S-MAX

Amazon.co.jp

秋吉 健のArcaic Singularity:扇情のアマゾニスト。突然のAmazonプライム会費値上げからネット通販やオンラインサービスとの正しい付き合い方を考える【コラム】


Amazonプライム会費値上げからオンラインサービスのあり方について考えてみた!

筆者の下へ4月12日未明に訃報(?)が舞い込んできました。総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )の有料会員サービス「Amazonプライム」の会費が値上げされるというものです。

筆者は自他ともに認める重度のAmazon.co.jp(以下、Amazon)利用者であり、自称「アマゾニスト」というほどにAmazonのオンラインサービスを愛用しています。特にネット通販サービスへの依存度はかなり高く、最も多かった時期では年間300回、合計150万円分も利用していたことすらあります。

今回の会費値上げについてはこちらの記事に詳しいですが、年会費が従来の3,900円から4,900円に、月会費では400円から500円にそれぞれ値上げされ、年間では1,000円および1,200円の値上げとなります(金額は税込)。

現在のAmazonのサービスはネット通販のみならず電子書籍や音楽・映像配信、ストレージサービス、定期購入サービスとさまざまに幅を広げており、年間4,900円でも十分に安いと感じられるものですが、しかし突然の値上げだっただけに少々面食らったのは事実です。ましてや筆者ほど利用しない人々にとっては、あまり歓迎されない流れであろうことは十分に想像がつきます。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はAmazonプライム会費の値上げから、ネット通販およびオンラインサービスのあり方や利用のポイントなどを考察します。

続きを読む

アマゾン ジャパン、Amazonプライム会員の料金を値上げ!年会費3900円または月会費400円から年会費4900円または月会費500円に


日本のAmazonプライムの会費が値上げ!

アマゾン ジャパンは12日、同社が運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )における有料会員サービス「Amazonプライム」の会費を改定するとお知らせしています。

改定後の価格(金額はすべて税込)は年会費が4,900円、月会費が500円となり、変更前の年会費3,900円および月会費400円と比べるとそれぞれ年間1,000円および1,200円の値上げとなっています。

なお、改定後の会費は2019年5月17日以降の請求から適用されますが、例えば、月会費から年会費に変更といった会費プランを4月12日以降に変更する場合は改定後の会費が適用されるとのことです。

続きを読む

Amazon、明るさ調節ができるフロントライトを備えた6インチE-inkディスプレイ搭載の電子書籍リーダー「Kindle(第10世代)」を発表!日本では4月10日発売で、価格は8980円から


アマゾンから新Kindleが登場!低価格ながらフロントライトを搭載

Amazonは20日(現地時間)、同社が開発・販売する電子書籍リーダー「Kindle」シリーズにおいてベースモデルとなる6インチサイズの新機種「New Kindle」を発表しています。新たにディスプレイの明るさ調整ができるフロントライトを内蔵し、無線LAN(Wi-Fi)のみに対応したWi-Fiモデルのみとなっています。

これを受けてアマゾン ジャパンは20日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて「Kindle 電子書籍リーダー Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき (Newモデル)」を2019年4月10日(水)に発売すると発表しました。価格(税込)は「広告つき」が8,980円、「広告なし」が10,980円。

なお、ノーマルのKindleとしては2014年に発売した「Kindle(第7世代)」以来で、2019年に発売される第10世代のため、以下では「Kindle(第10世代)」とします。これにより、Kindleシリーズとしては6インチの上位モデル「Kindle Paperwhite」と7インチの最上位モデル「Kindle Oasis」というラインナップとなりました。

続きを読む

2.45インチFWQVGA液晶搭載の世界最小タフネスSIMフリースマホ「Unihertz Atom」がAmazon.co.jpで正式販売開始!価格は約3万円でまずは数量限定


SIMフリーの超小型タフネススマホ「Unihertz Atom」が正式販売開始!

中国のベンチャーメーカーであるUnihertz(ユニハーツ)は24日(現地時間)、世界最小の4G対応タフネススマートフォン(スマホ)「Unihertz Atom」(型番:ATOM-01)を2018年12月23日(日)に正式販売開始したとお知らせしています。日本ではAmazon.co.jpで販売されており、まずは数量限定とのこと。価格は現時点では29,399円(税込)。

Unihertz Atomは今年6月にクラウドファウンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達を開始し、無事に目標金額を達成して今年9月末より順次出荷していました。同社の前機種「Jelly Pro」に続いて日本で利用するための法的な認証(いわゆる「技適マーク」)も取得済み。

資金調達中は正式販売における標準価格を299ドル(約33,000円)と案内していましたが、中国およびアメリカに出荷できる「Aliexpress」では259.99ドル(約29,000円)となっているほか、日本向けのAmazon.co.jpでもそう変わらない価格と当初より安くなっています。

続きを読む

AmazonサイバーマンデーセールでSIMフリースマホなどが特価中!12月11日1時59分までOPPO R15 Pro・R15 Neo・Find XやHUAWEI P20・P20 lite・nova3、Moto Z2 Play・G6 Playなどがお買い得


Amazon.co.jpのCyber Monday Saleで人気SIMフリースマホがセール中!12月11日1時59分まで

既報通り、アマゾン ジャパンが運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )にて今年最後のビッグセール「Cyber Monday(サイバーマンデー)」(以下、アマゾンサイバーマンデーセール2018)が12月11日(火)1時59分(日本時間)まで実施されています。

その中で現在、仮想移動体通信事業者(MVNO)の初期事務手数料の代わりになるエントリーパッケージとのセットでSIMフリースマートフォン(スマホ)が割り引かれるセールが実施されており、アマゾンサイバーマンデーセール2018の期間中ずっと実施されている「OCN モバイル ONE」とのセットに加え、新たに「mineo」もしくは「BIGLOBEモバイル」とのセットが加わっています。

割り引かれているスマホは「HUAWEI P20」および「HUAWEI P20 lite」、「HUAWEI nova lite 2」、「HUAWEI nova 3」、「OPPO Find X」、「OPPO R15 Pro」、「OPPO R15 Neo」、「Moto Z2 Play」、「Moto G6 Play」、「g08」、「Covia FLEAZ BEAT」、「ZenFone 4 Max ZC520KL」、(リンクはS-MAX内関連記事へのもの)の合計12機種で、各MVNOのエントリーパッケージは契約が必須ではないのでスマホのみが欲しい場合でもOKとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。