S-MAX

Android

ITpro EXPO 2016:パナソニック、スマホとしても利用できる超堅牢なハンディターミナル「TOUGHPAD FZ-N1」を展示!購入手段なども聞いてきた【レポート】

6c3fcff1.jpg
スマホとして使える片手操作OKのTOUGHPAD!見たらきっと欲しくなる!?

東京・東京ビッグサイトにて2016年10月19日(水)から10月21日(金)の3日間に渡って日経BPが主催するIT技術や関連するビジネスの展示会「ITpro EXPO 2016」(イベント「Cloud Days 2016」および「ビッグデータEXPO 2016」、「Security&Governance 2016」、「Mobile Wearable 2016」、「IoT Japan 2016」、「FACTORY 2016」、デジタルヘルスDAYS 2016」、「eドキュメント JAPAN 2016」も併催)が開催されました。

今回はこのうちのモバイル&ウェアラブルエリア内のパナソニックブースにて2016年4月から販売されているAndroidスマートフォン(スマホ)としても利用可能な法人向けタブレット「TOUGHPAD FZ-N1」が展示されていたので、写真を交えて紹介します。


続きを読む

ZTEのSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」が発売!臨場感抜群のサウンド性能が魅力のハイエンドモデルを開封してパッケージや同梱品などを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
注目のZTEの新しいSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」を開封!内容物をチェックした

ZTEジャパンから本日10月21日に発売された高い基本性能と強力なサウンド性能が特長のSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」および「AXON 7 mini」(ともにZTE製)。どちらも価格対性能比の非常に良い高いコストパフォーマンス(高コスパ)というだけではなく、高品質なオーディオコンバーターと「Dolby Atmos」と呼ばれる音響システムを搭載するなど、コダワリ派も納得の非常に尖った製品となっています。

特にフラグシップに位置づけられているAXON 7はハイエンドにもかかわらず、税抜なら6万円を切る価格であるなど、SIMフリーのハイエンドスマホとして特に手にしやすい1台となっています。価格はAXON 7が59,800円、AXON 7 miniが39,800円。

今回、ZTEジャパンからAXON 7とAXON 7 miniの2機種を借りましたので数回に分けてレビューしていきたいと思います。まずは製品版が届きましたので、2機種まとめて開封して個装箱や同梱物を紹介します。


続きを読む

au向け新スマホ「Xperia XZ SOV34」を写真と動画で紹介!トリプルセンサーの高性能カメラ搭載と高純度メタル素材で美しく生まれ変わったソニーのフラッグシップ【レポート】


Xperia XZのau版はどうなってる!?写真でチェックしてきました!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、au向け「2016年冬モデル」として新しいAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載したスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SOV34」(ソニーモバイルコミュニケーション製)を発表しました。

ソニーブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ」は今年になって新たに投入された「Xperia X」シリーズにおける最上位モデル(今夏モデル「Xperia X Performance SOV33」はあくまでXperia Xの派生モデルという立ち位置)で、フラグシップに相応しい高いスペックを持っています。

特に新たに色を識別するための「RGBC-IRセンサー」が追加されて"トリプルセンサー"となり、さらにスマホとしては世界初の5軸手ぶれ補正に対応したリアカメラが特長です。また外観も高純度メタルボディーによる滑らかで一体感のあるデザインとなっています。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、価格は本体価格が73,440円、実質負担額で新規契約および機種変更なら37,800円から、他社から乗り換え(MNP)なら16,200円からとなっています(すべて税込)。

今回はさっそく先行展示を実施している旗艦店「au SHINJUKU」(東京・新宿)にてXperia XZ SOV34をタッチ&トライしてきましたので、実際に実機の外観や操作などを試してきました模様を写真と動画で紹介したいと思います。

続きを読む

大容量5000mAhバッテリー搭載ながら8.7mmと薄型のSIMフリースマホ「FREETEL RAIJIN 雷神」を写真と動画でチェック!4GB RAMやDSDSなどで2万9800円と高コスパに【レポート】


FREETEL期待の新型スマホは大容量バッテリー搭載の高コスパモデル!RAIJINを写真と動画で紹介

既報通り、プラスワン・マーケティングは6日、同社の携帯電話サービス・SIMフリー製品のブランド「FREETEL」の新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI 極 2」や「RAIJIN 雷神」など多数の発表を行いました。

このうちのRAIJINは5000mAhという大容量バッテリーを搭載した"スタミナモンスター"と名付けられていますが、それ以外にも4GB内蔵メモリー(RAM)や指紋センサー、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)、USB Type-C端子、Android 7.0(開発コード名:Nougat)などで、価格は29,800円(税別)とリーズナブルなのが魅力となっています。

今回はこの2016年12月に発売予定のRAIJINについて発表会のタッチ&トライコーナーにて実際に手に取ることができましたので、外観を写真と動画で紹介していきます。なお、展示されていたものは開発途中のもので、PINコードによる動作ロックがかけられており、実際に操作をしたりはできませんでしたので、あらかじめご了承ください。

続きを読む

Google、スマホなど向け最新プラットフォーム「Android 7.0 Nougat」の正式版を提供開始!Nexus 6Pや5X、6、9、PlayerおよびPixel C、Android Oneで無料で更新可能ーーLG V20が初プリインモデルに


Googleがスマホなど向け最新OS「Android 7.0 Nougat」の正式版をリリース!

