S-MAX

AndroidWear

パーソナルトレーニング機能を重視!丸型ディスプレイのAndroid Wearスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」を写真と動画で紹介【レポート】


スポーツタイプのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」が発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月9日よりOSに「Android Wear」を採用した腕時計型ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)「HUAWEI WATCH 2」の販売開始した。価格はオープンながら市場予想価格が34,800円(税別)。

HUAWEI WATCH 2は、初代「HUAWEI WATCH」と同様に丸型の約1.2インチAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、昨年発売したウェアラブル端末「HUAWEI FIT」のパーソナルトレーニング機能を併せ持つスポーツタイプのスマートウォッチだ。

主なスペックとして画面解像度390×390ドットのほか、420mAhバッテリーやBluetooth 4.1、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、768MB内蔵メモリー(RAM)、4GB内蔵ストレージ、防水・防塵 IP658など。バッテリーは通常使用で約2日間、GPSと連続心拍データ稼働で約7時間、ウオッチモード(歩数計測時)で約3週間としている。

今回は6月6日に開催されたファーウェイ・ジャパン新製品発表会のタッチ&トライコーナーにてHUAWEI WATCH 2の実機を触ることができたので、外観や気になる特長を写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

Google、スマートウォッチなどのウェアラブル向けOS「Android Wear 2.0」を発表!新デザインやキーボード入力などーー開発者向けプレビュー版を提供開始し、正式版を今秋にリリース予定


Googleがスマートウォッチ用新OS「Android Wear 2.0」を発表!

Googleは18日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )の基調講演を行い、スマートウォッチなどのウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」にてこれまでで最大のアップデートを行った「Android Wear 2.0」を発表しました。

最大の変更点はキーボード入力に対応した点。基調講演ではキーボードおよび手書き入力のデモが行われていましたが、日本語に対応しているかどうかは不明。その他、デザインが刷新され、スタンドアローンアプリに対応するなどしています。

開発者向けプレビュー版( https://g.co/wearpreview )がイベント終了後より提供開始されており、対象機器は「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE」および「Huawei Watch」で、その他にエミュレーターとなっています。なお、正式版が今秋にリリース予定だとのこと。

続きを読む

モトローラ、Android Wearスマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」の国内販売を本格化!Googleストア以外でも販売し、42mmモデルも登場


ゼロから始めるスマートフォン

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は5日、Android Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」を日本にて2016年4月下旬に発売すると発表しました。同日より予約受付けを開始しています。市場想定価格(税抜)は37,500円~41,204円。

すでに紹介したようにMoto 360(2nd Gen)の国内販売は先月末より「Googleストア」を通じて行われていますが、今後販売が本格化され、4月下旬からは仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、オンラインストアなどの各所でも販売されるようになります。

続きを読む

グーグル、Android Wearスマートウォッチ「Moto360 2nd Gen」を日本のGoogle ストアにてようやく販売開始!価格は44,500円で、1~2営業日以内に出荷予定


ゼロから始めるスマートフォン

グーグルは31日、日本の公式Webストア「Google ストア」( https://store.google.com )にてウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用したMotorola Mobility製スマートウォッチ「Moto 360 2nd Gen(第2世代)」を販売開始しています。

当初は昨年12月上旬以降に発売予定であると案内していましたが、かなり発売が遅れました。価格(税込)は44,500円で、1~2営業日以内に出荷すると案内されています。

続きを読む

カシオ計算機、MIL準拠のタフネス仕様なAndroid Wearスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch WSD-F10」を3月25日に発売!1ヶ月以上の電池持ちで、価格は7万円に


カシオが初のAndroid Wearスマートウォッチが3月25日に発売!

カシオ計算機は17日、今年2月に発表した同社初のAndroid Wearを採用したスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch(型番:WSD-F10)」を2016年3月25日(金)に日本および米国(アメリカ)で発売すると発表しています。

価格は70,000円(税抜)。カラーバリエーションはグリーンおよびオレンジ、ブラック、レッドの4色が用意されており、Android Wearなので、Android 4.3(開発コード名:JellyBean)以上のほか、機能は制限されるものの、iOS 8.2以降とも連携可能です。

続きを読む

カシオ計算機、MIL準拠のタフネス仕様なAndroid Wearスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch WSD-F10」を発表!カラーとモノクロの2層液晶で最大1ヶ月以上の電池持ちに


カシオが初のAndroid Wearスマートウォッチを発表!

