S-MAX

Android

北朝鮮との関与が噂されているサイバー犯罪グループ「Lazarus」が韓国ユーザーを対象としたAndroid向けマルウェアが配信か?McAfeeが発見し、すでにGoogle Playストアからは削除


サイバー犯罪グループ「Lazarus」が関与しているとされるAndroid向けマルウェアが発見!

McAfeeは20日(現地時間)、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)との関与が噂されているサイバー犯罪グループ「Lazarus」が関わっているとされるマルウェアが仕込まれたAndroid向けアプリがアプリ配信マーケット「Google Playストア」で配信されていたと発表しています。

今回報告されたアプリは、Google Playストアにて配信されている正当なアプリを装っており、インストールするとバックドアが仕込まれるという仕組みです。すでにマルウェアが混入していたとされる偽アプリはGoogle Playストアでは配信されて居らず、APKファイルがWeb上で配布されており、いわゆる野良アプリとして出回っているようです。

この野良アプリを分析したところ、Lazarusが関与していた別のマルウェアと似たコードが含まれていることが判明し、McAfeeはこの野良アプリについても、Lazarusが関与している可能性があると判断しています。Lazarusと言えば、世界的に大流行した「WannaCry」にも関与していたと言われているだけあって今後の動向も注目されます。

続きを読む

Androidで設定がオフなのに勝手に位置情報がGoogleに通知されてる!?海外メディアのQuartzが2017年1月から基地局情報を送信していることを明らかに――ただちに仕様変更へ


Androidが位置情報オフでも基地局情報をGoogleに送信か!?

海外メディアのQuartzは21日(現地時間)、GoogleがAndroid搭載機種において位置情報をオフにしていてもおおよその位置情報を収集していたことが明らかになったと発表しています。

同メディアがGoogleに調査結果を元に問い合わせたところ、Googleでは今年1月にメッセージの配信の速度とパフォーマンスを向上させるために基地局のセルIDを含めるようにしたことを認めたという。

一方で、送られた基地局のセルIDは保存や他の目的に使用したことはなく、11月末までにはこの仕様をやめるとしているとのこと。基地局のセルIDからおおよその位置が特定できるため、プライバシー問題に影響すると同メディアは述べています。

続きを読む

Google、Androidのバージョン別利用台数シェアを2017年11月時点に更新!6.0 Marshmallow以前のバージョンはすべて減少、7.x Nougatや8.0 Oreoが増加


GoogleがAndroidのバージョン別利用台数シェア(2017年11月時点)を公開!

Googleは9日(現地時間)、同社が開発・提供するスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」のバージョン別の利用台数シェアを2017年11月9日(金)付に更新しています。集計期間は11月9日までの7日間。

今回更新されたデータで非常に興味深い点は、Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)以下のすべてのバージョンでシェアが減少しているという点です。

前月もAndroid 6.0 Marshmallow以下のシェアが下がりつつありましたが、シェア率が変化しないバージョンも存在していました。またバージョン別シェアでトップのAndroid 6.0 Marshmallowが最も高い減少率で1.1%ほど減っており、そろそろターニングポイントが来ているのかもしれません。

続きを読む

2017 Japan IT week 秋:Shenzhen Chen Er Technology製の単独で音声通話可能なSIMフリーのAndroidスマートウォッチを展示!12月発売予定で技適取得中【レポート】


ガジェクラ垂涎!?SIMフリースマホとしても利用可能なスマートウォッチがもうすぐ登場

千葉県・幕張メッセにて2017年11月8日(水)から11月10日(金)の3日間に渡って10ものIT関連展示会が合同で開催される総合イベント「2017 Japan IT week 秋」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催されました。

本記事では同イベント内の「第7回 モバイル活用展【秋】エリア」に出展していたShenzhen Chen Er Technology(深圳辰爾技術)のブースにて、OSにAndroidを搭載した腕時計型のSIMフリースマートフォン(スマホ)が展示されていたので紹介します。

続きを読む

GoogleがAndroid向けファイル管理アプリ「Files Go」のベータ版を提供開始!iPhoneの「AirDrop」に似たファイル交換やスパム対策、ストレージ容量の空きを増やす機能なども搭載


Googleがファイル管理・交換アプリ「Files Go」を開発中!ベータ版を配信開始

GoogleがAndroid向けのファイル交換アプリ「Files Go」を開発中で、同社は8日(現地時間)、アプリ配信マーケット「Google Playストア」にて正式配信前の“Unreleased版”として「Files Go Beta: Free up space on your phone(Unreleased)」を公開しています。

それ以前にもベータ版としてテストプログラムを利用して提供されていましたが、新たにUnreleased版を公開することで日本のAndroid利用者でも試すことができるようになっています。

このFile GoはiPhoneなどのiOS向け機能「AirDrop」に似ていますが、どちらかと言うと直接ファイルをやり取りすることで携帯電話ネットワークにおける通信量を減らす目的で途上国向けのアプリであると予測されています。

以前よりGoogleでは途上国向けに携帯電話ネットワークにおける通信量を減らすためのデータ削減アプリなどの開発に力を入れており、File Goもそういった流れの1つではないかと見られています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。