S-MAX

Amazon.co.jp

Amazon.co.jpにてスマホ関連商品が最大50%OFFになるキャンペーンを3月13日まで実施中!SIMフリー本体ならHUAWEI Mate 9やBlackBerry Priv、Moto Z Playなど6機種が対象


Amazon.co.jpでSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」など6機種がセール中!

アマゾン ジャパンは15日、同社が展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にてSIMフリーのスマートフォン(スマホ)やスマホ関連商品が最大50%OFFになるキャンペーン「スマートフォン関連商品がレジで50%-5%OFF」を2017年2月15日(水)00時00分から2017年3月13日(月)23時59分まで実施しています。

対象商品はスマホ本体では「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI GR5」、「BlackBerry Priv」、「BlackBerry Passport」、「Moto Z Play」、「Moto X Play」となっており、おおよそ10〜20%OFFに(リンクは各Amazon.co.jpの商品ページ)。

割引は自動適用され、例えば、HUAWEI Mate 9なら59,676円が5,986円引きの53,708円となっています。期間が終了する前でも対象商品の在庫がなくなり次第終了とのこと。

続きを読む

ワイモバイルSIMスターターキットをAmazon.co.jpで購入して申し込むと最大2万円分のギフト券プレゼントキャンペーンが開始!SIMカード同梱なので契約後すぐ使える


ワイモバイルSIMスターターキット Amazonギフト券最大20,000円分プレゼント!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供する携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」の申し込みに使える「ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット音声通話/データ通信共通」が昨年10月より大手Webストア「Amazon.co.jp」にて販売されています。

しかし価格が3,240円(税込)と通常の初期手数料と変わらずあまりお得ではありませんでしたが、そのワイモバイルSIMスターターキットにて2017年2月10日(金)から3月31日(金)まで「Amazonギフト券最大20,000円分プレゼント」を実施されています。期間中にスマホプランM・Lに申し込むと20,000円分のAmazonギフト券、スマホプランSに申し込むと10,000円分がプレゼントされます。

公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」でもほぼ同様の最大20,000円現金キャッシュバックを行っているので特にお得感はありませんが、一般的なエントリーパッケージとは異なってSIMカードが入っているため、申込手続き後に契約が完了したらすぐに使えるのがメリットでしょうか。

続きを読む

Amazon.co.jpにてモンストがFireシリーズに対応したことを記念して「Fireタブレット(7インチ)」が最大5千円引、「Fire HD8 タブレット(8インチ)」が4千円引などのキャンペーン


アマゾンにてFireタブレットがプライム会員なら最大5千円OFF+500コインプレゼント中!

アマゾンジャパンが運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にてスマートフォン(スマホ)など定番ゲームアプリ「モンスターストライク」がタブレット「Fire」シリーズに対応したことを記念して「Fireタブレット(7インチ)」および「Fire HD8 タブレット(8インチ)」(ともにAmazon製)を割り引くなどのキャンペーンを実施しています。

キャンペーンでは、Fireタブレット(7インチ)がAmazonプライム会員なら5,000円引きかつAmazonコインを500コインプレゼント、非会員なら1,000円引き、Fire HD8 タブレット(8インチ)がAmazonプライム会員なら4,000円引きとなっています。

ともに購入時にクーポンを適用することで割引やコインがもらえます。なお、Fireタブレット(7インチ)のキャンペーンについては対象期間が日本時間(JST)の2017年2月8日(水)10時00分から2017年2月12日(日)23時59分までとなっています。

続きを読む

au回線の格安SIM「UQ mobile」のエントリーパッケージがアマゾンで販売中!初期費用が500円になって最大1万円のキャッシュバックがもらえる――au版iPhone 6・6 Plusも利用可能


UQ mobileのエントリーパッケージで最大1万円キャッシュバック!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において通常3,240円(税込)がかかる初期費用を500円(税込)に抑えられる「【Amazon.co.jp限定】BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージ」が販売されています。

少しわかりづらいですが、新たにKDDIグループになったビッグローブが販売する同じKDDIグループのMVNO(いわゆる「格安SIM」)のUQ mobileの新規および他社から乗り換え(MNP)の契約ができるエントリーパッケージになっています。

このエントリーパッケージを用いると、初期費用が500円になるだけでなく、2017年2月21日(月)までに料金プラン「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」を契約すれば10,000円、「データ高速+音声通話プラン」を契約すれば5,000円がキャッシュバックされます。

すでに紹介したようにUQ mobileでは今年に入ってau版とSIMフリー版の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」でも使えるVoLTE非対応のCDMA 2000・LTE対応SIMカードもUQ mobileのオンラインショップで販売開始されており、同時にこれらの機種も動作確認機種に追加されています。

iPhone 6・6 Plusは2014年9月に発売され、今年の春に丸2年を迎える人も多いかと思われ、SIMロック解除しなくてもそのままau版のiPhone 6・6 Plusも使えるので新機種に乗り換えなくていいという場合や、自分の分は新機種に乗り換えつつ、余ったiPhone 6・6 PlusをUQ mobileにして利用料を抑えるなどのときに良さそうです。

続きを読む

ファーウェイのダブルカメラ搭載SIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッド・ブルーがAmazon.co.jpにて10%引きの5万円切り!赤はすでに在庫が少ないのでお早めに


ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッドとブルーが10%OFFに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から販売されているSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9(以下、P9)」(Huawei Technologies製)。

