S-MAX

Asha

Nokia、AndroidベースのX Platform搭載スマホ「Nokia X」および「Nokia X+」、「Nokia XL」など5機種を発表!各機種とも廉価モデルで、Google Playには対応せず、Nokia Storeを利用


NokiaがAndroidベースのスマホ「Nokia X」および「Nokia X+」、「Nokia XL」を発表!

Nokia(ノキア)は24日(現地時間)、スペインのバルセロナで2014年2月24日から27日にかけて開催されている世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2014(MWC2014)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、“次の10億ユーザーが手に入れやすいスマートフォン”として同社としては初のAndroidをベースにしたプラットフォームを採用したモデルを含め5機種を発表しています。

発表されたのは、Androidベースのスマートフォンは「Nokia X」および「Nokia X+」、「Nokia XL」の3機種。これに加え、Symbianを採用したフルタッチモデル「Nokia Asha 230」、インターネット対応ケータイ「Nokia 220」となります。

Nokia Xはアジアやインドなどの新興国市場ですぐに発売され、Nokia X+やNokia XLも4〜6月に発売予定で、価格はNokia Xが89ユーロ(約1万2,000円)、Nokia X+が99ユーロ(約1万3,500円)、Nokia XLが109ユーロ(1万5,000円)。Nokia Ashaは25ユーロ、Nokia 220は29ユーロ。

AndroidベースのNokia Xなどは、アプリ配信マーケット「Google Playストア」や各種Googleアプリは利用できず、独自のアプリ配信マーケット「Nokia Store」を利用することになります。Nokia StoreにはFacebookやLINE、Twitter、BBM、Photoshop Expressなどの主要アプリははじめから用意されているとのこと。

なお、このAndroidベースのプラットフォームは「X Platform」と名付けられており、Android用アプリは“そのまま”でNokia Storeに公開できるためAndroid開発者により多くの人に使ってもらうためにも投稿するように呼びかけています。

また、各種Googleアプリの代わりにMicrosoftアプリやNokiaアプリがプリインストールされており、検索はBing、マップはHERE Maps、メールはOutlook、メッセージはSkypeとなっており、他にも名称が変更されたばかりのクラウドストレージサービス「OneDrive」も利用でき、無料で7GBまで利用可能となっています。

続きを読む

NHN Japan、LINEのグローバル展開の拡大に向けてNokiaと提携!Nokiaの低価格モデル「Asha」向けにLINEを提供

39f088b6.png

NokiaのAsha向けにLINEを提供!

NHN Japanは26日、同社が無料通話・無料メールとして展開する「LINE(ライン)」のグローバル展開拡大において、フィンランドの携帯端末メーカーNokia(ノキア)との戦略的業務提携を結ぶこを発表した。これにより、Nokiaの低価格モデル「Asha(アシャ)」向けにLINEを提供する。

東南アジア、中南米、中東、アフリカなどAshaの注力市場へ本格的に参入することで、LINEユーザーの獲得を狙う。さらに、Nokia Storeや各国の店舗などにおいてマーケティングを行い、各国におけるLINEの認知度を高めていくという。Asha版のLINEは、Nokia Storeで3月中に公開される予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。