S-MAX

BladeV8

ZTEジャパン、SIMフリースマホ「Blade V8」を5月25日に発売!デュアルレンスカメラ搭載で撮影後のピント調整やDSDS、au VoLTEなどに対応し、3万円台と低価格に


SIMフリースマホ「ZTE Blade V8」が日本で5月25日に販売開始!

ZTEジャパンは22日、新たにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「Blade V8」(ZTE製)を日本で2017年5月25日(木)に発売すると発表しています。販売拠点は量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)からで現時点ではコジマやビックカメラ、ソフマップ、IIJmioからとなっており、価格はオープンながら希望小売価格が税別34,800円、税込37,778円。

特長は背面に約1300万画素と奥行き用の約200万画素のデュアルカメラを搭載することでリフォーカス機能(F1.0~F8.0)による撮影後のボケ効果を調整可能なほか、3Gと4GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やau VoLTE対応、メタリックボディーなどとなっています。

続きを読む

ZTE、デュアルカメラ搭載の新スマホ「Blade V8」を発表!日本でも発売予定で、5.2インチフルHD液晶やSnapdragon 435、指紋認証などのミドルレンジ


ZTEが新スマホ「Blade V8」を発表!日本にも投入へ

ZTEは5日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用した新しいスマートフォン(スマホ)「Blade V8」を発表しています。

背面に約1300万画素と奥行き用の約200万画素のデュアルカメラを搭載し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したミドルレンジ。なお、既報通り、CES 2017にて展示されており、日本でも発売予定であることが明らかにされています。発売時期は2月を予定しており、詳細な発売日や価格などは、別途、発表がある予定。

続きを読む

ZTE、低価格なデュアルカメラ搭載ミドルレンジスマホ「Blade V8 Pro」やユーザーの要望を取り入れた「Hawkeye」を発表!ベースモデル「Blade V8」もCES 2017で展示し、日本投入予定


ZTEが新スマホ「Blade V8」シリーズや「Hawkeye」を発表!

ZTEは4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「Hawkeye」および「Blade V8 Pro」を発表しています。

Hawkeyeはユーザーコミュニティー「Z-Community」で「Project CSX」として仕様などを募って開発した製品で、現在クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」にて出資を募っており、価格は199ドル(約23,000円)で、2017年9月に集荷予定。目の動きを感知して操作を補助してくれる機能などが搭載されるということです。

一方、Blade V8 Proは現行のミドルレンジ「Blade V7」シリーズの後継になる「Blade V8」シリーズとして発表され、発表会が行われたアメリカでは229.98ドル(約27,000円)と低価格ながら背面に約1300万画素のデュアルカメラを搭載。

また、Blade V8 Proのベースモデルで中心製品となる「Blade V8」もCES 2017で展示され、日本に投入する方針であることが明らかにされたということです。なお、Blade V8 Proはアメリカでは1月18日に発売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。