S-MAX

Android

Google、Androidのバージョン別利用台数シェアを2017年7月時点に更新!Android 7.x Nougatのシェアがようやく10%台へ突入


Android 7.x Nougatのシェアが10%台へ突入!

Googleは6日(現地時間)、Androidのバージョン別の利用台数シェアを2017年7月6日(金)付に更新しています。集計期間は7月6日までの7日間。

そろそろ次期OSバージョン「Android 8.0」(仮称)のリリースが近づいてきていますが、ようやく「Android 7.x(開発コード名:Nougat)」のシェアが10%台に突入しました。

続きを読む

3.5mmイヤホンマイク端子の廃止でAndroidの10ms問題が解決する?USB Audio Class対応製品の増加に期待


USB Audioによって、Androidの10ms問題が解決する?

日本ではまだあまり見かけませんが、iPhoneに引き続き、日本でもモトローラ・モビリティ・ジャパンが発売した「Moto Z」やau・SoftBankから発売された「HTC U11」では非搭載となっているなど、Androidでも3.5mmイヤホンマイク端子が採用されなくなり始めています。

長年に渡って3.5mmイヤホンマイク端子を利用してきましたので、この変更は多くのユーザーにとって非常に大きなデメリットだと思われますが、メリットについて考えたことはあるでしょうか。

続きを読む

Android向けのマルウェア「Xavier clandestinely」がGoogle Playストアで公開されている800以上のアプリに潜む!感染すると巧妙に個人情報を盗み取る


Android向けのマルウェア「Xavier clandestinely」がGoogle Playストアにはびこる!

Trend Micro(トレンドマイクロ)は13日(現地時間)、Androidをターゲットとしたマルウェア「Xavier clandestinely」が標準のアプリ配信マーケット「Google Playストア」で配信されているアプリの中に紛れこんでいると警告をお知らせしています。

同社によると、Xavier clandestinelyは感染したスマートフォン(スマホ)などのAndroid製品からデータを盗むマルウェアで、Google Playストアで公開されている800以上のアプリに含まれているというのです。

Androidにとってこういったマルウェアの登場は特に珍しくはありませんが、Xavier clandestinelyは今までのマルウェアと比べて少し巧妙だとのこと。その動作はまさにパソコン(PC)向けのマルウェアとそっくりな動きをします。

つまり、リモートサーバーから悪意のあるコードをダウンロードして実行し、文字列の暗号化、インターネットデータの暗号化、エミュレーターの検出、自己保護のメカニズムを利用し、自身のトラフィックを隠蔽するということです。

続きを読む

いきなりSIMロック解除も実施!docomo with対応第1弾の安価なエントリースマホ「arrows Be F-05J」を購入したので開封して同梱品などをチェック【レビュー】


NTTドコモ注目の新割引サービス「docomo with」対応初製品となる「arrows Be F-05J」を購入&開封!

NTTドコモから「2017年夏モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として6月1日にに発売された「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

月々サポートや端末購入サポートといった購入補助がない代わりに、利用料金から毎月1,500円(税別)をずっと割り引く新しい料金割引「docomo with」が適応される対象製品第1弾となります。なお、docomo with対象製品としてはすでにもう1つ「Galaxy Feel SC-04J」も6月15日から販売開始されています。

arrows Be F-05Jは前機種「arrows SV F-03H」からスペックの変更はないものの、arrows SV F-03HをベースとしてOSをAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)へと刷新するなどのバージョンアップがされています。

NTTドコモから販売されるスマホとしてもdocomo with対応の2機種は比較的安価で、arrows be F-05Jについては本体価格(税込)が28,512円(分割1,188円/月×24回)という安価に購入可能というのもポイントで、これまでの月々サポートと同じ考え方をするならば、2年間で実質0円以下となります。

筆者も利用料が安く抑えられるようになるため、docomo with対応機種はどちらかは買おうと思っていたのですが、購入理由の上位となる「レッドがある」ということで、今回はarrows Be F05Jを全額dポイント支払いにて購入しました。

そこで本記事では恒例の開封レポートとして同梱物などを紹介するほか、arrows Be F-05Jの「購入前後に準備しておくこと」をまとめて紹介したいと思います。


続きを読む

Google、Android 2.1 Eclair以下における「Android Market」のサポートを6月30日に終了!以降は接続できず、Android Marketでのアプリのインストール・アップデート不可に


Android 2.1 Eclair以下のAndroid Marketが6月30日にサポート終了!

Googleは20日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の開発者向け公式ブログ「Android Developers Blog」にてAndroid 2.1(開発コード名:Eclair)以下におけるアプリ配信マーケット「Android Market」のサポートを2017年6月30日(金)に終了するとお知らせしています。

これにより、Android 2.1 Eclair以下においてこれ以降はAndroid Marketにアクセスできなくなるため、Android Marketでのアプリのインストールやアップデートが行えなくなるとしています。

なお、理由としてはAndroid Marketアプリの技術的な制限によるものと案内されており、対象製品への通知などは行われずに実施されるとのことなので、常用している人は少ないとは思いますが、ご注意ください。

続きを読む

大流行したWannaCryをインスパイアしたAndroid向けランサムウェア「WannaLocker」が発見される!外部ストレージにも感染し、支払いはAlipayやWeChatを利用


WannaCryをインスパイアしたAndroid向けランサムウェア「WannaLocker」が発見!

