S-MAX

Apple

秋吉 健のArcaic Singularity:ホームボタンよ、さらば。最新iPhoneシリーズ3機種の性能と機能からホームボタンの存在しないiPhoneの未来を考える【コラム】


iPhoneのホームボタンについて考えてみた!

みなさん、新しいiPhoneは予約しましたか?

既報通り、Appleは12日(現地時間)にプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2018」を開催し、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の3機種と、スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表しました。

毎年9月に行われるこの発表会はIT業界やモバイル業界における「お祭り騒ぎ」でもあり、主にスマホやタブレット端末の機能およびデザインにおいて、常に時代を牽引する存在として人々の注目を集めてきました。今年はついにiPhoneの象徴とも言えたホームボタンが最新3機種から外され、いわゆる「全画面」デザインへの転換が明確に示された形となります。

このコラムを執筆している現在、Appleのオンラインストアでは各モデルの予約が始まっており、筆者も先程iPhone XSの256GBモデルを予約しました。筆者は現在iPhone 8を使っていますが、いよいよこれでホームボタンともお別れです。

iPhoneにとってホームボタンとは一体何だったのでしょうか。そしてホームボタンのなくなったiPhoneはこれからどう変わっていくのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はiPhoneの最新機種の性能や機能から、ホームボタンがこれまで果たしてきた役割とそれに代わる技術について考えます。

続きを読む

Appleがほぼ全画面デザインスマホ「iPhone XR」を発表!6.1インチ液晶やシングルリアカメラなどの廉価版。10月19日予約開始、10月26日発売で、価格は約9万円から


アップルが新スマホ「iPhone XR」を発表!

既報通り既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2018」を開催し、昨年発売された新世代モデル「iPhone X」の流れを汲む新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone XR」を発表しています。

iPhone XRは同時に発表された「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、そしてiPhone Xとは違って画面のパネルが有機ELではなく液晶となり、また背面がシングルカメラとなっている廉価版です。

また防水・防塵性能がiPhone XRやiPhone XR MaxのIP68より劣るIP67となっていますが、それ以外ではデザインや新チップセット(SoC)「Apple A12 Bionic」を搭載していることなど、基本的な仕様や機能は同じとなっており、iPhone Xと同じくホームボタンを廃止した“ほぼ全画面デザイン”を採用します。

画面は約6.1インチLiquid Retina HD(828×1792ドット)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ(約326ppi)で、指紋認証「Touch ID」には対応せず、顔認証「Face ID」やアニ文字、Apple Pay(FeliCa)、デュアルカメラ、ワイヤレス充電(Qi規格)などには対応し、一方で本体カラーがホワイトおよびブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDの6色展開なのも特徴です。

内蔵ストレージはそれぞれ64GBおよび128GB、256GBの3モデルが用意され、カそれぞれ日本を含む初期販売国・地域では2018年10月19日(金)から事前予約受付を開始し、最初に発売される日本を含む国・地域では2018年10月26日(金)に発売されます。日本ではNTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンクモバイルから販売されるほか、直営ストア「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」にてSIMフリーも販売されます。

価格は米国では749ドル(約83,000円)からで、日本におけるApple Online Store(SIMフリー)での価格(税抜)は別途紹介しているように64GBモデルが84,800円、128GBモデルが90,800円、256GBモデルが101,800円で、NTTドコモなどの携帯電話会社から販売されるモデルの価格については別途発表がある予定。

続きを読む

Appleがスペックアップした5.8インチ「iPhone XS」と6.5インチ「iPhone XS Max」のほぼ全画面デザインスマホ2機種を発表!9月14日予約開始、9月21日発売で、価格は約12万円から


アップルが新スマホ「iPhone XS」と「iPhone XS Max」を発表!

