S-MAX

BlackBerry

前面QWERTYキー搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」に限定100台のRED EDITIONが登場!税込9万6984円で4月中旬発売。シリアルナンバー付のLORNA PASSONIレザーケースが特典に


QWERTYキーボード搭載スマホ「BlackBerry KEY2」の赤い限定モデルが発売!

TCL Communicationの正規代理店であるFOXは26日、前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」の限定モデル「RED EDITION」を2019年4月中旬に発売すると発表しています。限定100台で、価格は公式Webストアなどで税別89,800円(税込96,984円)。

RED EDITIONは現在販売しているBlackBerry KEY2の国内向けモデルのうちの内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)をベースに側面などのフレームが赤くなっており、さらに00から99のシリアルナンバーが入った、LORNA PASSONIの高級レザー専用ケースが特典として付いてくるとのこと。

またRED EDITIONも現行モデルと同様に世界で唯一のBand 18に対応した日本国内向け製品となっており、日本国内のNTTドコモおよびau、ソフトバンクとその仮想移動体通信事業者(MVNO)の各回線に対応したSIMカードの利用可能。なお、発売に先立ってRED EDITIONの予約を4月上旬に開始する予定だとしています。

続きを読む

孤高のキーボードスマホ!ついに日本でも発売されたセキュリティーも高い「BlackBerry KEY2」のシルバーを購入。デュアルSIMはDSDVに対応【レビュー】


SIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」を自腹購入レビュー!

既報通り、TCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXから国内版の前面QWERTYキーボードを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」が発売されました。

国内版は内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバーのモデル(型番:BBF100-8)と内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラックのモデル(型番:BBF100-9)の2モデルがあり、シルバーのみがデュアルSIMに対応しています。

筆者はデュアルSIM対応のシルバーを自腹購入しましたので、BlackBerry KEY2のデュアルSIM周りのレビューは見かけなかったため、その当たりも含めて今回は購入理由と合わせてレビューしていきたいと思います。なお、希望小売価格(税込)はシルバーが79,800円、ブラックが89,800円。

続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」がau SHINJUKUやビックカメラなどで実機展示中!ビックカメラはポイント1%還元に


shimajiro@mobiler

既報通り、TCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXは31日、今夏に発売予定としていた前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」を2018年9月7日(金)に発売する。

また発売に合わせて予約受付が行われており、東京・新宿にある「au SHINJUKU」などのau直営店やビックカメラ主要店舗、そして東京・銀座にあるFOXのショールーム「caseplay HINKA RINKA 銀座店」にて実際にタッチ&トライできる状態でBlackBerry KEY2が実機展示されている。

価格(税別)は内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバー(Silver)のモデル(型番:BBF100-8)が79,800円、内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)が89,800円だが、ビックカメラではポイント1%還元となっていた。

続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」が9月7日に発売!販路は新たに周辺機器扱いでauからも販売。予約キャンペーンも実施


前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」が9月7日発売!

TCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXは31日、今夏に発売予定としていた前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」を2018年9月7日(金)に発売すると発表しています。

価格(税別)はすでに案内されているように内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバー(Silver)のモデル(型番:BBF100-8)が79,800円、内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)が89,800円で、すでに公式Webストアなどにて8月31日より予約販売が実施されています。

また販路としてこれまでの量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)に加えて新たにKDDIおよび沖縄セルラー電話から公式アクセサリーブランド「au +1 collection」として販売されることが発表されています。製品としては他の販路と同じSIMフリー版で、取り扱われるのはブラックモデルのみ。合わせてau直営店やビックカメラ主要店舗、caseplay HINKA RINKA 銀座店にて実機展示が行われているとのこと。

auショップやKDDIおよび沖縄セルラーの直営店といった店舗のほか、公式Webストア「au Online Shop」で販売され、販売を記念した「BlackBerry KEY2予約キャンペーン」が2018年9月6日(木)まで実施されています。BlackBerry KEY2をauショップおよびKDDIおよび沖縄セルラーの直営店、au Online Shopで予約して購入したau契約者全員にケース「LORNA PASSONI Kipskin Leather Folio Case for BlackBerry KEY2」をプレゼントされるということです。

続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「BlackBerry KEY2」は日本語入力アプリ「Simeji」を非搭載に!バイドゥが否定し、日本版代理店のFOXも訂正


BlackBerry KEY2には日本語入力アプリ「Simeji」が非搭載に!

バイドゥは22日、日本では今夏に「BlackBerry」の正規代理店であるFOXより販売予定である前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」の日本向けSIMフリー版において日本語入力アプリ「Simeji」が搭載されないと発表しています。

当初、FOXではバイドゥが開発・提供しているSimejiがBlackBerry KEY2の日本向けSIMフリー版に搭載されると発表しましたが、バイドゥでは最終的に合意に至らなかったため、プリインストールすることはないとしています。

これを受けてFOXでも訂正するプレスリリースを出し、合わせてグローバル版と違っていたリアカメラの画素数や急速充電の仕様についても訂正し、製品情報などを更新しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。