S-MAX

Amazon.co.jp

Amazonで人気No.1のモバイルバッテリー!2千円台で買えるAnkerの大容量&コンパクト「PowerCore 13000」を購入したので写真で紹介【レビュー】

anker01
人気&定番の大容量ながらコンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を紹介!

最近のスマートフォン(スマホ)は単体でもかなり電池持ちが良くなり、普通に使っていれば仕事や遊びで1日外出するくらいならバッテリー切れにならないことが多くなっていると思います。

とはいえ、やはり、出先で電池がなくなってしまうという心配もあるため、周辺機器の中でもやはりまだモバイルバッテリーは人気商品でしょう。

筆者はこれまで4年ほど前に購入したNTTドコモの「ポケットチャージャー02」を使ってきましたが、最近のスマホはバッテリーが大容量化していることやポケットチャージャー02の劣化、さらに取材で出張も多いために5000mAhという容量が心許なくなってきました。

また、急速充電できるACアダプターの使用に慣れてしまったことで、充電速度の遅さがストレスになっていました。そんなとき、先日6月12日にモバイルバッテリーなどの充電機器を中心に定番メーカーとなっているAnkerの人気商品のタイムセールが行われていました。

型落ちとなった商品が主でしたが、売れ筋の13000mAhのモバイルバッテリー「PowerCore 13000」が20%引きの2,150円で販売されていました。タイムセールで非常に安価だったこともあり、PowerCore 13000の購入を即決。なお、現時点ではタイムセール対象外ですが、価格はセール2,699円となっています。

翌日には商品が届きました。そこで今回は、発売は2015年秋と少し前ではありますが、現在も人気で「Amazon.co.jp」のカテゴリー「モバイルバッテリー」でベストセラー1位になっているPowerCore 13000を実際に使ったので、ここ数年でのモバイルバッテリーの進化を感じたことも含めて紹介したいと思います。

続きを読む

Amazon、薄く軽くなった新電子書籍リーダー「Kindle(2016)」を発表!日本では7月20日発売で、価格はプライム会員なら4980円、非会員なら8980円から


Amazon.co.jpにて新しい電子書籍リーダー「Kindle(2016)」が7月20日に発売!

Amazonは22日(現地時間)、6インチモノクロ電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー「Kindle」の新しい製品「Kindle(Newモデル)」(以下、「Kindle(2016)」)を発表しています。アメリカでは2016年7月7月(木)、日本の「Amazon.co.jp」では2016年7月20日(水)に発売され、すでに予約販売が開始されています。

新製品は既存のKindleよりも11%薄く、16%軽くなり、ホワイトとブラックの2色が用意。価格(税込)はキャンペーン情報つきがAmazonプライム会員ならクーポン「PRIMEKINDLE」を適用して4,000円OFFの4,980円、非会員なら8,980円、キャンペーン情報なしが会員なら6,980円、非会員なら10,980円。

続きを読む

Amazon、タブレット「Fire」および「Fire HD 8」、「Fire HD 10」に最新のFire OS 5.1.4へのアップデートを順次提供開始!Kindle 本(電子書籍)をmicroSDカードに保存可能に


Amazonが第5世代の最新FireタブレットにKindle本をmicroSDカードに保存できるソフトウェア更新を提供!

アマゾン ジャパン(以下、Amazon.co.jp)は15日、Amazon製のFireタブレット(「Fire」および「Fire HD 8」、「Fire HD 10」)における「Fire OS」を2016年6月初めより順次アップデートしているとお知らせしています。

これにより、アップデートしたこれらの機種で「Kindle 本」をmicroSDカードに保存可能になるほか、On Deck 機能によって自動的にいくつかの映画やTV番組がダウンロードされ、オフライン時でもFireタブレットで常にビデオを視聴できるようになるということです。

また、アップデート配信に合わせて、対象のFireタブレットと同時に購入すると「Made for Amazon認定取得 SanDisk製microSDカード」を通常価格よりさらに25%OFFした価格にて販売するキャンペーンを2015年6月17日(金)9時(日本時間)より開始予定するとしています。

続きを読む

Amazon.co.jpにて電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」のブラックがプライム会員なら6300円割引、非会員でも2300円割引!6月12日までの期間限定で7980円から購入可能


Amazon.co.jpにて電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の7980円からの特価!