今年5月からWindowsを標的としたランサムウェア「WannaCry」が世界中で大流行してからしばらく経ちました。

ランサムウェアはウイルスのうちのマルウェアの一種で、感染したデバイスに制限をかけ、それを人質としてデバイスの所有者にマルウェアの作者へ身代金(ランサム)を支払うよう要求するのが特長です。

そんな中、fossBytesは9日(現地時間)、中国のクラッカーがWannaCryの外観を真似たAndroid向けのランサムウェア「WannaLocker」を作成したことを伝えています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android O」の開発者向けプレビュー版第3弾を公開!SDKなどが最終版になり、APIレベル26のアプリがリリース可能にーー主に不具合修正など


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android O」の開発者向けプレビュー3をリリース!

Googleは8日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android O」にて開発者向けプレビュー版「Android O Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )におけるAPIとSDKが最終版となるβ版の第3弾「Android O Developer Preview 3」(以下、DP3)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid O Developer Previewの第1弾となる「Android O Developer Preview 1(初リリースのα版)」を公開し、その後も5月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2017」に合わせて第2弾の「Android O Developer Preview 2(β版)」をリリースしていました。

予定では6月にPreview 3(最終API・SDK)が予定されていたため、順調に配信開始されたことになります。今後も7月(Preview 4・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)にアップデートを行い、今年の晩夏(8〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

DP3ではAndroid Oで採用されるAPIレベル26の最終版となって数百のバグ修正や最適化が行われており、公式なAndroid O APIによってアプリをコンパイルでき、Google Playストアで公開できるようになっています。

なお、Android Oの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 5XおよびNexus 6P、Nexus Player、Pixel、Pixel XL、Pixel Cで利用でき、ビルド番号は「OPP3.170518.006」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合にはまもなくソフトウェア更新がネットワーク経由で提供されるほか、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

続きを読む

グーグル、音声認識や人工知能、機械学習などを活用したサポート機能「Google アシスタント」の日本語版を提供開始!Android 6.0 Marshmallow以降で利用可能


Google Assistantの日本語版が順次提供開始!

Google Japan(以下、グーグル)は29日、都内にて「Google アシスタント 記者発表会」を開催し、Android搭載スマートフォン(スマホ)向けに「Google Assistant」の日本語版(以下、Google アシスタント)を2017年5月29日(月)より順次提供開始するとお知らせしています。

対象機種はAndroid 6.x(開発コード名:Marshmallow)およびAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)で、数週間かけてすべての対象機種で使えるようになるということです。

利用するにはホームボタンの長押し、または音声認識で起動するようになっている場合には同様に「OK, Google」と端末に向かって呼びかけると、これまで「Google Now」だったものが「Google アシスタント」になります。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android O」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開し、一般向けβプログラムも開始!バージョンは「8.0」にーー開発者イベント「I/O 2017」がスタート


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android O」の開発者向けプレビュー2をリリース!バージョンは8.0へ

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのOS「Android」の次期バージョン「Android O」について紹介しました。

すでに先行して開発者向けプレビュー版「Android O Developer Preview」(DP1)が提供されていましたが、現時点では当初の予定通りに今年の夏の終わりに正式版を提供する予定。合わせて、開発者向けプレビュー版の第2弾「Android N Developer Preview 2」(DP2)がリリースされています。

また一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )もスタートしており、ネットワーク経由によるソフトウェア更新でAndroid Oが導入できるようになっています。なお、すでにDP1のシステムイメージを導入している場合にもAndroid Beta ProgramによってDP2へOTAでアップデートすることができるよういなっています。

基調講演では、Androidのバージョンごとに付けられているお菓子の名前による開発コード名について明らかにされませんでしたが、一方でAndroid Oで導入される各機能などを紹介するスクリーンショット(画面)では、時刻が8時ちょうどに設定されており、これまでにも時刻がバージョン番号になっていたことからAndroid Oの正式版が「Android 8.0」になるのではないかと見られています。

続きを読む

スマホなど向け次期OS「Android O」にてOSバージョンアップを簡単にする「Project Treble」を発表!開発者向けイベント「Google I/O 2017」の基調講演は日本時間5月18日2時から


Android OにてメーカーがOSバージョンアップをしやすくする「Project Treble」が導入へ!

Googleは12日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」における次期バージョン「Android O」(仮称)において各メーカーなどが独自に機種ごとに実装する部分とAndroidのOSフレームワークを切り離すことでOSバージョンアップを簡単に行えるようになる「Project Treble」を発表しています。

同社では各メーカーや部品ベンダーなどが既存のAndroidデバイスにおけるOSバージョンアップにて動作確認などに多大な時間とコストがかかっているとし、Project Trebleによってこれらを軽減する狙いがあるということです。

Android Oについてはすでに現地時間3月21日より開発者向けプレビュー版「Android O Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )がリリースされており、Project Trebleの仕組みは導入され、今後リリースされるベータ版などで正式に実装していくとのこと。その後、詳細な仕様やドキュメントを公開予定だとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。