S-MAX

Androidスマートフォン

オンキヨー&パイオニア、高さ1.8mからコンクリートに落としても大丈夫なタフネススマホ「CAT S41」のSIMフリー版を発売!電池容量5000mAhで、モバイルバッテリーとしても使える


大容量5000mAh電池搭載のSIMフリータフネススマホ「CAT S41」が発売!

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは14日、高耐久性能を有した「CAT」ブランドの新しいAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「CAT S41」を2018年3月中旬に発売すると発表しています。

CAT S41は従来のCATシリーズと同様に防水・防塵(IP68準拠)や高さ1.8mからコンクリートに落としても壊れない耐衝撃などに対応するほか、大容量5000mAhバッテリーを搭載し、モバイルバッテリーとして他のスマホを充電できるバッテリーシェア機能に対応しています。

価格はオープンながら市場予想価格は65,000円前後で、量販店やECサイトなどで販売される予定。すでにヨドバシカメラなどで予約受付が実施されており、yodobashi.comでは64,800円(税込)の10%ポイント(6,480ポイント)還元となっています。なお、yodobashi.comでは3月16日販売開始と案内されています。

続きを読む

京セラ、防水・防塵やMIL規格16項目に対応した高耐久スマホ「DURA FORCE PRO KC-S702」のSIMフリー版を日本で3月14日に発売!価格は約8万円でNTT-X Storeなどで販売


SIMフリータフネススマホ「Kyocera DURA FORCE PRO KC-S702」が日本で発売!

京セラは14日、これまでアメリカ(米国)などの北米向けに販売してきた高耐久スマートフォン(スマホ)を「DURA FORCE PRO(型番:KC-S702)」として日本国内で2018年3月14日(木)に発売すると発表しています。

国内での販売については、京セラブランドのSIMフリースマホとして販売し、価格はオープンながら市場予想価格が税別74,000円(税込79,920円)で、まずはNTTレゾナントが運営するWebストア「NTT-X Store」にて販売開始されています。

なお、京セラでは米国で2018年2月現在、累計750万台以上の高耐久スマホやフィーチャーフォンを販売しており、特に今回日本で発売する製品は高耐久スマホのフラッグシップモデルとしての堅牢性とIPトランシーバー機能が法人を中心に支持されているとのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone Xの丸パクリ?スマホの「ノッチ」デザインブームや超縦長ディスプレイから考えるスマホデザインの進化と人々との関係【コラム】


スマホデザインの変遷と進化について考えてみた!

Appleが次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」を発表してから約半年、発売からは約4ヶ月が経ち、業界には1つのブームが生まれました。それは「ノッチ」デザインです。スマホの正面にはカメラや通話用スピーカー、照度センサーなどの設置スペースが必要となるため、ギリギリまで画面を広げようとするとどうしてもディスプレイに食い込む形で各種機能を配置せざるを得なくなります。

iPhone Xの発表当時から「M字ハゲ」などと揶揄されることすらしばしば起こるほどの激しい賛否両論が生まれましたが、以来たった数ヶ月でスマホ業界ではこのノッチデザインが完全にブームとなってしまい、次期バージョン「Android P」では標準でノッチをサポートすることになりました。果たしてこのデザイン、スマホにとって良い進化であったのでしょうか。

一方で、もう1つのブームとなりつつあるデザインが「超縦長ディスプレイ」です。従来は16:9という比率が一般的でしたが、スマホのフットプリントを変えず画面の表示領域をギリギリまで広げる方策として生まれたのが「更に縦に長くする」というものです。筆者としてはこちらのほうがよりスマートな印象がありますが、みなさんはどう感じているでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなスマホの画面デザインの変遷と利便性について考えます。

続きを読む

ミクシィがハードウェア事業を立ち上げへ!ゲーミングスマホ「CELL R1020」やBluetoothヘッドセット「Ratel BTH-101」を準備中。mixi&モンスト依存の脱却計る


ミクシィがゲーミングスマホなどのハードウェア事業へ参入!?

コミュニケーションサービス「mixi」やスマートフォン(スマホ)など向けゲーム「モンスターストライク」(以下、モンスト)などを展開しているミクシィがハードウェア事業を立ち上げる準備を行っていることが明らかとなりました。

いくつかの人材募集サービスにてモンストなどのゲームを中心として「通信事業」や「ハードウェア端末」、「決済系サービス」などの新規事業を担当する人を募集しています。

さらにミクシィが開発するゲーミングスマホ「mixi CELL R1020」やBluetoothヘッドセット「mixi Ratel BTH-101」といったハードウェア製品の存在が各種認証機関にて明らかとなっています。

続きを読む

ASUSがフラッグシップスマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」および「ZenFone 5 ZE620KL」、廉価モデル「ZenFone 5 Lite ZC600KL」をMWC 2018で発表!縦長画面のほぼ全画面デザインでAI対応に


エイスースがMWC 2018でフラッグシップスマホ「ZenFone 5Z・5・5 Lite」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は27日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催されている「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベント「ZenFone Unveil | We Love Photo」を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5(型番:ZE620KL)」および「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」、「ZenFone 5 Lite(型番:ZC600KL)」、「ZenFone Max (M1)(型番:ZB555KL)」などを発表しています。

発売時期はZenFone 5 Liteが2018年3月より、ZenFone 5が2018年4月より、ZenFone 5Zが2018年6月よりグローバル市場で順次投入され、価格はZenFone 5 LiteとZenFone 5は明らかにされておらず、ZenFone 5Zが479ユーロ(約63,000円)からとなっています。なお、日本での発売については明らかにされていませんが、これまでの「ZenFone」シリーズと同様に各機種ともに投入される可能性は高そうなので期待したいところです。できれば、海外にそれほど遅れることなく販売開始して欲しいところです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。