アマゾン ジャパンは10日、同社が運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にて電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」(Amazon製)のブラックをAmazonプライム会員なら6,300円割引、非会員なら2,300円割引するキャンペーン「父の日セール」を実施するとお知らせしています。

対象期間は2016年6月10日(金)0時から6月12日(日)23時59分まで。これにより、例えば、最も安いKindle PaperwhiteのWi-Fiモデルのキャンペーン情報付きなら7,980円(すべて税込)で購入できます。

続きを読む

Amazon.co.jpにて10インチタブレット「Fire HD 10 2015」のアルミボディーモデルや64GB内蔵ストレージモデルが販売開始!16GBや32GBは既存色と同じ2万9980円から


10インチタブレット「Fire HD 10 2015」のアルミボディーや64GBストレージのモデルが追加!

アマゾン ジャパンは3日、同社が運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にて、Amazonブランドのタブレット「Fire」シリーズの10インチサイズ「新しいFire HD 10」(以下、Fire HD 10 2015)にアルミボディーと64GB モデルを追加したとお知らせしています。

価格はアルミボディー(シルバー)は従来のカラーバリエーションと同じく16GBモデルが29,980円、32GBモデルが32,980円、64GBモデルが35,980円。なお、64GBモデルはアルミボディーのみとなっています。

続きを読む

Amazon.co.jpで「Kindle」が2480円から、「Kindle Paperwhite」が6980円から購入できる割引セールを実施中!プライム会員なら最大7300円OFF、非会員なら最大3300円OFF


Amazon.co.jpで「Kindle」と「Kindle Paperwhite」が最大7300円OFFのセール!

アマゾン ジャパンは13日、同社がが運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて電子書籍リーダー「Kindle」および「Kindle Paperwhite」(ともにAmazon製)が割引価格で購入できる「英語・多読キャンペーン」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2016年5月13日(金)17:00から2016年5月22日(日)23:59まで。割り引きはAmazonプライム会員か非会員かで異なり、それぞれキャンペーンページに記載されているクーポンを購入時に適用することで行われます。

会員ならKindleが6,500円OFFの2,480円から、Kindle Paperwhiteが7,300円OFFの6,980円から、非会員ならKindleが2,500円OFFの6,480円から、Kindle Paperwhiteが3,300円OFFの16,980円から(すべて税込)。なお、過去1年間に書籍を購入したことがある場合が対象。

続きを読む

FREETELブランドのSIMフリースマホがAmazonタイムセールにて約30%OFFの特価に!KIWAMIが2万9000円、MIYABIが1万4280円、KATANA 01が9980円


AmazonタイムセールでFREETELのSIMフリースマホがお買い得に!

アマゾン ジャパンは10日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」におけるAmazonタイムセールにてSIMフリーブランド「FREETEL」のスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI」(以下、極)や「SAMURAI MIYABI」(以下、雅)、「KATANA 01」(ともにプラスワン・マーケティング製)を本日限定で特価販売をしています。

価格は極(Amazon.co.jp)が通常42,984円のところ13,984円引き(33%OFF)の29,000円雅(Amazon.co.jp)が通常21,384円のところ7,104円引き(33%OFF)の14,280円KATANA 01(Amazon.co.jp)が通常13,824円のところ3,844円引き(28%OFF)の9,980円となっています。価格はすべて税込。

なお、極の各色が限定100台ずつ、雅の各色が限定50台ずつ、KATANA 01が限定100台となっており、それぞれPLUSYUが販売し、Amazon.co.jpが発送するということです。

続きを読む

アマゾン、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite(2015年モデル)」に新色ホワイトを追加!すでにAmazon.co.jpで販売開始し、プライム会員なら1万280円から購入可能


Amazon.co.jpにて電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite(2015年モデル)」の新色ホワイトが発売!

