S-MAX

Androidスマートフォン

MAYA SYSTEM、海外でもそのまま使える「クラウドSIM」に対応したエントリー向けスマホ「jetfon P6」と「FREETEL P6」を発表!5月14日より順次発売、価格は1万8144円


クラウドSIMスマホ「jetfon P6」と「FREETEL P6」が登場!

MAYA SYSTEMは13日、海外でそのまま使える「クラウドSIM」に対応したエントリー向けスマートフォン(スマホ)「jetfon P6(型番:P3S18)」を発表しています。すでに5月14日より公式Webストアや同社の法人向け直販、量販店などの各販売拠点にて販売開始され、5月末以降順次発送予定で、価格は税抜16,800円(税込18,144円)となっています。

発売に合わせて2019年6月13日(木)までの期間に購入した場合に2020台限定で世界100ヶ国以上で30日間使える海外データ通信2GBまたは国内20GBのチャージコードをプレゼントする「海外・国内データ通信0円キャンペーン」( https://www.jetfon.jp/campaign/190513_100gb_20gb/ )を実施しています。チャージコードは2020年5月末まで入力できるため、30日間の利用開始タイミングは1年間の間に任意に選択可能です。

また製品仕様は同一ながら同社がプラスワン・マーケティングから継承したSIMフリーブランド「FREETEL」においても「FREETEL P6(型番:ELTP18A04)」として5月下旬以降より順次発売します。価格は同じ税抜16,800円(税込18,144円)ながら500台限定で発売前の事前購入限定価格として税抜14,800円(税込15,984円)で予約販売されています。

同社ではjetfon P6を主にローミングやモバイルWi-Fiルーターのレンタルといった既存の海外でのデータ通信手段を置き換えるアウトバウンド向けのトラベルフォンブランドとして、FREETEL P6を日本で格安SIMなどを組み合わせて利用するSIMフリーブランドとして異なる2ブランドで展開することでクラウドSIM搭載デバイスの普及を狙うとしています。

なお、クラウドSIMはオンライン上に世界各国のSIMを格納し、その中から最適なSIMを読み込むことでデータ通信を可能にする技術で、データ通信を専用アプリから簡単に設定して利用できるため、ルーターなどのレンタルのように事前申込や空港で受取・返却をする手間がなく、1日380円から世界100ヶ国以上で使えます。

続きを読む

SoftBank向け高コスパスマホ「LG K50」が発表!7月上旬以降発売。縦長6.26インチFullViewデザインやデュアルカメラ、3500mAhで電池長持ちなど


ソフトバンクから高コスパスマホ「LG K50」が登場!

ソフトバンクは10日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」として価格を抑えつつ快適に使える性能を備えたコストパフォーマンスの高いスマートフォン(スマホ)「LG K50」(LG Electronics製)を発表しています。

LG K50は海外では今年2月に発表されたエントリーからミッドレンジクラスで、アスペクト比9:19の縦長な約6.26インチHD+(720×1520ドット)TFT液晶「FullViewディスプレイ」やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、メタリックボディーによる高級感のある外観をした高コスパモデルです。

発売時期は7月上旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて6月下旬以降より事前予約受付が実施されます。価格は現時点で未定で、後日案内される予定。

なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を実施し、LG K50を購入した場合には必ずもらえる3,000円相当の還元がプレゼントされます。期間は購入が7月31日(水)まで、応募が8月7日(水)までで、付与時期は8月中旬以降を予定。

続きを読む

SoftBank向けあんしんスマホ「arrows U」が発表!6月下旬以降発売。縦長5.8インチFHD+液晶やS450、3GB RAM、デュアルカメラ、タフネス、FeliCaなど


ソフトバンクから富士通のあんしんスマホ「arrows U」が登場!

ソフトバンクは10日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」としてFujitsuブランドの日本メーカーによるあんしんスマートフォン(スマホ)「arrows U(型番:801FJ)」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は6月下旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて6月中旬以降に事前予約受付が開始される予定で、価格も現時点で未定となっていて後日案内される予定です。

なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を実施し、arrows Uを購入した場合には必ずもらえる3,000円相当の還元がプレゼントされます。期間は購入が7月31日(水)まで、応募が8月10日(土)までで、付与時期は8月中旬以降を予定。

続きを読む

シャープ、最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」を発表!デュアルノッチ採用の10bit表示6.2インチQHD+高輝度IGZO液晶やS855、6GB RAM、デュアルカメラなど


最新フラッグシップスマホ「SHARP AQUOS R3」が登場!

シャープは8日、都内にて『スマートフォン「AQUOS」新製品発表会』を開催し、同社のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」シリーズの最新モデル「AQUOS R3」を発表しています。2019年夏モデルとして2019年5月下旬以降に順次発売される予定ですが、現時点で販売する販路が明らかにされていません。

ただし、従来通りならNTTドコモやau、SoftBankといった各携帯電話会社から販売されると見られます。なお、すでに紹介しているように認証情報などから少なくともNTTドコモ向け「AQUOS R3 SH-04L」やau向け「AQUOS R3 SHV44」、Softbank向け「AQUOS R3」として投入される見込みです。


続きを読む

Googleが廉価スマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表!AIカメラやFeliCa、急速充電にも対応。日本でも5月8日販売開始で、価格は4万8600円と6万円


グーグルスマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が正式発表!日本でも販売

Googleは7日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2019」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、より価格を抑えた新しいスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」を発表しています。

イベントが開催されているアメリカを含むオーストラリアおよびカナダ、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、シンガポール、スペイン、台湾、イギリスの1次販売国・地域では同日5月7日より発売され、アメリカでの価格はPixel 3aが399ドル(約44,000円)、Pixel 3a XLが479ドル(約53,000円)となっています。

また日本でも昨年発売された上位モデル「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」と日本市場向け製品が5月8日より公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にて予約販売が開始されており、価格(税込)はPixel 3aが48,600円、Pixel 3a XLが60,000円で、お届けは5月16日(木)までとなっています。

なお、Google ストアでは5月17日(金)までにPixel 3aおよびPixel 3a XLを予約購入した人に期間限定でGoogle ストアで次回以降の買い物に使える5,000円分のプロモーション コードをプレゼントするキャンペーンを実施しています。その他、グーグル(以下、Google Japan)では日本においては各携帯電話会社からも販売されると案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。