既報通り既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2018」を開催し、昨年発売された新世代モデル「iPhone X」の流れを汲む新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」を発表しています。

同時に発表された「iPhone XR」とは異なり、両機種の違いは主に画面と電池容量くらいで、iPhone XSがiPhone Xと同じ約5.8インチSuper Retina HD(1125×2436ドット)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ(約458ppi)、iPhone XS Maxが約6.5インチSuper Retina HD(1242×2688ドット)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ(約458ppi)となっています。

iPhone Xと同じくホームボタンを廃止した“ほぼ全画面デザイン”で、指紋認証「Touch ID」には対応せず、顔認証「Face ID」やアニ文字、防水・防塵(IP68準拠)、Apple Pay(FeliCa)、デュアルカメラ、ワイヤレス充電(Qi規格)などには引き続き対応し、新しいチップセット「Apple A12 Bionic」を搭載することで性能を高めています。

内蔵ストレージはそれぞれ64GBおよび256GB、512GBの3モデルが用意され、カラーバリエーションはそれぞれGold(ゴールド)およびSpace Gray(スペースグレイ)、Silver(シルバー)の3色がラインナップ。それぞれ日本を含む初期販売国・地域では2018年9月14日(金)から事前予約受付を開始し、最初に発売される日本を含む国・地域では2018年9月21日(金)に発売されます。

日本ではNTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンクモバイルから販売されるほか、直営ストア「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」にてSIMフリーも販売されます。価格は米国ではiPhone XSが999ドル(約111,000円)から、iPhone XS Maxが1,199ドル(約133,000円)から。

なお、日本におけるApple Online Store(SIMフリー)での価格(税抜)は別途紹介しているようにiPhone XSの64GBモデルが112,800円、256GBモデルが129,800円、512GBモデルが152,800円、iPhone XS Maxの64GBモデルが124,800円、256GBモデルが141,800円、512GBモデルが164,800円で、NTTドコモなどの携帯電話会社から販売されるモデルの価格については別途発表がある予定。

その他、iPhone XSおよびiPhone XS Maxはこれまで「iPad」シリーズで提供されていた「Apple SIM」のようなeSIMによってデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しているほか、中国向けには物理的なnanoSIMカード(4FF)が2枚装着できる完全なデュアルSIMモデルも投入されるということです。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 12」を9月17日に提供開始!日本時間では9月18日未明から。iPhone 5s以降およびiPad 5以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能


AppleがiPhoneやiPadなど向け「iOS 12」の正式版を日本時間9月18日に提供開始!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2018」を開催し、今年6月に発表したスマートフォン(スマホ)およびタブレットなどのモバイル製品向け最新プラットフォーム「iOS 12」を2017年9月17日(月)より提供開始すると発表しています。

恐らく日本時間では9月18日(火)未明(通常通りなら2時頃)より配信開始されると見られます。対応機種は既存のiOS 11と同様にiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また同時に発表された新しいスマホである「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」にはプリインストールされていて購入時から利用可能。なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、いくつかのアプリでは動作確認が取れるまでアップデートを待つように案内しています。

続きを読む

アップルが新スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表!画面が大きくデザインが洗練され、心電図測位に対応。9月14日予約開始、9月21日発売で、価格は約5万円から


新スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」が発表!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2018」を開催し、新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表しています。

Apple Watch Series 4は同社の腕時計型ウェアラブル「Apple Watch」シリーズの4世代目となる最新モデルで、昨年発売された前モデル「Apple Watch Series 3」の後継機種となり、デザインがより洗練されたほか、ディスプレイが大きくなったり、新たに心拍計に加えて心電図が測れるようになったりしています。

価格は発表会が行われたアメリカ(米国)ではGPSモデルが399ドル(約44,000円)から、Cellularモデルが499ドル(約56,000円)から、日本ではApple StoreやApple公式サイトではGPSモデルが45,800円から、Cellularモデルが56,800円から(金額はすべて税別)。

発売日は2018年9月21日(金)で、発売に先立って2018年9月14日(金)より予約受付が実施され、日本ではAppleおよびNTTドコモ、au、SoftBankなどから販売されます。なお、日本におけるCellularモデルの対応携帯電話会社はApple Watch Series 3と同様にNTTドコモおよびau、SoftBankの3つとなっており、Apple Storeなどで購入できるSIMフリー版でもこれらの契約が必要です。

合わせてApple Watch Series 3を値下げして米国では(約31,000円)から、日本では31,800円からになり、すでにApple公式サイトでは価格が変更されています。また既存のApple Watchシリーズ向けには最新プラットフォーム「watchOS 5」が米国時間2018年9月17日(月)に配信開始されます(日本時間では翌18日未明からを予定)。

続きを読む

Appleが人気スマホ「iPhone 8」の「ロジックボード交換プログラム」を提供開始!対象のごく一部の製品を無償修理。製造上の欠陥によって突然再起動や電源が入らないなどの不具合


iPhone 8のごく一部製品に製造上の欠陥で画面フリーズなどの不具合!対象なら無料修理

Appleは31日(現地時間)、昨年9月に発売した人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」のごく一部の製品において製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明したと案内し、対象製品の場合には無料で修理する「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を提供開始しています。