アマゾン ジャパンは26日、同社が展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」において6インチサイズの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite(2015年モデル)」の新色ホワイトを販売開始したとお知らせしています。

無線LAN(Wi-Fi)のみに対応したWi-Fiモデルと無料で使える携帯電話ネットワークにも対応したWi-Fi+無料3Gモデルが用意されており、価格は既存色のブラックと同じ。

具体的にはキャンペーン情報つきのWi-Fiモデルが14,280円、Wi-Fi+無料3Gモデルが19,480円、キャンペーン情報なしのWi-Fiモデルが16,280円、Wi-Fi+無料3Gモデルが21,480円、Amazonプライム会員であれば4,000円引きで購入できます(すべて税込)。

続きを読む

Amazon、電子書籍リーダーの最上位モデル「Kindle Oasis」を発表!日本でもすでに予約開始し、4月27日に発売――6インチでシリーズ最薄・最軽量・最長電池持ちに


Amazon.co.jpにて新しい電子書籍端末「Kindle Oasis」が4月27日に発売!

Amazonは13日(現地時間)、同社が開発・販売する電子書籍リーダー「Kindle」シリーズに新しく最上位モデル「Kindle Oasis」を発表しています。すでに日本のAmazon.co.jpでも予約受付を開始しており、発売日は2016年4月27日(水)を予定しています。

無線LAN(Wi-Fi)のみに対応したWi-Fiモデルと無料で使える携帯電話ネットワークにも対応したWi-Fi+無料3Gモデルが用意されており、価格はキャンペーン情報つきのWi-Fiモデルが35,980円、Wi-Fi+無料3Gモデルが41,190円、キャンペーン情報なしのWi-Fiモデルが37,980円、Wi-Fi+無料3Gモデルが43,190円(すべて税込)。

続きを読む

AmazonタイムセールでSIMフリースマホ「HTC Desire EYE」が3万7800円と「HTC Desire 626」が1万9800円、「HUAWEI Mate S」が5万1710円などと最大44%OFFでお買い得に


SIMフリースマホ「Desire EYE」と「Desire 626」、「HUAWEI Mate S」などがAmazonタイムセールで特価!

アマゾン ジャパンは10日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」におけるAmazonタイムセールにてSIMフリースマートフォン(スマホ)「Desire EYE」および「Desire 626」(ともにHTC製)、「HUAWEI Mate S」(Huawei Technologies製)を本日限定で特価販売をしています。

価格はDesire EYE(Amazon.co.jp)のレッドが通常60,264円のところ22,464円引き(37%OFF)の37,800円、Desire 626(Amazon.co.jp)のピンクが通常35,424円のところ11,878円引き(44%OFF)の19,800円、HUAWEI Mate S(Amazon.co.jp)」が通常86,184円のところ34,474円引き(40%OFF)の51,710円となっています。価格はすべて税込。

なお、Desire EYEとDesire 626はNTTコミュニケーションズが提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットですが、購入後契約する必要はありません。また、HUAWEI Mate SはmicroSDHCカード16GBが付属。

それぞれ限定数販売で、Desire EYEのレッドが40台、Desire 626のピンクが74台、HUAWEI Mate Sのローズゴールドが32台、ミスティークシャンパンが31台、チタニウムグレーが30台のみ。

Desire EYEとDesire 626は以前にも何度かAmazonタイムセールに登場していますが、いずれもこれまでの最低価格と同じですし、HUAWEI Mate Sは通常価格がかなり高価ですしあまりセールは行われてないので気になっていた人は是非チェックしてみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。