S-MAX

Amazon.co.jp

NTTドコモ、Amazon.co.jpでの支払いにキャリア決済が今月中に利用可能へ!auも追随して対応予定で記念キャンペーンも実施予定、SoftBankは未定


docomoとauがAmazon.co.jpでの支払いにキャリア決済対応予定!

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、その中で総合Webストア「Amazon.co.jp」における代金を毎月の携帯電話利用料金とまとめて支払いできるようにと明らかにしました。

提供開始時期は2017年5月(今月)中としており、別途、正式に発表がある見込み。昨日に同社ではiPhoneなどにおける「App Store」や「Apple Music」、「iTunes」、「iBooks」でのアプリや音楽、電子書籍などの各種コンテンツの購入などもキャリア決済できるようになりましたが、Amazon.co.jpもキャリア決済に追加されます。

また同日、KDDIおよび沖縄セルラー電話も追随してAmazon.co.jpの支払い方法としてauのキャリア決済サービス「auかんたん決済」が近日対応予定であるとお知らせしています。なお、auでは対応時期については明らかにされておらず、確定次第発表するとのこと。

さらにソフトバンクについては広報部に問い合わせたところ「現時点では(Amazon.co.jpへのキャリア決済については)未定」と回答。他社が導入したとなれば、今後交渉なりを進める可能性もあるため、SoftBankでも期待したいところです。

続きを読む

Amazon、新しい「Fire 7」および「Fire HD 8」タブレットを発表!日本では6月27日発売――特長は低価格の8980円から、プライム会員なら4980円からに


Amazonが新世代タブレット「Fire 7 2017」と「Fire HD 8 2017」を発表!

Amazon(アマゾン)は17日(現地時間)、同社が開発・販売するタブレット「Fire」シリーズに新しい7インチサイズの「All-new Fire 7」(以下、Fire 7 2017)および「All-new Fire HD 8」(以下、Fire HD 8 2017)を発表しています。

これを受けてアマゾン ジャパンは18日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて「Fire 7 タブレット (Newモデル)」(Fire 7 2017)および「Fire 8 HD タブレット (Newモデル)」(Fire HD 8 2017)を2017年6月7日(水)に発売すると発表。

発売に先立ってすでに事前予約受付を開始し、価格(税込)はFire 7 2017の内蔵ストレージが8GBで8,980円、16GBで10,980円、Fire HD 8 2017の内蔵ストレージが16GBで11,980円、32GBで13,980円。

さらにプライム会員ならクーポンコードを入力することで各モデルともに4,000円引きとなり、4,980円から購入可能。クーポンコードはFire 7 2017用が「PRIMEFIRE7」、Fire HD 8 2017用が「PRIMEFIREHD8」。

特長はFire 7 2017は従来モデル(Fire 7 2015)よりも軽く薄くなり、バッテリー駆動時間が最大約8時間へと伸びたほか、microSDXCカード(最大256GB)が利用可能で、Fire HD 8は従来モデル(Fire HD 8 2016)よりも同スペックでそれぞれ16GBで12,980円、32GBで15,980円から低価格化しています。

続きを読む

Amazon.co.jpのタイムセールにてSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」が5万444円や「HUAWEI nova」が3万780円、「HUAWEI nova lite」が2万780円などと割引中


Amazon.co.jpにてタイムセールでファーウェイのSIMフリースマホなどがお買い得に!

アマゾン ジャパンが運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」の「タイムセール」にてSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI nova」、「HUAWEI nova lite」、「HUAWEI P9lite」、モバイルWi-Fiルーター「NEC Aterm MR05LN」などが「OCN モバイル ONE」のエントリーパッケージとセットで割り引かれて販売されています。

これらはOCN モバイル ONEを契約する必要はないため、端末単体として購入可能。例えば、価格(税込)はHUAWEI Mate 9のシルバーが50,444円、HUAWEI novaのミスティック・シルバーとチタニウムグレーが30,780円などとなっています。

最近ではAmazon.co.jpにてアマゾン ジャパン以外が販売している「マーケットプレイス」にて注文したのに商品が届かないなどの詐欺が発生していますが、これらについてはHUAWEI Mate 9はAmazon.co.jpが、それ以外のHUAWEI novaなどはNTTコミュニケーションズが販売しています。

とはいえ、購入時にはしっかりと販売元をチェックして注文することをオススメします。なお、同じく「mineo」のエントリーパッケージとスマホなどのセットもタイムセールになっていますが、それほどお買い得ではない模様。

続きを読む

Amazon.co.jpでマーケットプレイス詐欺を回避するチェック項目・対応方法を紹介!極端に安かったり、取引件数が少ない出品者などには注意が必要


shimajiro@mobiler

アマゾン ジャパンが運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にて同社以外の業者がAmazon.co.jpで商品を販売する「マーケットプレイス」に悪意ある出品者が商品を出品し、商品未着による金銭的被害と購入者情報が搾取される詐欺が横行している模様だ。

金銭的な被害に関しては「Amazon マーケットプレイス保証」を申請することで返金されるケースも多いものの、悪意ある第三者に渡った個人情報(購入者の住所・氏名など)に関しては一度流出すると保護されないため注意が必要となる。

そこで今回は、詐欺出品と思われる出品の実例および詐欺被害を防ぐための対応方法を紹介しておく。

続きを読む

アマゾン、プライム会員向け生鮮食品即配サービス「Amazonフレッシュ」を提供開始!まずは東京6区でスタートし、月額500円で6千円以上なら1回ごと500円かかる送料は無料に


東京の港区など一部区で「Amazonフレッシュ」がスタート!

