S-MAX

Androidスマートフォン

KDDI、au向け新ジュニアスマートフォン「miraie f KYV39」を発表!Google Play対応でアプリ追加可能で、フィルタリングも――防犯ブザーやセコムなどで安心・安全に


au向け新スマホ「miraie f KYV39」が1月下旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や1.4GHzクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名;Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「miraie f(型番:KYV39)」(京セラ製)を発表しています。

ひとりで外出する機会が増えた子どもに安心して持たせられるジュニア向けスマホとして2015年1月に発売された「miraie(型番:KYL23)」の後継機種でペットネームは「ミライエ フォルテ」と読むとのこと。新たにau VoLTEに対応したほか、miraieでは非対応だったGoogle Playにも対応し、各種のGoogleアプリ対応やアプリ配信マーケット「Google Playストア」からのアプリ追加にも対応。

さらに保護者が気になる「ネットの危険」や「使いすぎ」などといった「スマホを持たせたいけれど、躊躇してしまう」というニーズに応え、子ども側の「スマホは持ちたいけれど、子供っぽいデザインはイヤ」といった気持ちにも応じ、子どもが成長しても使い続けられるデザインを採用しています。

発売時期は2017年1月下旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格21,600円(分割900円/月×24回)、毎月割420円×24回(総額15,120円)で実質負担額6,480円(分割270円/月×24回)などを予定しているということです。

miraie fでは、以前から提供しているジュニアスマートフォンのmiraie向けに提供してきた料金プラン「ジュニアスマートフォンプラン」へ加入でき、月額基本料3,620円で「家族割」登録の家族への通話および1時~21時のau携帯電話宛の国内通話が無料となります。

さらにジュニアスマートフォンプランでは、データ容量を従来は0.5GBで提供してきましたが、miraie fの発売に合わせて2GBに改定し、メールなどのデータ通信も今まで以上に安心して利用できるということです。

その他、au公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から子どもがカバーを汚してしまっても水や温水で洗うことができる純正ケース「miraie f Washable Case」などを用意し、その他のすべてのアイテムがmiraie fが搭載している防犯ブザーボタンに対応しています。

続きを読む

オンキヨー、富士通と協業したハイレゾスマホ「HI-RES SMARTPHONE」(仮称)を公開!CES 2017で展示し、2017年に発売へ


ONKYOブランドのハイレゾスマホが参考出展!

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは6日、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催されていた世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」にてハイレゾ音源に対応したAndroidスマートフォン(スマホ)などを展示すると発表しています。

昨年に富士通コネクテッドテクノロジーズと協業を発表し、今年発売をめざして開発している段階。「HI-RES SMARTPHONE」(仮称)として展示され、各種認証機関にて「DP-CMX1」として通過している製品で、5インチフルHD(1080×1920ドット)タッチパネル液晶を搭載し、デジタルオーディオプレーヤーの開発で培った回路設計やアンプ設計技術を活かしているということです。

続きを読む

HMD Global、ノキアブランドの新スマホ「Nokia 6」を発表!中国で2017年早期に発売へ――5.5インチフルHD液晶やSnapdargon 430、4GB RAM、Android 7.0 Nougatなど


ノキアブランドのスマホが復活!新機種「Nokia 6」が発表

HMD Globalは8日(現地時間)、新しいスマートフォン(スマホ)「Nokia 6」を発表しています。昨年5月にMicrosoft子会社のMicrosoft MobileからNokia(ノキア)から買収した携帯電話端末事業のうちのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)部門を鴻海科技集団(Foxconn Group)の子会社であるFIH Mobileとともに買収し、新たに「Nokia」ブランドのスマホやタブレットを発売することを明らかにしていました。

Nokia 6はHMD Globalらによる初のNokiaブランドのスマホで、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や64bit対応のQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載。

開発・製造はFIH Mobileが担当し、中国市場にて2017年の早い時期に発売予定。オンラインストア「JD.com」にて価格は1,699人民元(約29,000円)となっています。

続きを読む

ZTE、デュアルカメラ搭載の新スマホ「Blade V8」を発表!日本でも発売予定で、5.2インチフルHD液晶やSnapdragon 435、指紋認証などのミドルレンジ


ZTEが新スマホ「Blade V8」を発表!日本にも投入へ

ZTEは5日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用した新しいスマートフォン(スマホ)「Blade V8」を発表しています。

背面に約1300万画素と奥行き用の約200万画素のデュアルカメラを搭載し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したミドルレンジ。なお、既報通り、CES 2017にて展示されており、日本でも発売予定であることが明らかにされています。発売時期は2月を予定しており、詳細な発売日や価格などは、別途、発表がある予定。

続きを読む

ZTE、低価格なデュアルカメラ搭載ミドルレンジスマホ「Blade V8 Pro」やユーザーの要望を取り入れた「Hawkeye」を発表!ベースモデル「Blade V8」もCES 2017で展示し、日本投入予定


ZTEが新スマホ「Blade V8」シリーズや「Hawkeye」を発表!

