S-MAX

BICSIM

ビックカメラがMVNOによる携帯電話サービス「BIC SIM」で高速通信量が6ヶ月間2倍になるキャンペーンを開始!初期費用も1円スタートに


格安SIMのBIC SIMにて「「通信容量2倍キャンペーン」と「1円スタートキャンペーン」

ビックカメラは15日、仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「BIC SIM(ビックシム)」において月額料金そのままの「通信容量2倍キャンペーン」を2017年2月16日(木)から5月8日(月)までの期間限定で実施するとお知らせしています。

これにより、期間中に申し込んだ場合に利用開始日の翌月から6ヶ月間は、ミニマムスタートプランが3GBから6GB、ライトスタートプランが6GBから12GB、ファミリーシェアプランが10GBから20GBと2倍に増量されます。

またBIC SIMでは通常3,000円(すべて税抜)かかる初期費用が1円になる「1円スタートキャンペーン」も2017年2月16日(木)から4月2日(日)まで実施するとのこと。タイプAも対象。

続きを読む

ファミリーマート全店で格安SIMのエントリーパッケージ「BIC SIM えらべるSIMカード powered by IIJ」が販売開始!購入後に専用Webサイトで登録するとSIMカードが後日配送に


ファミリーマートで格安SIMのエントリーコード「えらべるSIM」が販売開始!

ファミリーマートおよびビックカメラ、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)の3社は10日、店舗で購入後に希望のサービスやプランを選択できる格安SIMカードのエントリーパッケージ(決済用POSAカード)「BIC SIM えらべるSIMカード powered by IIJ」(以下、えらべるSIMカード)を2015年11月10日(火)から全国のファミリーマート店舗全店(約1万1500店)で発売すると発表しています。

えらべるSIMカードはIIJがNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向けモバイルサービス「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」の新商品で、ビックカメラグループの「BIC SIM」ブランドとして提供します。

価格は3,000円(税抜)。店舗で購入後に希望のサービスやプランを選択できる格安SIMカードの取り扱いは、コンビニエンスストアでは初の取り組みで、より身近な店舗でより手軽に購入できるようになります。なお、パッケージを購入後に専用Webページで登録すると指定の配送先にSIMカードが届いて利用できるようになります。

また、えらべるSIMカード販売開始に伴い、2015年11月23日(月)まで応募者全員にもれなくデータ量500MB分がもらえるキャンペーン( http://www.family.co.jp/iij )を実施します。さらに、ファミリーマートでは高速通信用データ量(クーポン)をリチャージできる「BIC SIMクーポンカード powered by IIJ」の販売も同時に開始するということです。

続きを読む

前代未聞のデザインなパッケージの「IIJmio音声通話パック(みおふぉん)痛SIM限定パッケージ」を開封したので中身をチェック!加入方法も紹介【レポート】

6c3fcff1.jpg
秋葉原でも販売開始!噂の痛SIMを買ってみた!

2015年3月28日(土)〜29日(日)の2日間、千葉県にある幕張メッセにて開催された「コミケットスペシャル6(CSP6) - OTAKU SUMMIT 2015 –」(主催:コミックマーケット準備会、有限会社コミケット)の企業ブースエリアにてインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が出展し、「IIJmio痛SIM限定パッケージ」を販売していました。

ブース内の様子は先日お伝えしたレポートの記事で紹介していますが、筆者はこの時に音声プランで契約「IIJmio音声通話パック(みおふぉん)痛SIM限定パッケージ」を購入しました。

そこで、今回は購入した「IIJmio音声通話パック(みおふぉん)痛SIM限定パッケージ」の開封レポートと、IIJmioの音声プランへパッケージ版からの加入までの簡単な流れを紹介します。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。