S-MAX

Apple

Apple、新しいポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch(第7世代)」を発表!すでに販売開始され、価格は2万3544円から。性能2倍で256GBもあり


アップルの携帯音楽プレイヤー「iPod touch(第7世代)」が登場!

Appleは28日(現地時間)、ポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズの新製品「新しいiPod touch(以下、iPod touch 第7世代)」を発表しています。すでに同社の公式Webサイト内にあるオンラインショップおよび専用iOSアプリ「Apple Store」では注文を受け付けており、最短でのお届けは2019年5月30日(木)となっています。

新たにチップセット(SoC)が「iPhone 7」シリーズに搭載されている「Apple A10 Fusion」となって処理性能が高速化かつ省電力化され、iPodとしては初めてAR(拡張現実)やグループFaceTime機能に対応し、新たに256GBモデルも用意され、本体カラーはシルバーおよびスペースグレイ、ゴールド、ブルー、ピンク、(PRODUCT)REDの6色展開となりました。

価格(税抜、カッコ内は税込)は日本では32GBモデルが21,800円(23,544円)、128GBモデルが32,800円(35,424円)、256GBモデルが43,800円(47,304円)で、それぞれテクニカルサポートが2年間に延長されるなどする有償サポート「AppleCare+」が6,400円(6,912円)となっています。

なお、販路は直営店「Apple Store」などの店頭でも今週後半より販売を開始するということです。アメリカでは199ドル(約22,000円)からという価格設定となっており、日本での価格もほぼ為替通りとなっていますし、2015年に発売された前機種「iPod touch 第6世代」から4年ぶりの新機種なので待ちに待ったという人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 12.3.1」を提供開始!メッセージの不明な差出人を非表示にする機能の問題などの各種不具合修正を実施


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.3.1をリリース!

Appleは24日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 12.3.1(16F203)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は、iOS 12の対象機種であるiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、無料でアップデート可能。

変更点はメッセージにて「不明な差出人をフィルタ」が有効になっていても不明な差出人からのメッセージがチャットリストに表示される可能性がある問題や不明な差出人からのスレッドに「迷惑メッセージを報告」のリンクが表示されない可能性がある問題が修正されており、今回の更新にはCVEの脆弱性修正は含まれていないとのこと。

なお、手元のiPhone XS Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Appleの次期スマホ「iPhone XI」や「iPhone XI Max」、「iPhone XIR」と見られる11モデルの型番がEEC認証を通過!今秋投入予定で、トリプルカメラなどを搭載へ


次期iPhoneシリーズと見られる製品がEEC認証通過!

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は23日(現地時間)、未発表のApple製スマートフォン(スマホ)「A2111」および「A2160」、「A2161」、「A2215」、「A2216」、「A2217」、「A2218」、「A2219」、「A2220」、「A2221」、「A2223」の合計11モデルが認証を取得したことを公開しています。

それぞれ昨秋に発売された「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の後継機種と見られ、Apple関連メディアの9to5MacではA2111およびA2161、A2215の3モデルがiPhone XRの後継、残りがそれぞれ4モデルずつiPhone XSとiPhone XS Maxの後継ではないかと予想しています。

Appleの「iPhone」シリーズは今秋もディスプレイサイズなどの違いから3モデルが用意されると噂されており、iPhone XSおよびiPhone XS Maxの後継はそれぞれ「iPhone XI(iPhone 11)」および「iPhone XI Max(iPhone 11 Max)」(ともに仮称)として登場すると見られています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 12.3」を提供開始!新元号「令和」に対応。AirPlay 2や新しいApple TVアプリも提供開始し、各種不具合修正などを実施


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.3をリリース!

Appleは13日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 12.3(16F156)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は、iOS 12の対象機種であるiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、無料でアップデート可能。

変更点はセットトップボックス(STB)「Apple TV」向け「tvOS 12.3」と合わせて新しいApple TVアプリを提供開始し、iPhoneやiPadから「AirPlay 2」によって対応するスマートテレビにビデオや写真、音楽などを直接共有が可能となったほか、日本では新元号「令和」に対応しており、その他にも各種のセキュリティー対策および不具合修正が行われています。

なお、手元のiPhone XS Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

販売ランキング上位に食い込む!ワイモバイルなどでも販売開始された人気スマホ「iPhone 7」と旧機種の「iPhone 6s」や「iPhone SE」はどれを買うべき?


Y!mobileなどで販売している人気スマホ「iPhone 7」と「iPhone 6s」、「iPhone SE」を比較してみた!

これまでに紹介してきたように2016年9月に発売されたスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」が毎月の利用料が安い“格安SIM”と呼ばれる携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」や「UQ mobile」、「BIGLOBEモバイル」などでも昨年12月より販売開始された。

これにより、今年の“春商戦”ではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社の「iPhone 8」や「iPhone XR」とともに人気となっている。一方でワイモバイルなどの格安SIMではさらに古い「iPhone 6s」や「iPhone SE」もまだ販売しており、取り扱いはじめたばかりのiPhone 7よりも安く購入可能だ。

そういったことから家電量販店などの販売ランキングを公開しているBCNでは2019年4月8~14日の「週間売れ筋ランキング」にてワイモバイルのiPhone 6sがauやNTTドコモのiPhone 8に続いて3位にランクインしていることを明らかにした。

そこで今回は果たしてワイモバイルなどではiPhone 7を購入したほうが良いのか、はたまたより安いiPhone 6sやiPhone SEを購入したほうが良いのか?を各機種の仕様や性能を実際に公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で購入した製品で比べながら確かめていく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。