ZTEは4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「Hawkeye」および「Blade V8 Pro」を発表しています。

Hawkeyeはユーザーコミュニティー「Z-Community」で「Project CSX」として仕様などを募って開発した製品で、現在クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」にて出資を募っており、価格は199ドル(約23,000円)で、2017年9月に集荷予定。目の動きを感知して操作を補助してくれる機能などが搭載されるということです。

一方、Blade V8 Proは現行のミドルレンジ「Blade V7」シリーズの後継になる「Blade V8」シリーズとして発表され、発表会が行われたアメリカでは229.98ドル(約27,000円)と低価格ながら背面に約1300万画素のデュアルカメラを搭載。

また、Blade V8 Proのベースモデルで中心製品となる「Blade V8」もCES 2017で展示され、日本に投入する方針であることが明らかにされたということです。なお、Blade V8 Proはアメリカでは1月18日に発売されます。

続きを読む

ASUS、3Dカメラ「Tango」とVR「Daydream」に対応した新スマホ「ZenFone AR」を発表!5.7インチWQHD AMOLEDやSnapdragon 821、8GB RAMなどの超ハイスペックに


ASUSが新スマホ「ZenFone AR」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてプレスカンファレンス「Zennovation」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」および「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を発表しています。

ZenFone ARは事前の情報通り、Googleが開発を進める3Dマッピングカメラ「Tango」とVR機能「Daydream」に世界初両対応し、スペック的にも約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)有機EL(Super AMOLED)ディスプレイやSnapdragon 821 for Tango、8GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、2017年第2四半期(4〜6月)に投入予定。

日本での発売については現時点では案内されていませんが、SIMフリーのハイエンドスマホ「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」が販売好調なだけにZenFone ARの発売も期待したいところです。

続きを読む

ASUS、デュアルカメラ搭載で光学ズームに対応した新スマホ「ZenFone 3 Zoom」を発表!5.5インチフルHDやSnapdragon 625などを搭載し、日本でも発売へ


ASUSが新スマホ「ZenFone 3 Zoom」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてプレスカンファレンス「Zennovation」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」および「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を発表しています。

ZenFone 3 Zoomは背面に25mmと59mm(ともに35mm換算)の異なる焦点距離のレンズを2つ採用したデュアルレンズカメラを搭載し、光学2.3倍ズームおよびデジタルズームと合わせると最大12倍ズームに対応しています。またスマホとしては約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイや大容量5000mAhバッテリー、Snapdragon 625などを搭載。グローバル市場にて2017年2月より順次販売開始予定。

日本での発売については現時点では案内されていませんが、公式Webページのスペック情報には対応周波数帯に「TW/JP/HK/SG/PH version」という記載があり、前機種の「ZenFone Zoom」が発売されているだけに発売を期待したいところです。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリーの新スマホ「FREETEL Priori 4」を発表!1万4800円で1月27日発売、12月26日予約開始――Android 7.0 NougatへOSバージョンアップ予定


FREETELから1万4800円の低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」が発表!

プラスワン・マーケティングは21日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」における新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter 2」を都内で開催し、低価格な14,800円(税別)ながら大容量4000mAhバッテリーを搭載した新しいSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「Priori 4」を発表しています。

公式Webストアでは2016年12月26日(月)に事前予約受付を開始し、発売日は2017年1月27日(金)を予定。また発売当初はAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載していますが、2017年春頃に最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを予定しているということです。

続きを読む

シャープ、5インチミドルレンジのSIMフリースマホ「AQUOS SH-M04」を発表!防水・防塵・耐衝撃やおサイフケータイなどに対応ーー楽天モバイルなどから販売


シャープがSIMフリーの5インチミドルレンジのSIMフリースマホ「AQUOS SH-M04」を発表!

シャープは27日、SIMフリーの約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルレンジクラスのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SH-M04」(シャープ製)を発表しています。

NTTドコモ向け昨冬モデル「AQUOS EVER SH-02J」とベースは同じと見られますが、右側面にある指紋センサーがないため、どちらかというとUQ mobile向け「AQUOS L」に近い仕様となっており、2.5D強化ガラスを採用した持ちやすいラウンドボディーに防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、耐衝撃(MIL-STD-810G)、おサイフケータイ(FeliCa)、緊急速報速報、VoLTE、伝言メモなどが利用できるコストパフォーマンスの良いモデルです。

今後順次納入予定の各仮想移動体通信事業者(MVNO)などから2016年12月中旬より販売予定で、同日に「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )が取り扱うことを発表しており、すでに事前予約受付を実施しています。価格は店頭販売予定価格が 29,800円(税別)。楽天モバイルでは一括29,800円(税込32,184円)のほか、分割1,341円(税込)(税込)×24回(楽天カードなら手数料無料)で販売。

続きを読む

Google Playが楽しめてGmailも使える!デザインや操作性はそのままに基本性能を強化したドコモ向け「らくらくスマートフォン4 F-04J」を写真で紹介【レポート】

f-04j-003
使いやすさはそのままに、Google Playに対応した新型「らくらくスマートフォン4」登場

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、シニアなど向けに簡単に操作できるようにしたAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォン4 F-04J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2017年2月を予定し、事前予約などは後日別途開始される予定。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」を適用後の実質負担額が新規契約および契約変更、他社から乗り換え(MNP)で1万円台前半、機種変更で負担のない価格となる予定です。

シンプルで分かりやすい独自ユーザーインターフェース(UI)を実装し、シニア層向けスマホとして登場した「らくらくスマートフォン」シリーズも本機で4代目。画面に触れただけでは反応せず、押し込むことで「カチッ」というクリック感とともにボタンが反応する「らくらくタッチパネル」を初代「らくらくスマートフォン F-12D」から採用し続け、その操作性の分かりやすさから高い評価を得ているシリーズです。

これまでは独自UIや分かりやすさを優先した結果、らくらくスマートフォンシリーズの中でも上位機種として設定された「らくらくスマートフォンプレミアム F-06E」以外の機種では外部アプリのインストールはdメニューからダウンロードできるアプリに限定され、Googleアカウントを利用したGoogle Playの利用はできませんでした。しかし、本機ではGoogleアカウントの登録とGoogle Playの利用が可能となり、一気にアプリの楽しみ方が広がりました。

今回、発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーではモックのみの展示となっており、実機や試作機による操作は行なえませんでしたので、本体デザインや機能などを写真とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。