Googleは22日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」( http://www.android.com/nougat )の正式版を提供開始したとお知らせしています。

これまで同社ではAndroid 7.0 Nougatの開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )をPreview 1から4まで提供し、不具合などを修正しつつ開発してきました。正式版が今夏(8〜9月)に提供すると案内していましたが、開発者向けプレビュー版と同様にいきなり配信開始されています。

対象機種は「Nexus 6P」および「Nexus 5X」、「Nexus 6」、「Nexus 9」、「Nexus Player」、「Pixel C」、そして、「Android One」で、これらの機種には8月22日から数週間に渡って順次提供が開始されるということです。

Android 7.0 Nougatのビルド番号は「NRD90M」。すでにNexus PlayerやPixel Cなどの一部機種にはFactory Imageも提供されています。また、AOSP(Android Open Source Project)でもオープンソースで公開されています。そして、最初にプリインストールされた製品「LG V20」を含むAndroid 7.0 Nougatを搭載したスマホやタブレットがパートナーのメーカーから投入されるとしています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 7.0 Nougat」の開発者向け最終プレビュー版を公開!次はいよいよ正式版に


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 7.0 Nougat」の開発者向けプレビュー最終版をリリース!

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」における開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )の最終版「Android N Developer Preview 5」(以下、DP5)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)と5月(Preview 3・増分更新β版)、6月にPreview 4(最終API・SDK)をリリースしていました。

予定では7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)となっていたため、順調に配信開始されたことになります。今後は今年の晩夏(8〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

なお、Android Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Nexus Player、Pixel C、Android One(General Mobile 4G)、Xperia Z3(D6603およびD6653)で利用でき、ビルド番号は「NPD90G」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

続きを読む

DellがAndroidスマホに続いてAndroidタブレットからも撤退!今後はWindows 10を搭載した2in1パソコンに注力


ゼロから始めるスマートフォン

DellがAndroidタブレット市場から撤退することを発表しています。同社コマーシャルクライアントソリューションズ担当副社長兼ジェネラルマネージャーのKirl Schell氏が公式Webサイトで現地時間の2016年5月16日付で公開した文章にて明らかになっています。

ただし、該当文書ではいわゆる専用のキーボードが用意されないスレート(板)型の"ピュアタブレット"から撤退するとのみ示されており、これに対し、CNETがDell担当者に確認したところ「Androidベースのタブレット製品Venueを終了することにした」と伝えています。

なお、Dellは2012年にAndroidスマートフォン(スマホ)からも撤退しており、今回、Androidタブレット「Venue」シリーズの開発・販売からの撤退を決定したことで、今後はWindowsを中心とした2in1製品に注力していくということです。

続きを読む

グーグル、車載向けソフトウェア「Android Auto」を日本で提供開始!パナソニックのカーナビ「Strada CN-F1D」のほか、日産やホンダ、VW、アウディ、マセラティの一部機種で利用可能


Googleの車載向けソフトウェア「Android Auto」が日本で本日スタート!

Google Japan(以下、グーグル)は13日、都内にて車載向けソフトウェア「Android Auto」の国内での提供を開始に合わせて記者発表会を開催しました。

対応機器はGoogleの認証を受け、日本では以前に紹介したパナソニックのカーナビ「Strada CN-F1D」がすでに販売中のほか、日産の「MM516D-L」や「MM516D-W」が2016年7月15日(金)に発売、さらに日産やホンダ、フォルクスワーゲン(VW)、アウディ、マセラティの一部車種。

続きを読む

世界標準品質を低価格で!日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」に自信を見せたY!mobileの新製品説明会を写真とともに解説【レポート】

androidone-001
Android Oneはスマホのスタンダードになり得るか!?Y!mobile向け「507SH」の説明会を紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

もともと新興国向けのアップデートプログラムとして展開が開始されたAndroid Oneですが、現在はその立ち位置を拡大して各国・地域に合わせた「Nexus」シリーズのようなGoogleが提唱するスマホの「リファレンスデザイン」的な存在になっています。これまで日本ではAndroid Oneの製品は発売されておらず、この507SHが国内初となります。

本記事では説明会でのプレゼンテーションの模様を紹介し、Y!mobileの狙いなどを解説します。なお、507SHの性能や機能についてはすでに紹介している写真・動画レポート記事をご覧ください。

続きを読む

国内初「Android One」のY!mobile向けシャープ製スマホ「507SH」を写真と動画でチェック!次期バージョン「Android 7.0 Nougat」も早めに提供予定【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内初のAndroid Oneスマホ!シャープのY!mobile向け「507SH」を写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズの当初のコンセプトは「低価格で提供することでAndroidの利用者を獲得していく」ことですが、一方で投入国・地域のメーカーや携帯電話会社と協力してその国・地域に合わせた機能やサービスを提供することもあり、今回の507SHも防水・防塵やワンセグを搭載するなど、Googleが企画・開発する「Nexus」シリーズにはない機能を有しています。

今回は発表会場にて展示機をタッチ&トライしてきましたので、その模様を写真と動画を交えて紹介します。なお、詳細な製品情報は「ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応 - S-MAX」も合わせて参照してください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。