今年6月に発売して以降、老舗カメラレンズメーカー「ライカ(Leica)」と共同開発したデュアルカメラを含めて高い評価を得ており、11月には新色のレッドとブルーを限定1000台ずつ発売。同時にメーカー希望小売価格(税抜)も59,800円から50,800円に値下げしました。

先日、さらに上位の最上級のフラッグシップスマホとして「HUAWEI Mate 9」が発売されましたが、画面が5.9インチサイズとかなり大きいこともあり、手の小さい人などは5.2インチサイズのP9のほうが良いという人もいるかと思います。

そんなP9のレッドとブルーが大手Webストア「Amazon.co.jp」にて10%OFF(5,309円引き)の税込49,555円に値下げされているので是非、この機会に気になっていた人はチェックしてみてください。特にレッドはすでに店頭在庫のみでファーウェイ・ジャパンのほうにはないようなので最後チャンスかもしれないですよ。

続きを読む

ワンプッシュで日用品を買い足しできる「アマゾンダッシュボタン」を購入!セットアップの手順説明&使った感想【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

日本でも12月5日に発売となった「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」(以下、ダッシュボタン)は、ボタンを押すだけで日用品の買い足しができる便利なIoT製品です。

プライム会員のみが購入でき、価格は500円(税込)の送料無料。またダッシュボタンによる初回注文時に請求額から500円が差し引かれるので、実質無料となっています。今回、実際にダッシュボタンを購入して使ってみましたので、使い方の説明や感想を紹介したいと思います。

続きを読む

ファーウェイの人気SIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」がAmazon.co.jpで10%OFFになるセール「WinterSale」を実施中!単体購入で2万1132円から


ファーウェイの人気SIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」がAmazon.co.jpでセール中!

今年後半に最も販売台数を伸ばしたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製の人気SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9 lite(型番:VNS-L22)」(以下、P9 lite)。今年6月に発売後、長らく高い評価を得ていたにも関わらず、さらに先月にはメーカー希望小売価格を値下げし、税別で従来の29,980円から4,180円値下げした25,800円となっています。

そんなP9 liteですが、現在、大手Webストア「Amazon.co.jp」にてセール「WinterSale(レジで10%OFF)」として10%OFFで販売されています。価格(税込)は本体色によって異なり、ブラックが通常23,480円の割引後21,132円、ホワイトが通常24,516円の割引後22,064円、ゴールドが通常24,500円の割引後22,050円となっています。

続きを読む

Amazon.co.jpにて電子書籍端末「Kindle」や「Kindle Paperwhite」がサイバーマンデーで大幅割引!対象モデルやクーポンコードをまとめて紹介――非プライム会員でも割引OK


shimajiro@mobiler

アマゾン ジャパンは12日、同社が展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にて1週間のビッグセール「サイバーマンデーウィーク」を実施しており、電子書籍リーダー「Kindle」や「Kindle Paperwhite」も対象となってお買い得になっています。

対象機種は「Kindle Paperwhite 32GB(マンガモデル)」および「Kindle Paperwhite」、「Kindle(Newモデル)」の3製品。期間は2016年12月12日(月)まで。

クーポンによる割引額はAmazonプライム会員の方が大きくなっているものの、プライム会員でなくてもクーポン割引は可能となっている。なお、Amazonプライム無料体験中の場合は、プライム会員向けのクーポンは適用不可だ。

続きを読む

アマゾン、ワンプッシュで日用品の買い足しができるIoT製品「Amazon Dash Button」を日本で販売開始!700種類以上の商品が用意


ゼロから始めるスマートフォン

アマゾン ジャパンは5日、ワンプッシュで日用品の買い足しができる小型端末「Amazon Dash Button」を日本のAmazon.co.jpで販売開始したと発表しています。

プライム会員のみが購入でき、価格は税込500円、送料は無料。ボタンを通じた初回注文時に請求額より500円が差し引かれるので、実質無料で入手できます。

購入できる商品は、花王、アサヒ、大王製紙、サントリー、伊藤園、ライオンなど、現時点で700種類以上の有名ブランドの商品が用意されています。

続きを読む

アマゾン、Amazonプライム会員向けに最短1時間以内に配送する「Prime Now」の提供エリアを東京23区全域に拡大!本日11月15日22時59分まで1時間以内配送が実質無料になるキャンペーンも


アマゾンが1時間以内に配達するプライム会員向け「Prime Now」がエリア拡大!

アマゾン ジャパンは15日、同社が運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」においてAmazon プライム会員向けに午前6時の注文から深夜1時まで商品を1時間以内に配達する「Prime Now」( https://amazon.co.jp/primenow )の提供エリアを東京23区全域に拡大したと発表しています。

日本ではおおよそ1年前の昨年11月19日にサービスを開始し、当初は東京都の世田谷区および目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)より開始し、順次対象エリアを拡大していました。

今回、新宿、池袋を含む城北エリアで拡大し、中野区、豊島区、北区、板橋区、練馬区がサービス対象区に新たに加わったことで東京23区全区で利用可能となりました(一部地域を除く)。

利用料は配送料は午前6時から深夜1時の配送時間を選べる「1時間以内配送(配送料金:税込890円)」と午前6時から深夜0時の間で2時間単位の配達時間を選べる「2時間便(配送料金:無料)」。

なお、日本でのPrime Now 1周年を記念し、Prime Nowの1時間以内配送を利用できるすべてのエリアを対象として、本日2016年11月15日(火)の12時から22時59分までの間に「1時間配送 実質無料キャンペーン」を実施し、1時間以内配送を利用した人に次回以降使える配送料890円分のクーポンをプレゼントするということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。