S-MAX

BambooStylus

ワコム、スマホなどで使えるタッチペン「Bamboo Stylusシリーズ」に新しいモデルを追加!Windows 8に対応した筆圧検知対応タッチパッド「Bamboo Pad」も発表


ワコムの新しいスタイラスペンが発表!

ワコムは10日、静電容量式のタッチパネルを搭載したスマートフォンやタブレットなどで利用できるスタイラスペン「Bamboo Stylusシリーズ」のうちベーシックモデル「Bamboo Stylus solo(型番:CS140)」およびボールペン付き「Bamboo Stylus duo(型番:CS150)」の2つのラインナップを一新すると発表しています。

また、新しくエントリーモデル「Bamboo Stylus alpha(型番:CS130)」を追加するとのこと。アナログペンのような見た目と感覚を実現したシンプルなモデルとなっています。

さらに、筆圧検知に対応するペン入力やWindows 8のジェスチャー操作が可能なタッチパッド「Bamboo Pad」(ワイヤレスモデル「CTH300」、USBモデル「CTH301」)も発表されています。

それぞれ2013年9月13日(金)に発売開始で、直販Webショップ「ワコムストア」ではすでに予約受付中となっています。

続きを読む

【普通のペンやボールペン付き、伸縮タイプ、デジタイザー対応まで!スマホで使えるワコムスタイラス「BAMBOO Stylus」特集】


ワコムスタイラス特集!

携帯電話からスマートフォンに変わり、ディスプレイをタッチして操作する“タッチ操作”が主流になりました。さらに、この流れがより広がり、タブレットの普及に加え、最近では、Windows 8がタッチ操作に対応したことからパソコンでも画面を触って操作することが主流となってきています。

単に操作するだけであれば、指を使って快適に行えますが、通常のスマートフォンなどが採用している静電容量式タッチパネルの仕組み上どうしても文字を書いたり、絵や図を描いたりといった細かな入力を行うには指だとやりにくいといったことがあります。

そこで、タッチパネルに対応したペン、スタイラスという商品が販売されています。中でも、パソコンなどで利用できる入力装置ペンタブレットの最大手メーカーであるワコムが販売しているスタイラス「BAMBOO Stylusシリーズ」は使いやすいと人気の商品です。

また、BAMBOO Stylusシリーズには、静電式静電式ではなく、ワコムが電磁誘導式を利用することで筆圧検知などに対応するなどでより繊細な入力ができるデジタイザー技術を利用した製品に対応したものもあります。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では、これらのBAMBOO Stylusシリーズを紹介してきました。そこで、今回は、これまでレビューしてきたBAMBOO Stylusシリーズのスタイラスをまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

持ち歩きやすいスタイラスが欲しい!ワコムの小型ペン「BAMBOO Stylus mini」と伸縮タイプ「BAMBOO Stylus pocket」を試す【レビュー】


BAMBOO Stylus miniとBAMBOO Stylus pocketをチェック!

スマートフォンやタブレットでより繊細なタッチ操作や文字・絵などを描くためにワコムのスタイラス(ペン)をいくつか紹介してきました。

通常の静電式タッチパネル向けで普通のペン「BAMBOO stylus solo」とボールペン付き「BAMBOO stylus duo」、さらにワコムのデジタイザー技術を利用したより繊細なタッチ操作ができる「GALAXY Noteシリーズ」や「Surface Pro」などの製品に対応した「BAMBOO Stylus feel」や高級モデル「BAMBOO Stylus feel carbon」といったものです。

先日新しくBluetooth Smart技術を利用したiPad専用の筆圧対応した「Intuos Creative Stylus」も発表され、9月13日(金)に発売予定となっていますので、手に入れたら紹介したいと思いますが、その前に、通常の静電式タッチパネルで利用できる持ち運びやすい「BAMBOO Stylus mini CS120」および「BAMBOO Stylus pocket CS200」を紹介しておきたいと思います。

続きを読む

GALAXY Noteに最適化されたスタイラスもあり!デジタイザーペン対応製品向けワコム「BAMBOO Stylus feel」を試す【レビュー】


BAMBOO Stylus feelの使い心地はいかに!?

スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴って、画面を指で触って操作する“タッチ操作”も当たり前のようになってきており、最近では、パソコン向けOSであるWindows 8がタッチ操作に対応したことにより、パソコンでもタッチ操作ができるようになってきています。

一方で、画面を指で触ってとなると、どうしても文字を書いたり、図や絵を描くなどといった細かなことは難しく、その場合は、やはりペンのようなスタイラスが欲しくなってきます。

そこで、前回、通常のタッチパネルだけではなく、ワコムの技術によってより繊細なペン入力ができるデジタイザーペン対応製品向けの高級スタイラス「BAMBOO Stylus feel carbon CS400UK」を紹介しました

今回は、BAMBOO Stylus feel carbonの通常モデルである「BAMBOO Stylus feel CS300UK」を紹介したいと思います。

なお、BAMBOO Stylus feelには、特にデジタイザーペンが利用できるスマートフォン「GALAXY Noteシリーズ」に最適化され、通常モデルよりも1.5mm短くなっている「Bamboo Stylus feel for Samsung Galaxy Note」も用意されています。GALAXY Note使いの人は、こちらもチェックしてみてください!


続きを読む

ワコム、サムスン電子製のスマートフォン「GALAXY Note」用スタイラスペン「Bamboo Stylus feel for Samsung Galaxy Note」を発表!19日に発売開始

9c1cb8f5.jpg

GALAXY Noteシリーズ用のスタイラスペンが発売に!

ワコムは8日、同社の「Bamboo Stylusシリーズ」の新たなライナップとして、サムスン電子製のスマートフォン「GALAXY Note」シリーズ用にカスタマイズされたスタイラスペン「Bamboo Stylus feel for Samsung Galaxy Note」を4月19日(金)から販売を開始すると発表した。

同社のオンラインショップ「ワコムストア」および全国の量販店で販売する予定で、価格はワコムストアで3,980円。カラーは、ブラックとホワイトの2色展開。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。