S-MAX

BlackBerryKEY2

前面QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「BlackBerry KEY2」は日本語入力アプリ「Simeji」を非搭載に!バイドゥが否定し、日本版代理店のFOXも訂正


BlackBerry KEY2には日本語入力アプリ「Simeji」が非搭載に!

バイドゥは22日、日本では今夏に「BlackBerry」の正規代理店であるFOXより販売予定である前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」の日本向けSIMフリー版において日本語入力アプリ「Simeji」が搭載されないと発表しています。

当初、FOXではバイドゥが開発・提供しているSimejiがBlackBerry KEY2の日本向けSIMフリー版に搭載されると発表しましたが、バイドゥでは最終的に合意に至らなかったため、プリインストールすることはないとしています。

これを受けてFOXでも訂正するプレスリリースを出し、合わせてグローバル版と違っていたリアカメラの画素数や急速充電の仕様についても訂正し、製品情報などを更新しています。

続きを読む

TCL、前面QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「BlackBerry KEY2」を発表!日本でも今夏に発売予定。S660や6GB RAM、デュアルカメラなどを搭載し、日本語入力は新たに「Simeji」に


前面QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「BlackBerry KEY2」が発表!

TCL Communicationは7日(現地時間)、同社がブランド利用のライセンスを結んでいる「BlackBerry」において新製品発表会「AN ICON REBORN」をアメリカ・ニューヨークにて開催し、新たに前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」を発表しています。

発売時期は1次販売国・地域となるアメリカやカナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、UAEでは6月より、その他の国・地域では7月以降になるとし、価格はアメリカでは649ドル(約71,000円)から、ドイツ・フランスでは649ユーロ(約87,000円)から、イギリスでは579ポンド(約85,000円)からなど。

日本においてもすでにBlackBerryの正規代理店であるFOXより今夏にSIMフリー製品として発売することが案内されており、価格は内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバー(Silver)のモデル(型番:BBF100-8)が79,800円(税別)、内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)が89,800円(税別)となっています。

続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載の次期スマホ「BlackBerry KEY2」が6月7日に発表へ!TCL Communicationがティザーを公開。日本での発売にも期待


前面QWERTYキーボード搭載の次期スマホ「BlackBerry KEY2」が6月7日に発表予定!

TCL Communicationは11日(現地時間)、同社がブランド利用のライセンスを結んでいる「BlackBerry」において新製品発表会「AN ICON REBORN」をアメリカ・ニューヨークにて現地時間2018年6月7日(木)10時より開催すると公式Twitterアカウント( @BBMobile )で予告しています。

また投稿では絵文字で「KEY2」を意味するものとなっているため、各種認証を取得して噂されているQWERTY配列のハードウェアキーボードを前面に搭載する次期スマホ「BlackBerry KEY2」が発表されると見られます。なお、日本時間では6月7日23時から。

続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載の次世代スマホ「BlackBerry KEY2」の外観画像がリーク!各認証を取得し、日本向けも存在か。SIMフリー版での販売に期待


前面QWERTYキーボードスマホが再び!?写真のBlackBerry KEYoneの後継機種が認証取得&リーク

無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体のWi-Fi Alliance( http://wi-fi.org )は7日(現地時間)、未発表のTCL Communication製スマートフォン(スマホ)「BBF100-6」が認証通過したことを2018年5月7日に公開しています。

このBBF100-6はすでにBluetooth認証機関のBluetooth SIG( http://bluetooth.com )においても5月3日に認証を取得しており、NTTドコモが利用するFDD-LTE方式およびW-CDMA方式におけるBand 19(800MHz帯)に対応していることが明らかとなっています。

TCL Communicationは「BlackBerry」からブランドの利用やBlackBerry製品の開発・製造を請け負う提携をしており、過去にその第1弾「BlackBerry KEYone(型番:BB100)」、そして第2弾「BlackBerry Motion(型番:BBD100)」を発売しています。

また型番的にBlackBerryを示す“BB”が付いており、これまでに他の認証機関を通過した端末がBlackBerry KEYoneの後継機種と見られる前面QWERTYキーボードを搭載していたことから「BlackBerry KEY2(または『BlackBerry KEYtwo』)」(仮称)と噂されており、BBF100-6はその日本向けではないかと見られています。

日本でもBlackBerry KEYoneは、BlackBerryの正規代理店であるFOXを通してSIMフリー製品として販売されているだけにその後継機種であるBlackBerry KEY2も発売される可能性は高そうです。なお、海外メディアの/LEAKSにて外観画像がリークされていますので、噂されているスペックとともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。