S-MAX

Androidスマートフォン

KDDI、au向け新スマホ「Qua phone QZ KYV44」を発表!防水・防塵・耐衝撃に対応したかわいい色合いが魅力の5インチミッドレンジモデルで、文具ブランド「Rollbahn」とのコラボも


au向けスマホ「Qua phone QZ」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、都内にて今春に発売するau向け「2018年春モデル」の説明会を開催し、約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Qua phone QZ(型番:KYV44)」(京セラ製)を発表しています。

お気に入りのステーショナリー(文具)のように持っていて楽しくなるような配色にこだわったカラーバリーションを展開し、スマホの本体カラーとしては珍しいチョコミントおよびカシスピンク、シトラスレモン、インディゴの4色を用意。

またDELFONICS(デルフォニックス)の定番メモ「Rollbahn(ロルバーン)」とコラボレーションしたオリジナルの「Rollbahnフラップケース」を公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から発売するほか、記念のオリジナルノートを抽選でプレゼントするキャンペーンも実施します。

発売時期は2018年2月下旬で、auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が実施し、au Online Shopではau +1 collectionのアクセサリーも含めて1月10日(水)10時より事前予約を開始する予定となっています。

続きを読む

KDDI、シニア層など向けauスマホ第3弾「BASIO3 KYV43」を発表!さらにサポートを充実させ、使い方動画紹介や同梱の診断カードにかざすと困っていることが解決できる機能などを搭載


au向けかんたんスマホ「BASIO3 KYV43」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、都内にて今春に発売するau向け「2018年春モデル」の説明会を開催し、誰でもわかりやすく安心して使えるやさしい機能を搭載したシニアなど向けAndroidスマートフォン(スマホ)「BASIO3(型番;KYV43)」(京セラ製)を発表しています。

新たに何かできないときに同梱されている「スマホの健康診断/かざして診断カード」に本体裏側のauマークをかざすと解決できる機能や、便利な活用方法などを通販番組のように実演してわかりやすく紹介する「使いこなし動画」をプリインストールしています。

発売時期は2018年1月下旬を予定し、auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が実施される予定。また旗艦店「au SENDAI」や「au SHINJUKU」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」の5店舗にて1月10日(水)より先行展示が行われます。

さらにBASIO3の購入者向けに「auスマートサポート」の加入月の利用料金3,000円が無料になるキャンペーンを2018年2月28日(水)まで実施するということです。対象はBASIO3の他に「BASIO2」含み、4ヶ月目以降は通常と同様に月額380円がかかります(金額はともに税抜)。auスマートサポートでは「auスマートサポートセンター」や「スマホ訪問サポート」などが利用できます。

続きを読む

Sony Mobile、スーパーミッドレンジスマホ「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia L2」を発表!普及価格帯でも4Kや120fpsスローモーションなどのムービー撮影が可能


ソニーブランドの新スマホ「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia L2」が発表!

Sony Mobile Communicationsは8日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2018年1月9日(火)から12日(金)まで開催される世界最大級のIT・家電関連展示会「CES 2018」に合わせてソニーブランドの新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia L2」を発表しています。

Xperia XA2およびXperia XA2 UltraはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を搭載して2018年2月に発売され、Xperia L2はAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)を搭載して2018年1月下旬に発売されるということです。

なお、既報通り、SonyではCES 2018に合わせて現地時間(PST)の1月8日17時(日本時間1月9日10時)からプレスカンファレンスを開催する予定となっており、今回発表されたXperia XA2などの説明もあるかもしれません。

続きを読む

ワイモバイル向けHTC製スマホ「Android One X2」を写真と動画で紹介!防水やおサイフケータイに加え、独自機能「Edge Sence」や「Uソニック・ハイレゾ」なども搭載【レポート】


Y!mobile向けスマホ「Android One X2」を写真でチェック!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が11月30日に今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における新しい「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X2」(HTC製)を発表しました。

発売は12月7日(木)ですでにワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施しています。価格(税込)は本体代67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)の実質31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)から。

Android OneとはすべてGoogleが部品の調達などを行い、メーカーカスタマイズが施されていないAndroid OSの搭載やその定期的なアップデートを最長で2年間保証するというもので、当初は主に新興国向けのブランドとして展開されましたが、その後日本でもワイモバイルがシャープと協力して「507SH」をAndroid One準拠モデルとして販売を始めた経緯があります。

以来「ワイモバイルと言えばAndroid One端末」という流れが生まれ、現在ではエントリーからミドルクラス向けのSシリーズと比較的ハイスペックなXシリーズとに分岐しつつあります。今回はそのハイスペックモデルの1つとして発表されたX2を写真とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能についてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

ASUS JAPAN、4100mAhバッテリーを搭載したSIMフリーの電池長持ちスマホ「ZenFone 4 Max ZC520KL」を12月8日に発売!事前予約開始で価格は約2.7万円に


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max ZC520KL」が日本で発売!

ASUS JAPANは5日、最新の「ZenFone 4」シリーズのうちの大容量バッテリーを搭載して電池が長持ちするSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Max(型番:ZC520KL)」を2017年12月8日(金)に発売すると発表しています。

前機種の「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」と同様に4100mAhバッテリーを搭載し、1日中外出している時でも安心できる電池持ち駆動時間約21時間および連続通話時間約32時間となっています。

またZenFone 4シリーズでは初のデュアルSIMとmicroSDカードを同時使用できるトリプルスロット搭載で、プライベートからビジネスまでアクティブな毎日をサポート。さらにZenFone 4シリーズの特長であるデュアルカメラも搭載し、背面に標準レンズと120°超広角レンズを採用して通常撮影と約2倍のワイド撮影を切り替えて行えます。

発売に先立って本日12月5日より事前予約受付を開始しており、価格はオープンながら市場予想価格は24,800円(税別)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では税込26,784円(税別24,800円)。販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)など。純正ケース「Clear Soft Bumper」も税別980円で販売。

さらに周辺機器として簡単かつ手軽にスマートフォンと接続し360度の空間を一度に撮影できる「ASUS 360° Camera」およびDC式カーチャージャー「ASUS Car Charger with USB-C」を発売し、同様に本日より事前予約受付を実施。発売日と価格は360° Cameraが12月中旬以降および税別13,800円、Car Charger with USB-Cが12月8日および2,980円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。