同社では当該するロジックボードに欠陥のあるiPhone 8では、突然再起動する、画面が固まって操作できない「フリーズ」状態になる、電源をオンにできないなどの症状が見られることがあるとしています。

対象製品は2017年9月~2018年3月までに日本を含めたアメリカやオーストラリア、中国、香港、インド、マカオ、ニュージーランドの8カ国・地域で販売されたiPhone 8のごく一部で、非常に少ない数だとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、人気スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を9月1日より新規契約・機種変更・MNPの全オーダーで値下げ!月々サポートや端末購入サポートの割引額増額で


docomoのiPhone 8・8 Plusがさらにお安く!

NTTドコモは1日、人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」(ともにApple製)について新規契約と機種変更(Xi→Xi)、契約変更(FOMA→Xi)、他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで「月々サポート」または「端末購入サポート」の割引額を増額して実質値下げします。

割引は新規契約および機種変更では月々サポート、契約変更およびMNPでは端末購入サポートとなっており、これは従来から変更がありませんが、それぞれの割引額が増額されて実質負担額/支払額が安くなり、例えば、MNPならiPhone 8の64GBが割引後の支払額で10,368円となります。

これらの施策はドコモショップや量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて共通して実施される見込みで、そろそろ次期iPhoneの発表も近づいてきましたが、それに向けて既存のiPhone 8・8 Plusがさらに値下げされることになりました。

続きを読む

Appleが「スペシャルイベント」を9月12日10時(日本時間9月13日2時)から開催!iOS 12の正式リリースや新型iPhoneなどを発表するへーー公式Webサイトにてライブ中継の実施も案内


Appleが今年は9月12日に発表会を開催!新型iPhoneなどが発表へ

Apple(アップル)は30日(現地時間)、プレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2018」( https://www.apple.com/apple-events/september-2018/ )を現地時間(PDT)の2018年9月12日(水)10時より開催すると案内しています。日本時間では9月13日(木)2時から。

場所は昨年と同様に同社の新本社キャンパス「Apple Park」の大ホール「Steve Jobs Theater」で、公式Webサイトで告知しており、インターネットによるライブ中継も行われると案内しています。

発表会では毎年この時期にリリースされているスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズの次期モデルや今年6月に発表され、今秋に正式版がリリース予定の最新プラットフォーム「iOS 12」の正式版の提供時期などが発表されると見れます。

続きを読む

NTTドコモ、ずっと利用料が月1500円OFFになる料金施策「docomo with」の対象機種に「iPhone 6s」(32GB)が9月1日より追加!本体価格は3万9600円に


iPhone 6sが人気のdocomo withスマホに!

NTTドコモは24日、利用料から毎月1,500円(税抜)をずっと割り引く施策「docomo with」の対象機種に「iPhone 6s」(Apple製)の32GBモデルを2018年9月1日(土)より追加すると発表しています。

docomo withではこれまで専用の対象機種を用意してきましたが、人気のiPhoneシリーズが旧機種ながらついに追加されます。販売チャネルは全ドコモ取扱店(Apple Store除く)で、市場想定価格は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで39,600円(税抜)。

公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では9月1日10時から取り扱いが開始され、すでにdocomo with対象機種として予約受付を実施しており、価格は市場想定価格と同様で税込では42,768円(分割1,782円/月×24回)。

続きを読む

アップルジャパン、京都ゼロゲート1Fに直営店「Apple 京都」を8月25日にオープン!iPhoneやiPadなどのApple製品の購入やサポートなどが可能に


Apple 京都が4月7日に開店!

アップルジャパンは13日、京都に直営店「Apple 京都」を2018年8月25日(土)10時にオープンするとお知らせしています。場所は「京都市下京区立売中之町四条通高倉東入83-1」で京都ゼロゲートの1階にあり、最寄駅は阪急京都線 烏丸駅または地下鉄烏丸線 四条駅です。

直営店「Apple Store」は「Apple 銀座」や「Apple 表参道」、「Apple 新宿」、「Apple 渋谷」(休業中)「Apple 仙台一番町」、「Apple 名古屋栄」、「Apple 心斎橋」、「Apple 福岡天神」に続く9店舗目。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。