アマゾン ジャパンは21日、同社が運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」において有料会員「Amazonプライム」向けに野菜や精肉などの生鮮食品を、最短4時間で配送するサービス「Amazonフレッシュ」( https://amazon.co.jp/fresh/ )を2017年4月21日(金)より提供開始すると発表しています。

配送時間は8時から深夜0時までで、2時間ごとに受取時間帯を指定でき、注文から最短4時間で届けられるとのこと。Amazonプライム会員の年会費(税込3,900円)のほか、月額500円のAmazonフレッシュ利用料がかかり、さらに6,000円未満の注文の場合には配送料税込500円/回が必要。

6,000円以上なら配送料は無料で、当初の配送対象エリアは東京の港区や千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区(一部エリアを除く)となっており、順次拡大予定。「鮮度保証」プログラムが導入され、届いた食品の鮮度が悪かった場合に返金可能。

続きを読む

アマゾン、Amazonプライム会員向け即配サービス「Prime Now」においてマツモトキヨシやココカラファイン、三越日本橋本店の商品を取扱開始!合計最大7万点以上に拡大


アマゾンのプライム会員向け即配サービス「Prime Now」が取り扱い点数を拡大!百貨店やドラッグストアの商品も

アマゾン ジャパンは18日、同社が運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」において有料会員「Amazonプライム」向けに午前6時の注文から深夜1時まで商品を1時間以内に配達する「Prime Now」( https://amazon.co.jp/primenow )の取り扱い商品を2017年4月18日(火)より拡大したと発表しています。

これまでは主にAmazon.co.jpで販売している商品の中から日用品などを中心に販売していましたが、新たに提携店である「ココカラファイン」や「マツモトキヨシ」(以下併せて、ドラッグストア)、「三越日本橋本店」(以下、百貨店)による商品が追加されます。

現時点でのドラッグストアや百貨店の合計出品商品数は約1万1000点で、これにより、都内の対象エリアにおけるPrime Nowの取扱商品は最大7万点以上に拡大します。

続きを読む

Amazon.co.jpにて新しいスティック型STB「Fire TV Stick(Newモデル)」が4月6日に発売!クアッドコアCPUや11ac対応などになったほか、音声認識リモコン付属で4980円に


新しいスティック型STB「Fire TV Stick(Newモデル)」が発売!

Amazon(アマゾン)が2月20日に発表したテレビなどのHDMI端子のある画面に動画や写真などを出力して利用するスティック型セットトップボックス(STB)の新モデル「Fire TV Stick(Newモデル)」が日本で2017年4月6日(木)に発売しました。

アマゾン ジャパンが運営する「Amazon.co.jp」では価格が4,980円(税込)。新モデルではプロセッサー(CPU)がデュアルコアからクアッドコアに強化されたほか、無線LAN(Wi-Fi)も新たに11acに対応するなど、スペックが強化されています。

続きを読む

Amazon.co.jpの「春のタイムセール祭り」でSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、「BlackBerry PRIV」などが割引!明日4月2日までの対象商品をまとめて紹介


アマゾン春のタイムセール祭りの4月1〜2日分のセール対象をチェック!

既報通り、アマゾン ジャパンは2017年3月31日(金)0:00から4月2日(日)23:59まで総合Webストア「Amazon.co.jp」にてプライム会員限定で「春のタイムセール祭り」を実施しています。

初日となった昨日3月31日は数量限定タイムセールにSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、2in1 Windowsタブレット「HUAWEI Matebook」などが対象となり、例えば、HUAWEI Mate 9ではゴールドが100台限定ながら通常58,476円のところ48,672円とかなり割り引きされて販売されていました。

セールは特選タイムセールと数量限定タイムセールがあり、特選タイムセールでは本日4月1日限定でSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T1 7.0」が43%OFFの9,980円などとなっています。

その他、数量限定タイムセールは現時点でセール時の価格や数量などの詳細は明らかにされていませんが、一部のスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連商品もセール対象となっているのでプライム会員の人は是非チェックしてみてください。なお、金額はすべて税込表記。

続きを読む

Amazon.co.jpで「春のタイムセール祭り」が4月2日まで開催中!SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、「BlackBerry PRIV」なども数量限定で対象に


Amazon.co.jpの「春のタイムセール祭り」でモバイル関連製品も割引!

アマゾン ジャパンが展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にてプライム会員限定で「春のタイムセール祭り」を2017年3月31日(金)0:00から4月2日(日)23:59まで実施しています。

現時点ではセール時の価格などの詳細は明らかにされていませんが、一部のスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連商品もセール対象となっているのでプライム会員の人は是非チェックしてみてください。

続きを読む

Amazon.co.jpにてSIMフリースマホがワイモバイル スターターキットとセットで最大約8千円安く!契約しなくてもOKで、Moto Z・Z PlayやHUAWEI Mate 9・P9・novaなどが対象


Amazon.co.jpでSIMフリースマホがワイモバイルスターターキットとセットに!

アマゾン ジャパンが展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にてSIMフリーのスマートフォン(スマホ)と「ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット音声通話/データ通信共通」とセットで本体のみより安くなる販売を行なっています。

対象となるスマホは「HUAWEI nova」や「HUAWEI Mate 9」、「HUAWEI P9」、「HUAWEI P9 lite」、「HUAWEI GR5」、「Moto Z」、「Moto Z Play」、「Moto G4 Plus」、「Moto X Play」、「Alcatel IDOL 3」、「MADOSMA Q501」で、最大8千円程度割り引かれている機種もありますが、おおよそ2〜3千円くらいで色などによっても異なるため少しわかりづらいものとなっています。

なお、ワイモバイルSIMスターターキットはSIMカードは入っていますが、いわゆる「エントリーパッケージ」と同じく契約しなくてもOKとなっています。もちろん契約すれば、契約事務手数料もかからないため、キャッシュバックももらえてよりお買い得となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。