を一新する』ゲーミングスマートフォン新製品発表会」を開催し、ゲームをより快適にプレイするなどのための独自の拡張機能を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ROG Phone(型番:ZS600KL)」を日本で発売すると発表した。

すでに11月23日よりエイスースの直営店「ASUS Store Akasaka」および公式Webショップ「ASUS Store」や家電量販店、ECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱いを開始している。メーカー希望小売価格は119,500円(税抜)だ。

基本スペックとしてカスタマイズで最大周波数2.95GHzにクロックアップされたQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845)」および8GB(LPDDR4X)内蔵メモリー(RAM)、4000mAhバッテリー、Bluetooth 5.0、生活防水(IPX4準拠)などだ。

またmicroSDカードスロットは非搭載だが、UFS 2.1の512GB内蔵ストレージを搭載しているので、容量の大きいゲームも余裕でインストール可能である。OSはAndroid 8.1(開発コード:Oreo)をベースにした独自ユーザーインターフェース「ROG Gaming X mode UI(ROG UI)」となる。

その他、ゲーミングを掲げるだけあってディスプレイもフレッシュレートの高い有機ELを採用していたり、無線LAN(Wi-Fi)も通常のIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4・5GHzデュアルバンド対応)に加え、60GHz幅に対応したIEEE802.11adに対応する。

今回は発表会で展示コーナーにてROG Phoneの実機に触れることができたので、同時に発売されたさまざまな拡張ができる周辺機器を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ASUSがフラッグシップスマホ「ZenFone 5 ZE620KL」や「ZenFone 5Z ZS620KL」、「ZenFone 5Q ZC600KL」におけるAndroid 9 PieへのOSバージョンアップを2019年1月より順次提供


エイスースのZenFone 5シリーズが2019年1月より順次Android 9 Pieに!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は20日(現地時間)、現行フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5(型番:ZE620KL)」および上位モデル「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」、下位モデル「ZenFone 5Q・5 Lite・5 Selfie(型番:ZC600KL)」における最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップ提供時期を発表しています。

あくまで海外版についてですが、ZenFone 5 ZE620KLが2019年第1四半期(1〜3月)の早い時期、ZenFone 5Z ZS620KLおよびZenFone 5Q・5 Lite・5 Selfie ZC600KLが2019年1月末より順次配信されるということです。

続きを読む

ASUS JAPAN、高性能なゲーミングスマホ「ROG Phone ZS600KL」を発表!SIMフリーで11月23日発売。価格は約13万円で予約受付中


いよいよゲーミングモンスタースマホ「ROG Phone ZS600KL」が日本で11月23日発売!

ASUS JAPAN(以下、エイスース)は16日、都内にて「ゲーミングスマートフォン新製品発表会」を開催し、同社のゲーミングブランド「ROG」を冠した初のスマートフォン(スマホ)「ROG Phone(型番:ZS600KL)」(ASUSTeK Computer製)を日本で発売すると発表しています。

発売日は2018年11月23日(金)で、すでに同日15時30分より公式Webショップ「ASUS Store」などにて予約販売が開始しており、価格は市場想定価格およびASUS Storeにおける価格では税抜119,500円(税込129,060円)。

またASUS Storeおよび直営店「ASUS Store Akasaka」ではROG Phone本体に加え、TwinView DockやASUS WiGig Display Dock、Mobile Desktop Dock、Gamevice for ROG Phone、ASUS Professional Dockの合計5点の別売りアクセサリーをセットにした「ROG Phone コンプリートセット」(税別199,500円)を限定販売しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。