カシオ計算機は5日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(水)から9日(土)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2016 International CES(CES 2016)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、同社初のAndroid Wearを採用したスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch(型番:WSD-F10)」を発表しています。

アウトドアでも使えるように5気圧防水性能を備え、MIL規格に準拠したほか、表示部分にはモノクロ液晶とカラー液晶を重ねた2層構造ディスプレイによって時刻情報のみをモノクロ表示する「タイムピースモード」なら電池寿命を1カ月以上に伸ばすことができるということです。

日本でも3月下旬に発売予定で、価格はメーカー希望小売価格が70,000円(税抜)。カラーバリエーションとしてオレンジおよびグリーン、ブラック、レッドの4色が用意されています。

続きを読む

価格を抑えた時計らしいデザインが魅力!ASUSの2世代目なAndroid Wearスマートウォッチ「ZenWatch 2」のパッケージや外観を写真でチェック【レビュー】

クラウンボタンをもつZenWatch

ASUS JAPANが11月より販売開始した第2世代のASUSTeK Computer(以下、ASUS)製Android Wear搭載スマートウォッチ「ZenWatch 2」(型番:WI501QおよびWI501Q)。これまで本革ストラップモデルが11月13日、メタルストラップモデルが同月20日に発売され、そして、12月4日に発売となったローズゴールドで3モデル全て揃ったことになる。

ファーウェイ・ジャパンやサムスン電子ジャパンも新しいスマートウォッチを発表・発売しているが、ZenWatch 2はガジェット感を排除したまさに"腕時計"らしいデザインを狙いつつ、なおかつ29,800円(税別)と価格を抑えているのが魅力だ。

筆者も初代「ZenWatch」を使って1年となるが、Android Wear自体も進化して今どんな状況なのかを把握しやすくなっている。主な用途は着信の気付きと、ごく普通に時計ライフログを取ることが目的となった。今ではごく普通に身につけるものとして愛着が沸いてきている。

そこで、今回は発売されて間もない第2世代のZenWatch 2(49mm)のパッケージと外観を紹介していく。

続きを読む

タグ・ホイヤーがAndroid Wear搭載の高級スマートウォッチ「TAG Heuer Connected」を発表!日本でも16万5千円で販売


ゼロから始めるスマートフォン

スイス高級時計メーカーのタグ・ホイヤーは9日(現地時間)、Googleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wearを採用したスマートウォッチ「TAG Heuer Connected」を発表しています。日本でも2015年11月12日(木)に発売され、直営店とオンラインストアで購入可能。希望小売価格は165,000円(税抜)。

タグ・ホイヤーの腕時計「タグ・ホイヤー カレラ」の思想をもとにして作られたAndroid Wearスマートウォッチで、ケース(本体)はサテン仕上げの純チタン製となっており、防指紋コーティングとサンドブラスト加工が施されたベゼルや製品名である"TAG Heuer Connected"の刻印、立体的なタキメーター、チタン製のプッシュボタン(竜頭)などが配されています。

ディスプレイは1.5インチ360×360の半透過型LTPS液晶で、マルチタッチに対応し、表面には傷の付きにくいサファイアクリスタルが使われています。

続きを読む

Wi-Fi搭載でさらに便利に!ファッショナブルなAndroid Wearスマートウォッチ「ASUS ZenWatch 2」を写真と動画で紹介【レポート】

女性にも丁度いいサイズも登場!

既報通り、ASUS JAPANは11日、都内にてスマートフォン(スマホ)とスマートウォッチの新製品発表会「ASUS Zensation」を開催し、6インチ大画面なSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 2 Laser(型番:ZE601KL)」やAndroid Wearスマートウォッチ「ASUS ZenWatch 2(型番:WI501QおよびWI502Q)」を披露した。また、9月発売の「ASUS ZenFone Selfie(型番:ZD551KL)」の新色のイリュージョンパープルとイリュージョンホワイト、8月発売の「ASUS ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」のゴールドとシルバーの新色追加も発表した。

プレゼンテーションの模様ZenFone 2 Laser ZE601KLの紹介に続いて、今回は発表会後のタッチ&トライコーナーで触ることができたZenWatch 2を写真と動画で紹介する。

続きを読む

Android Wearを採用したLTEやVoLTEに対応したスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」が米国などで発売


LTEに対応したAndroid Wearスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」が発売!

LG Electronics(以下、LG)は12日(現地時間)、LTEやVoLTE、NFCによる決済サービスに対応したスマートウォッチ(腕時計型ウェアラブル端末)の新製品「LG Watch Urbane 2nd Edition」を米国(アメリカ)や韓国で発売したと発表しています。

今後数ヶ月以内に欧州(ヨーロッパ)やアジアなどにて販売されるとのこと。価格はAT&Tでは2年契約で199.99ドル(約24,500円)となっているほか、Amazon.comでは在庫切れながら399.99ドル(約49,000円)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。